北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

磯部琇三氏の遺言

c0033992_2349231.jpg
北崎公民館で行われた北崎を考える会のワークショップの帰り、
久しぶりに焼き鳥海香さんで晩ごはんを食べました。
奥さんがカウンター越しに、「ちょっとこれ見て!どう思う?」と
言って見せてくれた朝日新聞の訃報
「私、今日これが一番インパクトがあったと!」
天文学者として著名な磯部琇三氏のご家族のものでした。
国立天文台 助教授を経て、日本スペースガード協会の理事長
だった磯部先生はたくさんの著書も残されました。
どういう活動をなさっていらしたかは、協会の理事長挨拶をご覧ください。

私も子供に「葬儀はしなくていいからね!音楽だけリクエストしとく」
という考え方なんですよ、実は・・・(笑
磯部先生の素晴らしいところは、「私とのお付き合いがどのようで
あったかなどを書いた手紙を送ってやっていただければ、この上
もない幸いです。娘も父がどのような人間であったか、理解してくれ
るでしょう・・・」
どのように生きたか、そしてどのように死んでいくのか・・・
人が人として生まれてきたのは、すべてそこだと思うんですよ。
死の間際に、ありがとうございましたと心から言えるって素敵ですね。

小気味良い(こんな表現していいのかなぁ)遺言を読ませていただき
ました。
磯部先生のご冥福を心からお祈りいたします。


〈地球環境と生命の奇跡ーもしも月がなかったらー〉愛・地球博で
話題になった、米国天体物理学者 ニール・F・カミンズ氏の著書を
ベースにしたものですがご存知ですか?
惑星の衝突から始まった、地球と月の絶妙のバランス。
月が影響する潮の満ち引きや四季の変化の仕組みなどを最新の
技術で映像化したものです。
月がなければ私たちはどうなっていたのか、今地球上で起こって
いる異常気象や環境問題なども、もう少し認識が変わるのではと
思います。
現在は、ハウステンボスで常時体験することができますので、機
会があればぜひご覧になってみてはいかがでしょう。
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-20 23:34 | 番外編です!