北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

かなぎ料理

c0033992_1039955.jpg
北陸の〈いしる鍋〉にならって、鯵醤油で小鍋仕立てにしてみました。
北崎の春をイメージして作りました。裏庭で見つけた〈つわ蕗〉の小さな葉っぱが、
ここが海の側だということを感じさせてくれます。
大根は薄切りにしてお花のように飾り〈花の町・北崎〉
c0033992_1135680.jpg
ふつふつと煮えたかなぎから、うっすらと脂が出ています!
c0033992_1142083.jpg
今日のくぎ煮は、先日よりもふた周りほど大きいようです。
お皿の上のほうが今日の新子。その下が6日に炊いた新子。
このちいさな“かなぎ”も、日に日に育っているんですね!
親かなぎも、とびっきり新鮮です!
かなぎさんには申し訳ないけど死後硬直が始まったばかりみたいです(ゴメン
c0033992_1144832.jpg
こちらは、春大根と、新子です。
いつもはあさりで作る、これも小鍋仕立て。油揚げがポイントです。
味はお吸い物と、煮物の中間くらいです。
c0033992_1151218.jpg
煮えばなに七味を振っていただきます。大根がまださくさくいうくらいが美味い!
いくらでも飽きることなく食べられます。
c0033992_1153438.jpg
こちらは“ふつふつ焼き”
軽く塩を振って、七味唐辛子もパラパラ。
c0033992_1155811.jpg
食卓で焼き立てをハフハフ言って、いただきます。
脂がジュッと滲んできます。もう、最高~
c0033992_1161877.jpg
先ほど、しげみさんの畑から抜いてもらったばかりの大根で
作った大根おろし。なんとも贅沢な・・・

c0033992_1164299.jpg
岡と宮浦の方にちょっと出かけて戻ってみると、
玄関先に何か袋が置いてあります!袋の側でノラ猫がしっかり見張り番?
若布となまこには興味が無かったんだろうか?袋の中は無事でした。

あぁ~、私の憧れだったこの光景!
留守の間に、玄関先におすそ分けが届いている・・・
早くも現実になりました!博多のマンションでは絶対にありえない光景です。
c0033992_117950.jpg
さっそく到来物のめかぶを調理!
さっと湯通しして、包丁で丁寧に刻みます。
フードプロセッサーでは本当の味がでません。気長にトントンとリズミカルに
叩きます。
16穀米の〈めかぶとろろごはん〉 久しぶりにごはんを2杯も食べました!
c0033992_1173072.jpg
なまこもおいしかった!
“このわた”は塩とお酒を振って冷蔵庫に・・・
明日のお楽しみです!
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-10 23:50 | ふるさとの味