北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

〈北崎かなぎ煮普及推進委員会〉始動~

c0033992_18234944.jpgc0033992_1824176.jpg
c0033992_18241456.jpgc0033992_18265170.jpg
c0033992_1827264.jpg
今朝は9時半に放送が
入ります!
振替え休日の組長の車で
西浦の市場まで走ります!
新子がひとまわり大きくなっ
てますね。
かなぎもあと1週間だけ!
あちこちに電話をかけました(笑

「今、西浦漁港!あのね、揚ったばかりの“かなぎの新子”今だけよ!いる?」
「うん、あんたにまかせる」

c0033992_1840531.jpg
氷を詰めた箱に“かなぎ”を入れて配達です!
配達料は、おいしいお昼ごはんということで(笑
浄水通りにあるお店に着くと、珍しい島原特産の
〈こぶ高菜〉を広げて干しているではありませんか~
c0033992_18315293.jpg

まずはかけつけ3杯で、〈原種の対馬蕎麦〉の蕎麦湯です(笑
冷え切った身体に染み渡ります~
すぐさま湯桶ごとおかわり!?


c0033992_18342767.jpg
蕎麦湯でお腹を満たしていると、出てきました~
北崎は西浦漁港直送の“かなぎの新子”
しかも、おいしそうな“掻き揚げ”です!
〈現代の名工〉のプロの手にかかる新子(笑
小一時間前に港に揚ったばかりの“かなぎ”です。

「えっ、私いっつも食べてるよ、かなぎ・・・」
しかたないから食べるとするか(爆   by北通


c0033992_2314234.jpgc0033992_2321968.jpg

ベジタリアンの組長には、つわ蕗の新芽の天麩羅、
壱岐豆腐と春菊の白和えです。
大将、さすがだね~(笑
つわ蕗の天麩羅、絶品でした! 

「大将、“かなぎ”はね、米の粉でパラリと揚げると旨いよ~
蕎麦屋だから、蕎麦粉まぶして揚げるっていうのもいいかもね~」
しばらくすると出てきましたよ、かなぎの蕎麦粉揚げ



c0033992_1836238.jpg

掻揚げを堪能した後、仕上げは〈掛け蕎麦〉
つくしんぼに菜の花、大根おろしに木の芽と春がいっぱい。
つゆは辛口ですから、麺をすすったあと蕎麦湯で薄めて汁を飲みます。

c0033992_18362673.jpg


そして〆は、好物の蕎麦の安倍川
大満足です。


そうこうしている間に“かなぎの新子”が炊けたようですね!

c0033992_19123534.jpg
北通プロデュース!蕎麦屋とコラボ(笑

〈北崎の春告げ・かなぎ煮〉完成です!
文字とネーミングは〈そば勢2代目〉です。
日本料理・現代の名工が作る〈蕎麦屋佃煮〉
この春、その中に〈北崎かなぎ煮〉が加わり
ました!
来シーズンはもっともっと広めるぞ~
〈北崎かなぎ煮普及推進委員会〉の初仕事!

本日より、中央区薬院〈瑞祥庵・そば勢〉で、
北崎のかなぎを堪能できます。
さっそくお店のお客さんのテーブルに!
大変好評で、ちょっと鼻が高くなった北通
二人組でした(笑     詳細はまた・・・
[PR]
by hanataikoku | 2007-03-22 19:18 | kitazaki的養生料理