北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 64 )   > この月の画像一覧

お寿司三昧~

阿蘭陀も花に来にけり馬に鞍       松尾 芭蕉

f0098360_19221712.jpg
鯵の丸干しを買いに行って、店先で〈このしろ〉を見つけたので
3尾ほど分けていただきま~す。
明日の結婚式のなます用の仕入れだそうです。
今年初めてですね~、このしろ!
f0098360_19224795.jpg
新鮮なこのしろ、も少し小さいと最高のすしネタの“こはだ”です。
3尾とも三枚におろし酢で締めました。
大根膾にする予定ですが・・・


f0098360_1923971.jpg
急に〈大村寿司〉を作りたくなって、そぼろを作ります。
なぜか昔から衝動的にお寿司を作りたくなるのはなぜでしょう(笑
今日もお花見気分になったせいかも・・・
冷凍の魚を使いました。

f0098360_20524252.jpg
薄味で炊いたかんぴょうに、椎茸の旨煮、そぼろに錦糸玉子を重ねます。
ここには箱寿司の道具が無いので、お菓子の箱で代用しますが
浅いので重ねる事ができませんので簡単大村寿司です。
f0098360_1924563.jpg
3合のご飯で作ったので、ほんの少しだけおすそ分け・・・
ちょうど鯵が干しあがった頃にまたカネダイさんに!
そしたらなんと、おかず用のマグロをいただいてしまいました。
そこで、急ににぎり寿司(笑  まかないにしてはとても上等です!
まぐろの端っこはヅケにしました。めちゃウマ~
f0098360_19242550.jpg
生椎茸を焼いてお出汁に漬けておいて椎茸寿司。
f0098360_19244835.jpg
“ヤーコン”という芋もちょっと蒸してお出汁に・・・
山椒の新芽も程よい大きさになりましたね。
f0098360_19251243.jpg
健康食のヤーコンです。
これを常食している知人が、インシュリン注射をしなくても良くなった
ようです。
葉っぱもお茶にして飲むととても良いそうです。
クワイのような食感で、見た目は冬瓜のようです。
久々の宿題で、炒め物や天麩羅など、いろいろと調理してみます。
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-31 20:20 | ふるさとの味

鯵の丸干し

“2月は逃げる、3月は去る”と言いますが、ほんとに月日のたつのは
早く、3月も今日で終わりです。
明日から4月、新年度。
残念ながら「明日の鯛ごち網はお休みです」と放送が流れていました。
青空ですが明日もしけなのでしょうか・・・
f0098360_19212019.jpg
先日、甲イカをトロ箱で買って喜んでいましたが
今日は、もっとすごい買い方です(笑


f0098360_1929285.jpg

「干し物作るには最高の風やもんね~」とカネダイのご主人。
そうです!ここに干してある鯵の丸干し、ぜ~んぶ買いました!
「どれだけいるね」
「う~ん、12連、全部!」

先月は大神先生とご一緒に、唐泊の板谷ひさこさんの干物と西浦の
いりこを山形に送りました。
そのお返しに保育園に旬の“うど”が届いたようです(笑
送って、送られ~て♪

この鯵は、信楽の神山先生に送ります。先日から組長と、先生には何が
一番喜んでいただけるだろうかと話してました。
佐世保生まれの先生ですから、新鮮な海産物が良いだろうということで
先日カネダイさんにお願いしていました。

しかし、先生のお宅の冷蔵庫に入りきれるのでしょうか(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-31 19:45 | ふるさとの味

久しぶりに激怒!

血圧が上がることがおきました!
こんなことでカッカしてしまう私がまだまだ未熟なのでしょうか・・・

久しぶりに組長と激論を交わしました。
どちらかといえばご想像通り、一方的でしたけど(笑

組長というハンドルネームは、地震復興の援農ボランティアの
方達の窓口をしていて〈原田組〉とよんでましたので・・・
決してマルボウ関係ではない事をご理解ください(笑
正式にはFSUN資源循環プロジェクトの事務局長です。

激しく論じ合った内容というのは、昨年お手伝いしたみどりの日
のイベントの事
でした。
また今年もJA本店に協力要請があり、北崎支店に回ってきたと
言うのです。

職員ではなく組合員さんの負担になるんですけどね・・

「当然、断ったよね」と組長に尋ねると、「北崎のPRになるので
あれば・・」
と答えたと言うんです。
「えっ、どうして・・・・」と絶句する私。

昨年は、地震の起きる前に新聞社からJA北崎支店に出店依頼
があったのですが、あの地震でしたから生産者の方は全くそん
な余裕がありませんでした。
もちろんJA職員の組長もです。

協力できない理由を主催者に説明したのですが今更困ると言う
事で、急遽私達ボランティアチームが助っ人で出店したのです。
私達がお手伝いをするのは、殆ど報道されない北崎地区の地震
被害の状況を知ってもらいたいからだと主催者側に話したのです
が、イベント参加者はレクレーションを目的としているので地震の
話題はまずいという回答でした。

そして、あらためて紙面で北崎を取り上げるからそれで勘弁して
くれと言う事でした。
しかし、その後取り上げていただく事は無かったですね。

続きはこちら
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-30 18:34 | 番外編です!

つわです!

f0098360_856911.jpg
久しぶりにカネダイさんに行こうと歩いていると、玄関が開いている
お宅からふっと春の気配を感じましたので、通り過ぎていたのを3歩
ほどあと戻りしました!
やっぱり、春でしたよ~
家の中でおばあちゃんがツワを剥いていました!
先ほど漁師さんたちと汐風ショップの前でツワやたらの芽の話しを
していたばかりでしたから・・・
「いくらなんでも自転車では行けんやろう」てな、内容でしたけど(笑
f0098360_8563240.jpg
柔らかそうなツワ蕗です!
おばあちゃんは、岡山からお嫁さんに来たそうです。
当時は特急でも博多まで8時間もかかったんですって。
昨年亡くなられたご主人とはいとこ同士で、博多駅にはおじさんが
迎えに来てくださったそうです。
当時は、博多駅からここ西浦まで来るのも大変だったとか・・・
地震の避難所での話しになると、おばあちゃんは涙を浮かべます。
「避難所にいた間はみんなと一緒で良かったけど、その後の事を考
えると不安で、不安で・・・」
まだ家の2階は手付かずのままなんだとも・・・
f0098360_8564980.jpg
つい話し込んでしまい、時計は6時を回ってしまいました。
「あんた魚買いに行くとやなかったね?」
「そうそう、もう閉まったやろうか」
「ちょっと行ってみんね」

2軒先のカネダイさん、店じまいの最中でしたがギリギリ“いさき”を
一尾ゲットします(笑
教えていただいて見上げた軒先につばめの巣がありました!
「今年は来るのが遅かったけど、26日に飛んできたとよ」と奥さん。
あまりに寒いのでつばめは留守のようです・・・
f0098360_8571295.jpg
一人では食べきれない大きさの“いさき”を煮付けます。
煮汁でツワを炊くためです(笑

今日の宿題だといって、袋いっぱいのツワとビニールの手袋と安全
かみそり(ツワの皮むきグッズ?)をお土産に頂いてましたから。
自我自賛!大変満足なお味でした~(間違いなく嫁に行けます)
f0098360_8573350.jpg
春大根と“がごめ昆布”の千枚漬風です。
f0098360_8575623.jpg
またまた山阪さんが袋いっぱいに下げてきてくださった
“生椎茸”に醤油をたらして炭火で焼きました。

というわけで、おでんは手付かずで残ってしまいました・・・
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-30 09:49 | ふるさとの味

春の北風

f0098360_8551153.jpg
かなぎ漁も3月いっぱいで終わり、4月からの鯛網が始まります。
中型船の漁師さんの写真を撮ろうと浜に出かけたのですが、
今日は祈願祭とシケが重なり、漁はありませんでした。
f0098360_8553171.jpg
漁具の手入れをしていらっしゃるところにおじゃまします。
このかごは、活魚を運ぶときに使うのだそうです。
空は青空ですが、手袋が欲しいくらいに冷たい風が吹いています。

「春の北風は、夢に見るだけでん凍えるほど冷たか」と言うんだと
教えていただきました。
実際に風に吹かれなくても、夢の中で春の北風を見るだけでも凍
えてしまいそうなくらい冷たいんだそうです。
同じ風でも、西から吹く風は冷たくないそうです。
f0098360_8555059.jpg
唐泊漁港にも出かけて行きたいのですが、
私の自転車の組み立てがうまくいきません(笑
もうじき赤い自転車で出かけていきますね。
ただ、ここ数年自転車に乗っていないのでかなり不安ですが・・・
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-30 09:14 | 西浦

博多湾の海苔

最近、食欲が無くおまけに気力も落ちてるような・・・
急に寒くなったりしたせいでしょうか。
昨日は早朝から激しい〈春雷〉、そして日が落ちて地震があり
夜半からは冷え込みはじめました。

北崎大根の収穫も終わり、いよいよ本格的な春がきました。
ひろみちゃんのお宅から頂いた今年最後の春大根。
最後の大根葉も、さっと茹でた後丁寧に刻んで冷凍保存完了。
おでんの巾着の中にも入れました。
今夜は“あつあつおでん”に“菜飯”です。
f0098360_13425472.jpg

さて、今日は久しぶりに北崎分室でお昼ご飯。
食品庫の中に見つけました!
〈博多湾の海苔〉100枚!
お引越し早々に頂いていた(はず)海苔の箱、パッケージには何も
書いてなかったのですが、開けてみると!(笑
f0098360_13431375.jpg

火鉢に炭をおこし、玄米餅を焼きます。
焼けたお餅をお醤油にジュッ~、そして網の上に戻して・・・

今日は地元の醤油ではなく、愛用のしょっぱい本醸造有機醤油。
おかゆを炊いて、くぎ煮を食べると良くわかるんです。
お米の味、良し!かなぎの鮮度、良し!んっ?口の中に残るこの味・・・
あの醤油の後味です。
地元御用達の醤油、くぎ煮炊くのに2つの銘柄を使ってみました。
アミノ酸液、脱脂加工大豆、小麦、食塩、砂糖、カラメル色素
調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア・甘草)、
保存料(パラオキシ安息香酸)

内容成分についてはまた書くことにします。

愛用醤油は、有機大豆、有機小麦、食塩この3つだけ。

そうそう、前出の道元屋敷はかずお君のお宅だったそうです!
そして“道元”という屋号のお醤油屋さんだったそうですよ。

塩が貴重だった頃、北崎小学校では海水を汲んで塩を作って
住民の皆さんに配っていたという記述もあります。
文二さんのお父さんの時代です。

今は使ってない畑で、大豆と小麦作れるでしょう・・・

こんなこと考えているとどんどん広がりますね~
北崎ブランド(笑

お餅が焼けました!海苔も贅沢に使いましょう~
f0098360_13433243.jpg

〈特製磯部焼き〉完成で~す!

加賀棒茶と一緒にいただきました。
(唐泊の東林寺のお茶の木だったら最高!)
少しは元気が沸いてきたかも・・・
これから少し、海辺を歩いてみます。
奥先生から頂いた写真と比べながら・・・
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-29 14:16 | ふるさとの味

小さな小さな分校

f0098360_12571094.jpg終業式も終わり、誰もいない分校をたずねました。
本で読んだとうりたくさんの花に囲まれ、そして手入れの行き届いた小さな学校が、ひっそりと松林の中に建っていました。
まるでタイムスリップしたかのような錯覚をおこしそう・・・




f0098360_12573125.jpg
私が知っている学校と雰囲気が違う理由にやっと気づきます。
ここには1年生と2年生だけがいる小学校でしたから・・・
なんとも愛らしい学校です。




f0098360_1258108.jpgこの学校の最上級生は2年生。
放送のお当番も、お掃除も上級生の肩にかかってくると、高田先生の書かれた本に書いてありましたね。

小さな小さな学校ですが、たくさんの愛情を感じます。
学校を見守るご近所の方達。ご父兄はもちろんのこと地域住民の方達がとても大切にしていらっしゃる事が分かります。





f0098360_1322079.jpg
f0098360_13223446.jpg

子ども達が植えた鉢植えのチューリップたち・・・
桜の花が満開になる頃には、新入生が入ってきます。
f0098360_12584295.jpg
可愛い校庭にはちゃんとホームベースがありました(笑
春休みなのに子供たちの姿が無いのは、家から学校までが遠い
からのようです。
お休み中も校庭の手入れをしてくださっている方の姿がありました。

先日、上棟式にお邪魔した三苫さんのご主人がおっしゃってました。
「私は学校が好きで、漁が無いときは良く授業参観に行きよったとで
すよ。今は子どもが大きくなったけん行かれんとやけど、学校が好き
やけんね。今でも行きたかぁ思うもんね。
それから我が家は、三者面談じゃなくて四者面談やったですもん(笑
先生と子どもと家は夫婦で学校に行きよったけんね。

学校の帰りに子どもと家まで歩いて帰るとが、親子のコミュニケーシ
ョンで、こん時だけは子どもといっぱい話しをしましたけんね・・・」


f0098360_12591571.jpg

可愛い動物の飼育小屋もありました。
見るものひとつひとつがとても可愛いのです。


f0098360_130473.jpg

地震から1年。あの時も学校に来ていらしたそうです。
校庭にひびが入り、とても怖かったとおっしゃっていました。
f0098360_1303679.jpg
体育倉庫の中もきちんと整理されていました。
どこもかしこも、こんなに手入れの行き届いた学校に感激!

f0098360_1312431.jpg

f0098360_1315175.jpg
子ども達が出てくる新学期になったら、この場所でいろんな話しを聞きたいなぁ・・・
f0098360_1321591.jpg


f0098360_1324070.jpg
f0098360_133340.jpg

2組?あれ・・・
そうでした、ここは分校。本校の生徒が1組でこっちが2組ですね!
f0098360_1332421.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2006-03-28 13:53 | ふるさとのアルバム

福岡三観音のひとつ

f0098360_16574626.jpg
小田観音堂に、やっと行く事が出来ました。
雷山、油山、そしてここ北崎の小田観音が福岡の三観音です。
残念ながら昨年の地震で、ここも被害を受けました。
f0098360_16581061.jpg
ここの由来などについては明日追記する事にします。
神亀5年(728年)に聖武天皇の勅願寺として法隠禅師が開山
となり建立。ご本尊は千手観音で、清賀上人の作と伝えられて
います・・・
f0098360_16583231.jpg

f0098360_16585963.jpg

f0098360_1761732.jpg
悲しい事に以前、泥棒が入ったそうです。
管理が出来るようになるためにはたくさんの人が来てくださると
良いのでは・・・
心無い人に荒されるのはとても忍びないです。
f0098360_17767.jpg
f0098360_177288.jpg

f0098360_1775210.jpg

f0098360_1781795.jpg

f0098360_1784249.jpg


f0098360_179385.jpg

f0098360_1791835.jpg

f0098360_179377.jpg

f0098360_17101539.jpg

f0098360_17103411.jpg


f0098360_1710555.jpg

f0098360_17111084.jpg

f0098360_17112768.jpg

f0098360_17114869.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2006-03-28 00:52 | ふるさとのアルバム

春は萌えいずる新芽野菜

f0098360_15535027.jpg
頂いた“たらの芽”を、庭先の新芽や
ありあわせの根菜とで定番の“精進
揚げ”にしていただきました。
よもぎの新芽は病み付きになるくらい
にうまいです!
野生の三つ葉も香りが違いますね~




新しい生命の芽生えである芽ものには、良質の蛋白質、アミノ酸、
ビタミン類、ミネラルが含まれ、長く厳しい冬の間、半分眠っていた
私達の細胞を活気つけてくれるのです。
特に共通的に含まれるアルカロイドという苦味成分は、人間の眠っ
ている細胞を「春が来たぞ」と起こしてくれるんだそうです。

日本人の食生活もかつては間違いなく、自然との共生、春夏秋冬
の季節に合わせ自然が提供してくれる食材を食べる「旬」が基本だ
ったのですが・・・
*参照 旬の食材・野菜の基礎知識


f0098360_15541126.jpg
たらの芽と人参葉の16穀米炒飯でした・・・
米のもちもち感と山菜の歯ざわりがなんともいえない一品でした。









f0098360_15544258.jpg
シザンサス 
-庶民の蘭-と言われる可憐な花です。
花が終わると、これでもかと言うほど種が出来るそうです。
その種からまた咲く花の色はいろんな色になるんだとか・・
心待ちにしましょう。




f0098360_16254823.jpg

先日のテレビ放映の最後に映った〈北崎復興〉の花でした。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
f0098360_155653.jpg

小さな苺を買ってきたところにおすそ分けでまたいただきましたので
今年初めての“苺ジャム”を作る事に・・・
さぁ、ぶくぶくと泡が立ち始め、甘い香りが漂いだしました・・・
丁寧にあくをとってコトコト煮つめることにしましょう。

f0098360_15562369.jpg
その横でお稲荷さんのお揚げを炊いています(笑
お弁当を持って昨年訪ねた山に行ってみようと思い立ちました。
[PR]
by hanataikoku | 2006-03-27 16:23 | 〈食〉について考えてみる

山の宝物

f0098360_16323629.jpg
昨年、被害を受けた町の様子を見るために上った山に出かけました。
あの時のブルーシートは無くなっています。
小田地区にはまだそのままのところが数軒ありましたが・・・
f0098360_16325615.jpg
間もなく“山桜”が満開になります。今年はお花見しましょう!
f0098360_16331840.jpg
遠くにかすんで見えるのが福岡ドームやタワー・・・

f0098360_16334345.jpg
昨年、最後の大根を頂いた畑は、今年は何も・・・
先日、ご主人がお亡くなりになりました。
f0098360_1634255.jpg
昨年、芽だけでなく枝ごと切り取られていたのですが
今年はまた別の木から新しい芽がたくさん出ていました。
f0098360_16343089.jpg

f0098360_1635556.jpg

f0098360_16353478.jpg

f0098360_16363752.jpg

f0098360_16373957.jpg

f0098360_1638872.jpg
離合できないくらいの細い道です。
養豚をしていらっしゃる地元の方とすれ違いました。
「また地震が来よるごたぁなぁ」
f0098360_16384128.jpg
椎茸を見つけました~
f0098360_1639890.jpg
昨年頂いた〈さくらん坊〉の木のお隣に咲いている可憐なお花
f0098360_1639391.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2006-03-27 16:20 | 西浦