北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

部屋中が香りでいっぱい・・・

c0033992_2135392.jpg
さぁみなさん、これはなんでしょうか?
枝豆で“ずんだ”、“スムージー”
それともアボガド潰してディップ・・・




c0033992_21354918.jpg正解は、出来立てほやほやの“柚子こしょう”でした~(笑
手に入れた柚子の半分はもう黄色になっていましたので、市販の物より明るいですね。
黄色に熟したものに赤唐辛子で作ったものは〈博多一口餃子〉に欠かせません。

庭の唐辛子は青も赤もありますので、手作りっぽくほんの少し赤を入れてみました!
昼からずっと部屋中が柚子の香りでいっぱいで、鼻がバカになっています(笑
塩はおごって、〈喜界島〉の100g2000円の塩を使いました~
柚子こしょうを買ったと思えば安いものです。1年間はゆっくり楽しめますからね!

表面を削ったあとの実は果汁を絞って、残ったところは袋を剥ぎ取って刻んで柚子練り。
種は焼酎に漬け込んで、ローションにする予定!
捨てるところはへたと袋だけのエコクッキング。

しかし、ビニール手袋をしていたのに指先がヒリヒリです(笑
柚子の皮と同量の唐辛子の種を取るのですからね~

大分の仲間が手作りしてくれたおいしい柚子こしょうを送って貰ってただけだったので、
どれだけ大変な作業だったか、今回良~くわかりました!


c0033992_2136385.jpg
まずは作ったばかりの“柚子こしょう”の味見をしないといけません(笑
カネダイさんで鰯を一盛り購入!たしか5尾300円なり(笑
鰯は既に高級魚になっていますが、昔の値段です。
〈鰯のチリ〉ってシンプルだけど旨いんだなぁ~、これが。



c0033992_21361486.jpg
大将が「刺身がうまいよ!」って言ってた鰯だからまずいわけが無い!
火が通っても破れていないこの皮の見事なこと。
もちろん湯豆腐もおいしくいただきました!
あれっ!“柚子こしょう”の味見だったよね~(笑
自家製柚子ぽんもおいしくできました!




*観光地でお土産で売っている“柚子こしょう”の中には、増量材が入っているものを
よく見かけます。コストを下げるためにしし唐を混ぜて使っているところも・・・
本来は、柚子の表皮と唐辛子と塩だけで作るものですから常温で保存できます。
鍋料理だけでなく、お刺身や味噌汁、パスタやドレッシングなど使い方はいろいろ!
[PR]
by hanataikoku | 2006-10-24 22:00 | kitazaki的養生料理