北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 12月 ( 65 )   > この月の画像一覧

大晦日定めなき世の定めかな    


馬で行くことも、車で行くことも、
    二人で行くことも、三人で行くこともできる。
    だが最後の一歩は、自分ひとりで歩かねばならない。

    ヘッセ(1877-1962)、ドイツの作家。

紅白歌合戦が始まる時間になってしまいました。
チャリティイベントの最後の精算に、原田組長は
まだまだ北崎の町内を走り回ってくださってます。

たくさんの方たちの心をいただいて、初めてトライ
した大きなチャリティイベント。
準備期間1ヶ月、史上最悪の天候などなど・・・
予定通りには行きませんでした。(悲)
ああすればよかった、こうすればよかったと頭の
中を駆け巡ります。

野菜はほとんど完売しましたが、たくさんのお花を
売り残してしまいました。
大変な中、生産者の方々が私たちのために惜しみ
なく協力してくださった商材でした。
ほんとうに申し訳なく思います。

あと3日遅ければ完売できてたかなぁ・・・

チャリティでご協力いただいたものもうまく換金でき
ませんでした。
(ご協力いただいた方へのお礼として使わせて
いただきました。)

そんな中、何か大きなものをつかめたような気がします。
北崎の皆さんに支えられてイベントは終了しました。

これからの本格的な北崎復興の足がかりができたので
はないかと思います。

来年の2月26日、海釣り公園で“花まつり”が開催されます!
地元の花卉生産者の方たちの集大成です!
ブログをごらんのみなさん、北崎の花とおいしい野菜やお魚
たくさん買いに来てくださいね!

北崎通信局はこれからもずっとずっと頑張りま~す!

*残った生花は、北崎保育園に寄付させていただきました。
寄せ植えなどは引き続き販売させていただきま~す。
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-31 20:11 | ボランティアの仲間たち

北崎応援団!

f0003994_957462.jpg

クリスマスイブの閉店間際に駆け込んで来たのは、
サンタさんならぬ、RKBのカメラマンさんでした。
「最終日のお昼のニュースでもう一度流しますから、明朝
少し早く開けてもらえませんか」と!
残ってたスタッフ一同、大喜びです。

しかも、たくさんお買い物までしてくださいました。
記念の葉牡丹もご購入!ちょっとおすまし記念撮影です(笑)

今回のイベント準備の段階から取材をしてくださっています。
ゆきたかさんの心強い後継者博之君も今回は一生懸命
お父さんを手助けしています。
葉牡丹の寄せ植えも博之君がああでもない、こうでもないと
愛情込めて仕立ててくれました。

寄せ植えの花選びの段階から付き合って下さった同じくRKBの
豆田さん。
初日に店頭に並んだ寄せ植えを見て「わぁ可愛くできましたね」
まるで我が子を見るように目を細めていらっしゃいました。

この北崎通信局を隅々まで全部読んでくださっていました。
北崎のことを本当に一生懸命心配してくださっています。
素敵な番組ができることを楽しみにしています!

みんなに元気をありがとう~
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-31 20:09 | 復興支援チャリティ

イベント会場

f0003994_9555094.jpg


f0003994_9564736.jpg


f0003994_9565545.jpg


f0003994_9573718.jpg


f0003994_9574755.jpg


f0003994_9575582.jpg


f0003994_958335.jpg


f0003994_9581258.jpg


f0003994_1049719.jpg


f0003994_10492659.jpg


f0003994_10494152.jpg


f0003994_1051425.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2005-12-31 20:08 | 復興支援チャリティ

やっぱり熱が・・・・・

f0003994_13322319.jpg

夜のご挨拶廻りの時に、とても寒けがして気になってましたら、
やっぱり熱が出てました・・・
みなさんが心配してくれた通りに(笑)

体中が腫れて、痛くて辛い。
肺のあたりが痛くてしゃべる元気もでません。
昨日、A先生のところにまたまたすべり込みセーフ
「疲れだけの腫れと違いますね、これは風邪の症状ですよ
あなたの身体は一つしかありませんからね。」
体力が無いのがすごく悔しいです・・・

忙しい中、イベント会場にも顔を出してくださったA先生
「あまおう、おいしかったですよ!」
「あれね、市場の卸価格が1600円だったんですよ」
「・・・」
先生にはたくさん買っていただきました。

「今日はお花の配達と仮設住宅に行ってました。
そうそう、先生にも葉牡丹買っていただきたかったなぁ」
「ブログのやつですね!早く言ってくだされば良かったのに・・」
「そうだ、新年にお持ちします!匂い桜のつぼみが開く頃ですから!」

というわけで、ちかちゃんのお宅の餅つき、行けませんでした。

「疲れが出てると思っとったから、ちゃんととっといてるけんね」
(疲れが出ているとおもっていたから、ちゃんと取って置いてあるからね)
*博多弁で「とっとうと」は、取っておいているという意味です。
電話の向こうに、かっちゃんやご主人の掛け声が聞こえます。
7升もお餅をつくそうです。
ちかちゃん、サンキュ~です!

*写真のにゃんこは、仮設住宅にいました。
地震の時は1日半戻らなかったそうです。
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-30 16:34 | 復興支援チャリティ

りなちゃんに会ってきました!

f0003994_1333093.jpg

f0003994_13331643.jpg

りなちゃん家族が住む集合住宅にもお邪魔してきました!
おいしいスープとあったかカイロをお土産に、手すりにつかまりながら
一歩ずつ階段を踏みしめ、無事に5階のドアのチャイムを鳴らします。

久しぶりに見る久子お母さんの顔は満面の笑みでした。
玄関脇の部屋からりなちゃんが!
なんだか大きくなったみたい。

昨日の電話のやりとりの時に、私からだと直ぐわかったそうです。
おじいちゃんの姿もありました。
お体の悪いおじいちゃん、5階までの階段が心配です。
ここでの仮の暮らしも期限があると聞いています。

玄関の靴箱の植えには、入進学祝いの時にプレゼントした
おそろいのワンチャンのバックがお花と一緒に飾ってありました。
(お姉ちゃん二人には〈鯛焼き〉のポカタンね!)

お母さんが、お勤め先の明太子を私に下さいます。
わざわざお金を出して買って来られたものをいただくのは胸が
痛みます。
だけど、お母さんの思いを受け止めて遠慮なくいただいてきます。
また来年遊びに来ることを約束して次の配達先へと向かいました。
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-30 14:18 | こどもたち

仮設住宅におじゃましました!

f0003994_13323583.jpg
西浦の11軒の仮設住宅に行ってきました。
イベントのときに各方面からいただいたものを
お届けしてきました。
f0003994_1330367.jpg
多くのご支援がある玄界島の方たちに比べ、ほんとに
ささやかな品ですが喜んでいただけるでしょうか。
デンファレのアレンジは、波佐間ひろみさんからです。
お楽しみ袋の中には、マギースープやお餅他が入っています。
f0003994_13302962.jpg
避難所でお隣に寝ていた美代子さんが、お雑煮用にと
たった今塩をふったばかりという脂ののった“寒さわら”を
持って追っかけてきてくださいました。
さわらを使ったお雑煮は三所神社の神主さんのお宅でも
定番と聞いていましたので、我が家も今年はさわらで
お雑煮にしてみましょう!
避難所でわんちゃんと怯えていらした時とはうってかわって
お元気そうな顔を見て一安心!
f0003994_13305332.jpg

f0003994_1331312.jpg

避難勧告を受けたお宅も、新しく建てたお家が何軒か姿を
見せはじめました。
f0003994_14203293.jpg
避難所暮らしですっかり仲良しになった中田さんと
もう一人の美代子さん。
皆さんに配り終わったあと、お茶をいただきました。
美代子さん手作りの“かきもち”や、お取り寄せのおいしい
“ごまめ”を下さいます。
中田さんも手作りの塩鯖や、連子鯛を冷蔵庫から出して下さって、
帰りしなにはお茶請けのお菓子を全部持たせてくれました。
まるで親戚のおばちゃんの家に遊びに行ったみたいで、
お土産よりもいただいて帰るほうが多くて恐縮でした。

皆さんの暖かい心に触れて、とても幸せな気分で仮設住宅を
後にします。
私のほうが元気をいっぱい貰ってきました。

中田さんも家の建替えは、小さなお家にしようと決めたと
おっしゃっていました。
これまでの広い家から、一人暮らしでコンパクトな暮らし方の
良さを、仮設住宅の暮らしで実感されたんだと思います。
お掃除も楽、動くのも楽。
ただ、お客様の時はちょっと狭いねと笑っていらっしゃいました。
f0003994_13324797.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2005-12-30 13:56 | ふるさとのアルバム

最後の出荷

f0003994_13301286.jpg

f0003994_13302159.jpg

ゆきたかさんのハウスに向かいました。
ハウスの中では、春を待つ可愛いヒヤシンスの苗が
出迎えてくれます。
早朝のハウスの中に暖房は入っていません。
ボイラーを焚く原油の高騰の影響もありますが、
余計な出費は控えているのです。
このヒヤシンスが出荷される頃には暖かくなると
いいなぁ・・・・

昨日注文をいただいた葉牡丹の植え込みです。
それから、浜の大門屋さんにも置いていただくことに!

みなさん、ありがとうございます。
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-30 13:42 | ふるさとのアルバム

いよいよ今年も・・・

f0003994_1330394.jpg

早朝、北崎に出かけていきました。
目の前を黄色いバスが走っています。
海岸沿いの一本道、急いでいても追い越せません!

バスの窓からのぞくのは、西浦の竹園園長です。
子ども達の送迎だったんですね!

数人しかいなくなった園児が、この送迎バスでたくさん
増えました。

道の途中で一人ずつ小さな子ども達を拾っています。
あわただしい歳末の、のどかな風景でした。
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-30 13:37 | ふるさとのアルバム

三姉妹のおかあさん!

c0033992_8503627.jpg

西浦からお引越しをしていった3姉妹のおかあさんに
久しぶりに連絡をとってみました!

「ボランティアの者です、お変わりありませんか」
「ご無沙汰していま~す」
「こちらこそ~」
「いやぁ、年賀状を出さな~て思っとったとこでした」
「忙しいからそんなこと気にせんで~、私も書く暇ない
から今年は出せないし」
「めんたい工場の仕事、今日までやったとですよ」

8月にお母さんが交通事故にあったと聞いて心配して
いたのですが、怪我をしたのはお母さんのお母さんで
子供たちのおばあちゃんでした!
入院はされましたけど手術することもなく完治しました
とのことで一安心です。

子供たちも新しい引越し先で相変わらず元気にしてる
そうです!

先月の文化祭の帰りに家の傍まで行ったのですが、
集合住宅でどこがお部屋かわからず、原田組長に
「○田さ~ん!って、大声で呼んでみようか?」と
言ってたんです。

お部屋の棟と号数がわかりましたので、さっそく明日
ネスレさんからいただいた、スープやお土産を持って
いく約束をしました!

待っててね~
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-28 18:46 | きたざきの人たち

葉牡丹の寄せ植え

f0003994_1713277.jpg

宗ゆきたかさんが今年初めてチャレンジした小さな
葉牡丹と、可愛い水仙やピンクの花びらの匂桜。
これらを寄せ植えにしたものが先日のテレビでも
紹介されました。

地震で壊滅状態のミニ胡蝶蘭に見切りをつけ、
再スタートを切るための記念となりました。
来年まで収入の見込みはありません。
*被害状況などはこちらをご覧下さい

今年も残す所あとわずかですが、お正月をこの
記念の葉牡丹とお迎えください。

今でしたら元旦着の宅配でお届けできます。
1鉢3000円で限定10鉢です!
内容はお任せください。
(北崎に取りに来てくださるともっとうれしいです)

復興支援にご協力ください!

お申し込みや問い合わせは r.r.project@fsun.orgまで
[PR]
by hanataikoku | 2005-12-28 17:22 | 復興支援チャリティ