北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

観月会で一番うれしかったこと!

c0033992_18453178.jpg
ご心配をおかけしましたが、やっと声が出るようになって来ました(笑
普段何気なく出している声ですが、体力がなくなると声が出なくなるんですね~
お腹に力が入らず、喉だけで搾り出すようにしかしゃべることができませんでした。
ヒューヒューと空気が漏れてるようで、喉にからんだ痰さえも、切ることができない。
熱が出ることは覚悟していたのですが・・・
でも楽しかったなぁ~、お月見(笑

c0033992_18461173.jpg
お月見といえば一番にお供えの〈お団子〉です!
ススキも揃った!里芋も蕪も、栗もOK
極力、地元の食材を使おうと思っていたのですが、汐風ショップも
大門屋さんにも“上新粉”を置いてない~



仕方が無いのでとりあえず“白玉粉”で作ろうと思っていた矢先、庭先から聞きなれない
声がします。
「庭の“一つ葉”をわけてもらえんやろうか~」初めて見るおばあちゃんです。
お盆過ぎまで入院していらしたという一人暮らしのおばあちゃん。

「さかなまつりで花を買って来たら、数が悪うして時々貰いよったハランを1枚足したいと」
「良かったら花こしょうが可愛く色づいてきたのでそれも使って!」

それから庭先に腰掛けておしゃべりタイムです!
「今頃山に行ったら紫色の*葛の花が咲いとうもんね~、昔は蔓を手繰り寄せてその根っこで
“葛粉”を作りよったとよ!
こんくらいに切って、杵で搗いて水を入れてよく混ぜて、沈んできたら何べんか水を替える。
そして沈んだとば、指先でつまんで日陰に並べて干すとたい。
節句の柏餅も、米を挽いて粉にして作りよったもん・・・」

「お月見団子を作るのに、上新粉が買えんかった・・・」
「冷蔵庫を片付けよったら、前に挽いて貰った米の粉が残っとったよ!うるちやけど」
「うれしい~、うるち米の粉が欲しかったとよ!少し分けてもらってもいい?!」
ということで、切り取ったばかりの“花こしょう”と“ハラン”を抱えて、おばあちゃんの家へ~

これまでの私は、お菓子の材料はお店で買っていたのです!
だけど、自分の家の米を挽いて作った粉があたりまえのようにあるのですよ~
こんなにうれしいことはありませ~ん(笑
きっと願いが通じたのでしょう、お月様に・・・

c0033992_19273596.jpgきれいにまん丸にはできなかったけど、丸を12個と
里芋の形をしたのを3個。
丸と円錐形あわせて15個、変則的なお月見団子
〈北通バージョン〉のできあがり



昔々の季節ごとのお菓子やお料理を、これから少しずつ教えていただきたいと
おばあちゃんにお願いしました!


もういくつかうれしかったことが続きましたが、高橋こうきさんが笑顔でこう言って下さいました!
「偶然なんて無いんですよ、みんな必然なんです・・・」

*葛の花の写真はこちらの山桜さんのブログ〈天地に遊ぶ〉でご覧下さい。
[PR]
by hanataikoku | 2006-10-13 19:29 | ふるさとの味