北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

地震から2ヶ月経って・・

今日の午後、久しぶりに西浦浜の民生委員の木藤ゆたかさんから電話がありました。大きな地震から2ヶ月、当時お世話になった方達にやっとご挨拶に回ることが出来るようになったそうです。
「これからやっと、中州のお姉さんみたいに夜のお仕事に出るようになりました」
「???」
「ハハハ、夜の漁が始まるって事ですよ。朝の4時くらいに戻ってきて、それからちょっと仮眠して昼ごろには起きとりますから会えますねぇ」
「そうなんですか~、22日の運動会に出てきますよ、私。ところで漁はどんな風ですか?」
「うん、それがやっぱりねぇ・・・そうそう、あんまり無理して頑張らんごとしとってくださいよ!体壊したら何もならんから」
「は~い、わかってますよ!まだまだこれから長いですからね」
福岡で一番の漁獲量の西浦漁港だけれど、やはり地震の影響はまだまだ残っているようです。
c0033992_0575713.jpg夕方行った寿司屋にも、皮目を炙った“いさき”あった、おっと違った、廻っていたなぁ。
“いさき”は、煮ても焼いても、刺身でもおいしい夏の魚です。これから8月くらいまでの旬の刺身はタイにも匹敵する味と言われます。
獲れる場所が違うと味が変わるので、漁師さんたちにしか“おいしい、いさき”かどうかはわかりません。
苔を食べるか海老を食べるかで香りが変わるそうです。

                  
伊佐木と書いてあるのを見かけますが「鶏魚」と書いて“いさき”。背ビレのトゲが鶏のトサカに似ているからだそうです。
いさきの調理方法がここに出ていました。
●栄養素
たんぱく質とビタミンDが多く含まれています。魚の良質なたんぱく質は血管をしなやかで強くする働きがあるため、高血圧や脳血管障害の予防、成人病予防に有効といわれています。
ビタミンDは歯や骨の発育に必要不可欠な栄養素です。そのほかに皮膚や粘膜を健康に保ち、細菌やウィルスの侵入からからだを守るビタミンAも含まれていて、疲れ目の予防にも効果が期待できます。

作者:歌川広重 〈かさご・いさきに生姜〉 
       *月刊美術アートショップ
[PR]
by hanataikoku | 2005-05-20 22:33 | ふるさとの味