北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

さっそく作ってみました!

加工場でひでこさんが、「生のいわし、煮るね?」と言ってくれましたので
遠慮なくいただいて帰りました。
途中で立ち寄った高橋さんにお裾分け
します。
昔から「いわしは海の米」という言葉があるのも、米のようにたくさんとれて、
米に劣らぬ栄養価があり、生活に密接な関係があったからなんだそうです。
f0003994_12116.jpg
さっそく生のかたくちいわしを煮てみます。
量が多かったのであまりカラッと仕上がらなかったようです。
大豆の醤油ではなく、アジの魚醤で煮ましたので色が薄めに仕上がりましたが
見かけと違い、とてもいい味に仕上がりました。
味見をしてもらえないのが残念!(笑)
f0003994_1211175.jpg
衣に四万十の青海苔を混ぜて、てんぷらに・・・
f0003994_1212299.jpg
いわしと一緒に透き通ったこれまたとびきり新鮮な小イカをいただきました。
「さっとボイルして酢味噌で食べようかな~」とつぶやくと、
「塩辛がうまかったい!」と漁師さん。
「生醤油で沖漬?」と聞くと「いや、塩辛たい」
隣にいたおばちゃんに塩加減を聞いてみると、「10~15%くらい」とのこと。
さっそくイカを塩辛にしてみます。発酵して熟成するのが楽しみです。
毎日ちゃんと忘れないで混ぜなくちゃ~

もうすぐ“かなぎ”の漁が始まります。
なんだかわくわくしてくるのはなぜでしょう?
[PR]
by hanataikoku | 2006-01-30 01:36 | ふるさとの味