北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:番外編です!( 121 )

今もまだ日本の復興は続いています

   絶対に忘れないようにしたい・・・

自衛隊だけが撮った2011.03.11




おおよそ一年ぶりの更新です。

またブログを復活させようと思っています。
[PR]
by hanataikoku | 2012-09-17 22:27 | 番外編です!

なぜかマスコミが報じないメッセージ

c0033992_1447628.jpg




ツイッターで見つけましたのでそのまんま転載します。
テレビのワイドショーでは、なでしこのみなさんの恋愛や結婚などの話題で盛り上げ
みていてちょっとという場面が何度か・・・
こういうきちんとしたことを、テレビや新聞でも伝えてくれたらいいのに。
原発問題でもそうなんだけど、どうしてきちんと情報を流してくれないかなぁ・・・


On Monday 18th July 2011, @SaveJPN said:

澤選手のあるコメント
アメリカでは美談として流れているものの
何故か日本では報道や掲載されないのだ

日本語コメントの英訳を再び和訳する事に違和感ながら
日本のマスゴミが報道しない為にあえて和訳する

原文はこちらです。


澤選手のコメント:
“We knew that what we were doing here could be about a little more than just a football tournament. If winning this makes one person, someone who lost something or someone or was hurt or damaged by the events that touched our country, feel better for even one moment, then we have really achieved a most special thing. If it makes everyone happy and joyful and gives them a reason to cheer after such difficult times, then we have been successful. Japan has been hurt and so many lives have been affected. We can not change that but Japan is coming back and this was our chance to represent our nation and show that we never stop working. This is like a dream to us and we hope our country shares it with us.”

「我々のしていることは、ただサッカーをするだけではないことを、意識してきた。

我々が勝つことにより、何かを失った人、誰かを失った人、怪我をした人、
傷ついた人、彼らの気持ちが一瞬でも楽になってくれたら、私達は真に
特別な事を成し遂げた事になる。

こんな辛い時期だからこそ、みんなに少しでも元気や喜びを与える事が出来たら、
それこそが我々の成功となる。

日本は困難に立ち向かい、多くの人々の生活は困窮している。

我々は、それ自体を変えることは出来ないものの、日本は今復興を頑張っている
のだから、そんな日本の代表として、復興を決して諦めない気持ちをプレイで
見せたかった。

今日、我々にとってはまさに夢のようで有り、我々の国が我々と一緒に喜んで
くれるとしたら幸いです」



c0033992_14463889.jpg



ちなみに
今日の試合は両チーム共にフェアプレイで有り
(倒した選手が倒れた選手の手を取って立たせる)
(そもそも明らかな反則がない等)

アメリカのゴールキーパーは
日本人選手と衝突し、足を負傷していた
残り時間が限られてのリード時
ケアの為に時間を割く事を拒み
時間稼ぎという戦法より
正々堂々と勝負することを望んだ

________________________________

そうそう、こんな素敵なコメントも日本では・・・

【米国チームの美人ゴールキーパーとして人気の高いソロ選手も、
「すばらしいチームに負けたわ。
あのチームをなにか大きなものが引っぱっていた気がしてならない​わ」とコメント。

「彼らは試合よりなにか大きくて良きもののために戦っているのよ​。
相手が心をこめて戦っている時、負かすのはものすごくむずかしい​わ」】
[PR]
by hanataikoku | 2011-07-20 14:48 | 番外編です!

空にはばたく大きな鳥!

c0033992_16243011.jpg


Road Trip Day 2: somewhere in Redding, CA.
Took these clouds because i thought they looked like birds flying,
especially the big one in the middle.




facebookで知り合ったManuelつながりでお友達になった、NY在住のYokoちゃんの
アルバムから、とっても素敵な1枚を見つけました!

真っ青な空に、大きな羽を広げた鳥と、飛ぶことを覚えたばかりの小さな子どもたちが
羽ばたいているような・・・

今朝方、飛べない鳥のことを考えていた私にとって、まるで何かのメッセージみたいに
心にストンと落ちてきました。


どうもありがとう・・・
[PR]
by hanataikoku | 2011-05-23 16:30 | 番外編です!

何が一番大切なんだろう?



c0033992_955565.jpg



日中は暑く、朝晩は冷え込んでいて、風邪をひいている人も多いようですね。
草の背丈もあっという間に伸びている今日この頃です。
空は晴れていても、汚れた大気で視界が妨げられる日が続きます。
外出には、できるだけマスクを着用した方が良いのではと思ったりもします。


夏の電力不足や、一時大騒ぎだった計画停電も早い段階でいろいろと
噂されていましたが、とうとう昨日の東京新聞紙面で・・・
___________________________

「計画停電」もヤラセだったことが判明。
東電と経産省が情報操作。民主議員と東京新聞が暴露。

狙いは、原発存続?
___________________________

要旨は、広野火力発電は7月にも復旧可能で、十分に補える。
また夜間の余剰電力でダム湖に水をくみ上げて、揚水発電も上積み
できるというものです。

実際に今回の計画停電で、お亡くなりになった方もあったと思います。

週刊現代などを読んでも、文科省と原発のお金の問題などあきれてしまう
事ばかりが、表ざたになってきました。
何を信じて行けばいいのかわからなくなってきてる今、何が一番大事なこと
なのかということを、自分自身でしっかりと考えなくてはと思います。



c0033992_10241533.jpg
c0033992_10244587.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2011-05-18 10:26 | 番外編です!

心の栄養剤

c0033992_934984.jpg



逆説の十か条

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままな存在だ。
それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、
隠された利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

3.成功すれば、うその友だちと本物の敵を得ることになる。
それでもなお、成功しなさい。

4.今日の善行は明日になれば忘れられてしまうだろう。
それでもなお、良いことをしなさい。

5.正直で素直なあり方はあなたを無防備にするだろう。
それでもなお、正直で素直なあなたでいなさい。

6.最大の考えをもった最も大きな男女は、
最小の心をもった最も小さな男女によって撃ち落されるかもしれない。
それでもなお、大きな考えを持ちなさい。

7.人は弱者をひいきにはするが、勝者の後にしかついていかない。
それでもなお、弱者のために戦いなさい。

8.何年もかけて築いたものが一夜にして崩れ去るかもしれない。
それでもなお、築きあげなさい。

9.人が本当に助けを必要としていても、
実際に助けの手を差し伸べると攻撃されるかもしれない。
それでもなお、人を助けなさい。

10.世界のために最善を尽くしても、
その見返りにひどい仕打ちを受けるかもしれない。
それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

出所: それでもなお、人を愛しなさい 逆説の十か条



今の私にとって、この十か条は心の栄養
とってもシャイな遠くのお友達が私にくれた大切なメッセージなんだろうと感じたんだ。
[PR]
by hanataikoku | 2011-05-16 09:04 | 番外編です!

雨ですね・・・

c0033992_1617495.jpg


庭に作ってもらった藤棚に、可愛い花が咲きました。
写真にとらないまま終わってしまったので、香蘭社のお皿の模様の藤の花を撮ってみました。
[PR]
by hanataikoku | 2011-05-11 16:20 | 番外編です!

未希さんのお友達からのメッセージです。

(未希さんは、南三陸町の職員で最後まで町の人に避難を呼びかけていた遠藤さんです)

沢山のメッセージありがとうございました!!
しっかりと届けさせて頂きました。

すみません
本当はもっと早くにお礼と報告をすべきだったのですが、今まで勉強をおろそかにしてきてしまい。

俺、パソコンが全然使えなくて
この3日ほとんど寝ずの作業でして・・・
体が限界でした。本当にごめんなさい。

本当にありがとうございました!!

少し話が変わります。
沢山の人が見てくれてると思われるこの場をお借りしてなんですが 、

俺は今まで、体の行動だけが他の奴の力になれると思ってました。
ですが、今回そうではないとつくづく実感しました。

情報の大切さ、想いのこもった言葉、本当に大きな力になります。
つい先日、俺の心が折れそうになった時、『まだやれる。』『頑張らなくちゃ』と俺に力をくれたのは、

たまたま見つけた知らない方の日記に張り付いてた一つの動画でした。

正直、今までネット何てと思っていましたが本当に本当に救われました!!

皆さんがしている事で救われた人が数多く居るはずです。
本当に本当にありがとうございます!!

自分は仙台在住です。
震災からもうすぐ2ヶ月ズット走ってきたつもりです。

俺はあれから、休む事も含め1日たりとも絶対に無駄に使ったつもりはないです!!

もっともっと頑張って来た人達が居ると思うのですが、
ごめんなさい。
俺にはアレが全速力です。


ですが、もう限界です
今まで友人達には「大丈夫」「俺は大丈夫だから」と格好付けていましたが、ごめんなさい。
もうこれ以上走れません。

この2ヶ月、嫁と子供ほったらかしで走ってきました。
嫁と子供が岩手から帰ってきません
もう、家庭崩壊ギリギリです。

地震による会社の損害も大きく、会社の立て直しも頑張らなければいけません。

元々、家の経済面では問題があったのですが、今回の震災後俺のせいでまずい事になりつつあります。

もう、頭もろくにまわらなくっなっちまいました。
俺の考え不足で、相手を想ってるのに、相手を傷付ける結果も生みました。

悔しいです。

俺には何もかも、足りないんです。
知識と実力
経済と物資
心と体力
力が足りなすぎました。

恥をしのんで頼みます。

助けて下さい
俺に出来る事を教えて下さい。

助けて下さい
東日本を東北を助けて下さい。

力が足りません
まだまだ全然終わってません。

仙台は復旧も早く、
津波の被災者の避難所の最低下の生活はままなっていて、もうそれが全てだと思っていました。

ですが、違いました
昨日行った少なくとも南三陸町は違いました。

5/5・現段階での話ではありますが

南三陸町の避難所はベイサイドアリーナです。

遺体安置所もベイサイドアリーナです。

一つ屋根の下、遺体と生存者が生活しています。

瓦礫はホトンド津波で流されたままでした。

電気はやっと通りつつあるそうですが
水は出ません。
もちろんガスも使えません。

お風呂は週一回だそうです。
今日の夕飯はカップラーメンとサラダとおにぎりだったそうです。

考えが甘かったです・・・
あくまで俺個人の考えですが
多分、南三陸町・陸前高田など津波が酷かった地域ではまだまだ最低限の生活すらままなっていません。

悔しいです。
俺の同級生もそこで生活してます。

ですが俺はもう、直接動けません。

お願いします
助けて下さい

お願いします
力を貸して下さい

お願いします
まだまだ一段落もしていません

東北を助けてやってください。

すみません
かなり個人的な話が入ってしまいました。

これから自分も出来る事を探して、
仙台から頑張って行くかつもりです。
もし、宜しければ東北に引き続き力をお貸し下さい!!

この文章うつのでも余裕で3時間以上です。笑涙

寝ます!!

本当に本当にありがとうございました!!
[PR]
by hanataikoku | 2011-05-08 22:52 | 番外編です!

東北からの声(メッセージその2)

出身 福島県
現住 宮城県

俺は今まで自分の事はホトンド話さないできました。

理由は何個かあるのですが

一つ目は
俺はカッコつけだから☆黙って頑張るのがカッコ良いと思ってたからです。笑

2つ目は
多分ですが、俺は助ける側に居たかったんです。助けられるより助ける側に。

3つ目は
時間がもったいなかった。
何時間もかけて文章うつなら、その分体はって動いた方が良いと思ってました。

4つ目は
俺なんかよりもモットモット辛い目に遭ってるのに他の奴の為に頑張ってる奴等を知ってるからです。

はっきり言って俺よりも頑張ってる奴らを目の前にしてこの日記を書くのはすごくカッコ悪いとおもいます。
ですが、南三陸にある恩師の方と一緒に行ったのですが俺の目的を聞いて話す事が大切だと言われ初めて話します。

長文です。
ただ目の前の事をがむしゃらにやってきたんで、正直うる覚えです。
かなり端折って書きます。

3.11

俺は会社で被災しました。
地震が起きスグに嫁に電話を繋ぎました。
(以前からそうしてました。※地震後は電話止まってしまいますが、地震中は電話繋がります。)

あらゆるモノが倒れ、立っていられませんでした。
「外に逃げてー!!」
叫び声で外に出て30分位みんなで駐車場に居ました。

車のラジオは
『大津波・警報10メーターの津波が来ます、海外付近の方は避難してください。』
と必死に呼びかけていました。

ですが、俺は馬鹿で無知で全く怖くありませんでした。

地震に関しては、正直たいしたことないとさえ感じていました。
津波も10メーターの想像すら出来ませんでした。

しばらくして、ヘリコプターで
『大津波が来ます、高台に避難してください。』
と言う声が聞こえ会社の二階に避難しました。

ですが何事も無く、

それからしばらくして嫁と友人が迎えに来てくれて、家に帰りました。

家はグチャグチャで、ライフラインも全て止まってしまっていたので、話し合った結果とりあえず今日は避難所に行く事になり避難所に行きました。

余震が続く中、夜中になり避難所には
家族を探しに来る方、
絶望に泣いている方、
ラジオでは

『宮城県若林区荒浜で200人から300人の遺体』
『宮城県宮城野区石油コンビナートの炎上海水で火が消せない』
『気仙沼は火の海』
『宮城県南三陸町壊滅』
『福島県南相馬市壊滅』
『岩手県陸前高田市壊滅』


荒浜は避難所から車で5分位の所です。
石油コンビナートも車で20分位の所です。


ヤットと、段々と、現状が把握できてきました。
ヤバイと思いました。

何か俺等が動かなくちゃと思いました。

水が退かず家に帰れない会社の同僚や電車が止まって家に帰れない友人などに毛布や食べ物などを運んだりと、ホトンド寝ずに近場を動き回りました。

そんな状況の中、夜空は今まで見たことも無いくらい月や星が綺麗だった事を覚えています。

(この時から嫁や子供ほったらかしですね。笑涙)


日が登って家に帰り、スグそこまで海が迫っていた事をしりました。

嫁や友人と話あい、いったん嫁と子供を被害が少なかった岩手の山間の実家に事に帰す事にしました。
ガソリンも無かったので、岩手から県境まで迎えに来て貰い、嫁と子供は安全な所に戻しました。

それからは動き続けました。

夜はガソリンの列に並び車で寝て、
昼は自分が生活する為、友人の為になれば、同僚の為になればと、精一杯動いたつもりです。

初めて落ちている飲み物を飲みました。
飲み物は津波で流されてきた飲み物を飲んですごしました。笑


会社の上司と「何でこんな時に、数キロ先で何百の人が死んで、スグそこで何千の人が苦しんでるのに仕事しなくちゃいけないのか?」とぶつかりもしました。

3日目、4日目位
初めて津波の傷跡を見た時は言葉を失いました。
俺等がよく遊んでた街が見る影も無くなっていました。

何百の人が命を失った場、鳥肌が止まりませんでした。

地震が起き、信号は止まり、交通渋滞が起きて、逃げたいのに逃げられない、いったいどれだけの命が消えたか

いったいどれだけの人が愛する人を想って、死んでいったか

悲しかったです。怖かったです。
自分の命の恐怖では無く、うまく言葉では言えませんが、ただただ悲しく怖かったのを覚えています。


友人と
「この光景を目に焼き付けよう」
「俺らは絶対にこの光景を忘れねぇ」

俺は『絶対に今回の事を無駄にしない』と心に誓いました。

ガソリンが無くなり、それでも何かしたくて自転車でボランティアにも行きました。

今、俺が倒れる訳には行かないとシッカリ休みもしました。


悪いニュースばかり入ってくる中、たった数十キロの距離に行けない。
そいつ等の為に何も出来ない
初めてあんなに悔しくて泣きました。

10日ほどたって、自分のマンションもライフラインが復旧しました。
そこでヤット3.11当時の東北の状況、津波の映像などをネットで見ました。

改めて言葉を失いました。
ごめんなさい。逆にあの時ライフラインが止まって良かったのかも思いました。

あの映像・・・あの時、県外に住む方、東北に家族や友人をもつ方は凄く辛かったと思います。

電話も繋がらず安否もわからない、当時の俺よりもモットモット辛かったと思います。


それから、ガソリンも元に戻り、

仕事もして

岩手の嫁の所に顔を出し

毎週遺体安置所に通い

空いた時間で色々な所に行きました。


荒浜、多賀城、七ヶ浜、仙台市はもちろんの事、
東松島
石巻
南三陸
気仙沼
陸前高田


多くの所に行った理由は、


一つはそこで友人が被災していた事と、
もう一つは今回の震災をなるべく多く自分の心に刻み込みたかったからです。


4月7日
宮城県で大きな余震がありました。

夜中、俺は起きてました。

また嫁にスグ連絡を繋ぎました。
「岩手は大丈夫とのこと」電話を切り
友人の家に向かおうと立ち上がると、足が笑ってました。

自分の意識では恐怖は感じていなかったのですが足はガクガクと震えており、正直驚きました。

震える足を叩き起こして車に乗りラジオから津波警報が聞こえ、急いで友人の元へ

友人と合流し、とりあえず避難しました。

友人と自分の住む家は3・11では大丈夫だったのですが、もう防波堤はありません。
津波対策の林も海沿いの家などもありません。

「津波を遮る物がもうホトンド無いから、次はどこまで来るかわからない」と言う話を聞いていたので、とりあえず避難しました。

しばらく離れた所で車からおりると笑いました。
恐怖の笑いか
絶望の笑いか
わかりませんが、多分安堵の笑いでは無かったです。
ただ俺は笑っていました。


そこで気付きました。
俺等の今までの日常もあの3月11日に終わっていたんだと、気付きました。

4月14日
『1ヶ月以内に仙台で10メートルの津波の可能性』
ニュースが流れました。

本当に不味いと思いました。
必死に考えた結果まず知識をつけました。

今回の震災で生死を分けたのは防災用品もあるかもしれませんが、一番は地震や津波に対する知識だと思ったからです。

ですが、
過去いくつもの大きな震災の前例
10メートルの津波の破壊規模
調べれば調べるほど悪いものしかありませんでした。

また改めて、今までの日常はしばらくは本当に帰ってこないのだと気付きました。

子供、嫁、義理母が感染症にかかり入院しました。
急いで秋田県の病院に向かい子供に会いに行きました。(嫁の実家は秋田よりの岩手県です)

子供は点滴を邪魔そうにしながらも笑っていました。

家に帰り初めて
「自分が死ぬかもしれない」「まだ死にたくないと」本気で恐怖しました。

区役所の防災課に電話して、
「もし、10メートルの津波がまた来たら何処までくるか。うちは避難した方が良いか。」
聞きました。

防災課の方の話では、
「専門の学者などがまだ入っていないので正直わからない。とりあえずは避難するにこした事はない」との事でした。


遺書を書いて置こうと思いました。
絶望に沈みそうになりました。

その時たまたま、見たのは近くに住む一緒に避難した友人のブログでした。
『桜が満開です。そちらはどうですか?』

コメントしました。
「俺等の人生、満開の桜咲かせてやろう」

精一杯生きれば良い

会いたい奴に会って

後悔しないように、精一杯生きて

胸張って走って

必死にもがいて生きてやろうと思いました。

福島の両親に会いに行きました。
大好きな友達に会いに行きました。

気持ちの方も落ち着き、

仙台の復旧もかなり進んでいたので、友人以外の他の被災者の方はもう県外のボランティアの方々に任せて、後は自分の為だけに時間を使おうと思い、

嫁と子供に会いに行きました。

夜、連絡があり今まで俺もズット探していた人が見つかったとの報告が入りました。

自分にやれる事を探しました。
メッセージを集めました。

ですが、俺は致命的なミスをしました。

俺の行動だけが原因じゃないのはわかっています。
サンドイッチマン・Dプロジェクト色々と広まる機会があったのもわかっています。

けど、正直本当にキツイです。
友人の方々も本当にごめんなさい。
出来る限り何とかします。

南三陸町に行きました。

こんな俺が
本人に、友人達に

どんな顔をしたら良いのか
どんな事を話せば良いのか

わかりませんでした。

アイツは笑って大丈夫だと言い、

アイツは震える声で挨拶をしていました。

本当にごめんなさい。

俺はもうしばらく会わす顔がありません。
ごめんなさい。

別の友人が後は任せろと言ってくれました。

最低なのはわかってます。
ごめんなさい任せます。

俺は逃げます、正面向いて会えません。

その間、俺も出来ることをやります。

友人の為に
彼女が護った多くの人達の為に
自分の為に





嫁と子供も大切にします。
しっかり働きもます。


南三陸を見て東北の現状を改めて認識しました。

今まで俺は、ボランティア活動など俺を含めやりたい奴がやれば良いと思っていました。

正直それで十分だと思っていました。

ですが、現状は違いました。

福島県・宮城県・岩手県?まだまだ力が足りませんでした。

今回の震災、
『長期にわたって大きな力が必要』
つくづく実感しました。

一人を助けるには街全体を復旧させなければいけない。
街を復旧させるにはその県そのものを立て直さなければいけない。

俺の仲間も頑張っています。

彼女が癌の手術を控えてる中、彼女も背中を押してくれて被災地に入る奴

知人が沢山亡くなって、自分も職を失ってるのにそれでも人の為に動く奴

最愛の人を失って、それなのに心配かけまいと必死に笑って皆の為に義援金を集める奴


もう、なりふり構うのは止めました。

俺が頭下げて力が募るなら頭を下げます。

俺がダセェ思いして動く奴が増えるならいくらでもダセェ思いします。

今、東北に貸していただいてる方
もし、今度あなたの所が被災したら俺が借りを返します。

俺はクソガキで今はまだ力は小さいけど、近い将来俺は自分のチームを作ります。

あなた方のようなチームを作ります。

力をつけます。
大切な奴等を助けられる力を
自分かやりたい事をできる力を
恩返しが出来る力を

本当に力を貸してくれている方々ありがとうございます!

まだまだ、俺も頑張ります!

被災者には頑張ろうと言ってはいけないと言いますが、俺は言うっす☆

俺等が頑張んないでどうする(*^▽^*)

さあ、東北!!
みんなで頑張っていくべし!!

地震さん、津波さん・・・・絶対負けねえぞっ 人間なめんなっ!!!笑


*シドニー在住のfacebookの友達のノートから転載しています。
[PR]
by hanataikoku | 2011-05-08 22:49 | 番外編です!

世界中の人たちが祈ってくれています

c0033992_1645078.jpg


毎日のように、ミャンマーやタイの友人からお見舞いのメールやチャットが入ってきます。
日本人を心の底から心配してくれています。

東北、関東の友人知人はみんな元気でした。
食料や水が入手できないこと、また停電で給油もできないと言っていました。
放射能汚染におびえ、雨に打たれたくないと、悲痛な叫びも届いています。


6年前の地震で恐怖を味わった、地元のおばあちゃんたちの顔が目に浮かびます。
テレビを見ても、地震と原発の解説、ある局では被災者のドキュメンタリー版のような
ものも目に留まります。

どこに行けば給水しているのか、食料調達の目途は・・・
今本当に必要な情報は、どこに行けば手に入るのでしょうか。
せめて生き残った方達が絶望しないようにできないでしょうか。

ほんとうに他人事ではありません。

久しぶりに、6年前の地震の時の記事をさかのぼってみました



あぁ~、間違って大切な記事を消してしまいました・・・(涙
[PR]
by hanataikoku | 2011-03-14 16:45 | 番外編です!

2011神戸春節祭プレイベント

c0033992_1520375.jpg


   神戸南京町2011年春節祭のプレイベントの南龍游行(龍のパレード)。
   元町のアーケードで出待ちをしている龍と遭遇しました。



こんな  ホームページを見つけました。  春節祭のスケジュールが詳しく書いてあります。
________________________________________

南京町 春節祭 2011年
English

中国では、行政のカレンダーは太陽暦が標準ですが、農耕の目安でもある
伝統的な太陰暦(旧暦)も並行して一般的に使われています。旧暦の元日は、
毎年1月21日~2月20日の間になりますが、これを『春節』と呼んで祝います。

2011年は、2月3日(木)に新年を迎えます。そのお正月行事である「春節祭」は、
中国・台湾・香港・韓国だけでなく、各国の華僑の間でも盛大に祝われ、日本でも
各地でいろんなイベントがあります。

春節は、俗に「過年」と呼ばれます。「年」は、頭に角が生えてとても恐ろしい怪物
だという伝説があり、「年」が来るのを防ぐために、大晦日になると、どの家でも
赤い「春聯」(対になっている縁起のいい文句を書いた紙)や切り紙(福が到来する
ように「福」の字を上下逆に貼る)を門や窓に貼り、爆竹を鳴らし、真夜中まで
明かりを灯しているようになりました。
各国のチャイナタウンと同様に、神戸の中華街、南京町でも、町中こぞっての
お祝いが連日続きます。
歌や踊り、獅子舞、龍舞、雑技、中国武術などの数多くの出し物でにぎわい、
多数の市民が参加し、各地から大勢の観光客が集まる神戸の冬の風物詩と
なっています。南京町では、1987年から「春節祭」を毎年開催しており、1997年
には、神戸市の地域無形民俗文化財に指定されました。

___________________________________
[PR]
by hanataikoku | 2011-01-31 15:25 | 番外編です!