北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

おすすめの味

c0033992_1384249.jpg
c0033992_1385741.jpg

おかげさまでこの〈ブログ北崎通信局〉、昨日は普段よりもアクセスが多かったようです!
今日は、知る人ぞ知る、絶品の“鰆めし”、西浦の漁師さんの間では、“鯛めし”よりも旨いといわれている、そのおいしいそうな鰆めしの画像が消えてしまったので、代わりといっては何ですが西浦の鯛で作った“鯛茶漬け”をアップします。

西浦名物“鯛めし”をご存じない方に簡単にご説明。ささがき牛蒡と鯛の切り身を醤油で煮たものを、熱い炊きたてご飯に混ぜ込みます。ご飯の白いところがなくならない様にざっくりと。
お祭りでも早々に売切れてしまう人気です。
会場では“鯛めし”について来る味噌汁を貰うのに、いつまでも長~い行列ができていました。

料理屋さんではたれのかかった新鮮な鯛の切り身をまずワサビでいただいた後、お好みの量を熱いご飯の上に乗せます。
そこに熱いお出汁と番茶を好みで割ったものをかけて蓋をして少し蒸らします。
これも鯛の甘さが引き立つ食べ方ですが、やっぱりタレに漬け込んで色が飴色になった物もいいですね。

私は醤油に味醂、酒ですが、地元で使われている醤油は、うま口で結構甘い醤油。
この醤油じゃないとおいしい“鯛めし”もできないんだとか。

と、いうわけで新しいうちに刺身に引いて醤油に漬け込んでおいた鯛を、ホカホカご飯に乗せます。そこに、もみのりとキンキンと沸いた熱いお出汁。
ゴマ鯖茶漬けのときは熱い番茶ですね。
これも好みですが、鯛の切り身に熱が通り過ぎないうちにいただきま~す!
軽~く、2杯はいける旨さです。
[PR]
by hanataikoku | 2005-10-12 13:17 | ふるさとの味