北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

北崎大根

c0033992_17182876.jpg
この時期、北崎の農協では、毎日大量の大根が集荷されています。
町のあちこちに大根畑がある北崎は、大根の産地でもあります。
ぶり大根や、大根膾。魚と大根の相性は抜群ですね。
今日、12月9日と10日は、京都の大根焚寺・了徳寺では
3000本もの大根を大鍋で炊いて、1万人の参拝者に振舞われます。
お寺のホームページでは、千九百年頃の写真が出ていました。
大根は亀岡の青首大根。亀岡といえば、あの岡林信康という神様が
住んでいるところです(笑)

この時期京都では、あちこちで大根焚の行事が行われます。
厄落としや、初午などですね。
聖護院大根を使いますが、さすが京都価格というくらい高い
大根焚きですが・・・
(京都ではだいこたきと呼び、精進です。)

聖護院の御門主、加来さんは福岡のご出身です。
代々ご門主は、皇室縁の方が勤められたのですが
加来さんは民間で初めてこの役職につかれた方です。
同じ福岡ということで、親しく声をかけてくださいます。

c0033992_18113340.jpg
魚もいいですが、お揚げさんと大根炊いたんもおいしいですね~
北崎の大根を5本もいただきました。
これを書きながら、急に大根食べたくなって圧力釜に仕込みました!
思い立ったらすぐにしないと気がすまないんですね~。
鳥取からいただいた日本海産の野菜昆布と炊くことにしました。

そういえば地震から5日目、西浦で大根炊きましたね~
大根部会の方から差し入れていただいたたくさんの大根を
いりこ加工所の大きな鍋でいくつも炊きました!
避難所の皆さん、おいしいおいしいと喜んでくれてました。

あ~、もう炊けたみたいでお鍋がシュルシュル回ってます!

器は地震の前に畑中の見湖窯さんからいただいたものです。
柚子は高橋ぶどう園さんで買いました!
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-09 17:33 | ふるさとのアルバム