北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

博多湾の海苔

最近、食欲が無くおまけに気力も落ちてるような・・・
急に寒くなったりしたせいでしょうか。
昨日は早朝から激しい〈春雷〉、そして日が落ちて地震があり
夜半からは冷え込みはじめました。

北崎大根の収穫も終わり、いよいよ本格的な春がきました。
ひろみちゃんのお宅から頂いた今年最後の春大根。
最後の大根葉も、さっと茹でた後丁寧に刻んで冷凍保存完了。
おでんの巾着の中にも入れました。
今夜は“あつあつおでん”に“菜飯”です。
f0098360_13425472.jpg

さて、今日は久しぶりに北崎分室でお昼ご飯。
食品庫の中に見つけました!
〈博多湾の海苔〉100枚!
お引越し早々に頂いていた(はず)海苔の箱、パッケージには何も
書いてなかったのですが、開けてみると!(笑
f0098360_13431375.jpg

火鉢に炭をおこし、玄米餅を焼きます。
焼けたお餅をお醤油にジュッ~、そして網の上に戻して・・・

今日は地元の醤油ではなく、愛用のしょっぱい本醸造有機醤油。
おかゆを炊いて、くぎ煮を食べると良くわかるんです。
お米の味、良し!かなぎの鮮度、良し!んっ?口の中に残るこの味・・・
あの醤油の後味です。
地元御用達の醤油、くぎ煮炊くのに2つの銘柄を使ってみました。
アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖、カラメル色素
調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア・甘草)、
保存料(パラオキシ安息香酸)

内容成分についてはまた書くことにします。

愛用醤油は、有機大豆、有機小麦、食塩この3つだけ。

そうそう、前出の道元屋敷はかずお君のお宅だったそうです!
そして“道元”という屋号のお醤油屋さんだったそうですよ。

塩が貴重だった頃、北崎小学校では海水を汲んで塩を作って
住民の皆さんに配っていたという記述もあります。
文二さんのお父さんの時代です。

今は使ってない畑で、大豆と小麦作れるでしょう・・・

こんなこと考えているとどんどん広がりますね~
北崎ブランド(笑

お餅が焼けました!海苔も贅沢に使いましょう~
f0098360_13433243.jpg

〈特製磯部焼き〉完成で~す!

加賀棒茶と一緒にいただきました。
(唐泊の東林寺のお茶の木だったら最高!)
少しは元気が沸いてきたかも・・・
これから少し、海辺を歩いてみます。
奥先生から頂いた写真と比べながら・・・
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-29 14:16 | ふるさとの味