北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

土用干しと体内時計

雨続きで“土用干し”もできない!と書き込もうとしたら、蝉がいっせいに鳴きだし
お日様が照ってきました!
わぁ、地面の水が蒸発して蒸し暑くなるぞ~

正午のチャイムとほぼ同時に鳴きだした蝉君たち。
それと同時に空が明るくなって!
すごいなぁ~

最近、自分の体内時計が狂ってるみたいで調子を取り戻せずにいたのですが
なんだかたった今体験した出来事で、少し戻ってきそうな気配(笑



c0033992_1343534.jpg左は一足早く土用干しを終えた白梅。
紫蘇を入れずに仕上げました。
(個人的にこっちのほうが好きなのです)
母と娘と妹婿に少しずつおすそ分けしましたので残りわずか(笑
赤いのは土用干しを待っている紫蘇漬けの梅~
(ちょいピンボケ!)
ひさてるさんからいただいた、草場の完熟梅が見事な梅干に!

土用干しの後は真っ白な粉をふいていた梅でしたが、こんなに
しっとりとしています。
写真見ただけで口の中にジュ~ンと唾が溜まってくるみたいでしょ
皮が薄くて、果肉はとろけそうに柔らかくって!
20年ぶりくらいの梅仕事は上出来、上出来~(笑



c0033992_123119.jpg白い蓋の梅は、ピンク色の岩塩で漬け込んだもの。
赤い蓋は玄関脇の梅で、早めに揉み紫蘇を入れておいたもの。
四角の容器のポリ袋漬けは、嫁あざが多かった庭の梅。
どうしても捨てきれず、嫁あざがひどいものは“糠床”に入れて、
残ったものは刻んでご飯に混ぜたりドレッシングにしようと漬けて
おきました。
カリカリと固めの梅も、刻めば問題なし(笑


梅のシロップも全部できあがり、今年の梅仕事は土用干しだけとなりました。
来年は身内の予約も入ったことだし、梅干を20キロ漬けてみようと思います!
妹は毎日旦那さんのためにお弁当を作っているので「最低360個はいるのよ」
って言ってました。
広島の妹も今年は漬けなかったから、「家も梅干欲しい~」
我が家は父親が梅干を作っていましたが、土用干しをしている私の横で母親が、
初めて梅干にかびが生えた年に父が亡くなったので、それ以来我が家では
梅干を漬けなくなったんだと寂しげに呟いてました。

それにシロップだと出来上がりを保管するところが無いんですよ。

しかし、左手の傷がうまくふさがってない様子です(クスン
まだおとなしくしていなければ・・・
[PR]
by hanataikoku | 2006-07-25 12:45 | ふるさとの味