北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

日向ぼっこ

c0033992_1138315.jpg

大きな白菜をいただいたので、う~んと久しぶりですがお漬物を漬けようと一念発起!
それで白菜君〈ベランダで日向ぼっこ〉の図です。
干したのはいいけど、漬け込む桶を持ってなかった~
以前は、蓋付きの桶や重石まで持っていたんだけど・・・

ピンク色した“ボリビアの岩塩”や“喜界島の塩”、“鶴見の塩”e.t.c
食品庫には頂き物やらなにやら、何種類もの塩のストックがありますのでどれを使おうかしら・・
最近寒くなったので、贅沢にもバスタブにピンク色の岩塩の塊をドボンと入れて入浴を楽しんでいます。

c0033992_2349642.jpg梅干はおいしい塩で漬けると、格段に違いが出てきます。
だけどねぇ、白菜のお漬物に最初からウン千円もの塩を使うのには少々ためらいが・・・
昆布や鷹の爪、柚子の皮と漬け直す時に使っても効果あるかな?なんて悩んでいます。
2玉くらいの量だから上等の塩も使えるけど、大量に漬けるときは“塩”選びは頭抱えますよね。
せいぜい〈磯塩〉〈伯方の塩〉使ってますって表示しか見たことないなぁ。

付加価値の付く〈梅干〉だと、その価格分転嫁できますが〈白菜漬〉にはなかなかね・・
それにしても京都のお漬物はほんとに高いです。
でも上加茂・深泥が池の森田さん の〈すぐき〉は旨いなぁ~
最近出回っている〈調味液で漬けた味〉の漬物に慣れた人にはどうかと思うのだけれど、健康な野菜と塩、そして自然に増えた乳酸菌で発酵したあの香りと旨み。
昔の振り売りテイストを残した〈おいでやす〉には、森田さんが作った野菜やお漬物が並びます。
〈どぶ漬け〉の甕からおいしく漬かった野菜と一緒にお母さんが自慢の〈糠〉をたくさんくれましたっけ!
去年の夏は、加茂なすや水茄子、とうもろこし、畑で生のまま齧りましたね!
そういえば地震騒動で今年は一度も行ってない・・・

お正月用の食材が出始める頃は市場が恋しくていてもたってもいられない私です。
[PR]
by hanataikoku | 2005-11-21 12:10 | ふるさとの味