北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 08月 ( 57 )   > この月の画像一覧

花鯛郷通信より

北崎校区各戸に配布されている〈公民館だより・きたざき〉の裏面に
今年の夏から〈花鯛郷通信〉が掲載されていますが、地元の皆さん
ご存知でしたか?

さて、8月28日号から2つ、ピックアップさせていただきました!

*****************************************************
              どうしたら北崎に家が建てられると?
               出前講座  市街化調整区域の土地利用

北崎校区は市街化調整区域にあたるため家を建てようとしても規制が多く、なかなか
思うように住宅が建てられません。
〈北崎を考える会〉では、今回福岡市の建築局より講師を迎え、どうやったら市街化調
整区域に家を建てることができるかということについてお話していただく事としました。
そこで、参加者と質問を募集します。疑問に思うことを聞いてみましょう。

 ■講演日時   9月9日(土) 午後7時より
 ■場所      北崎公民館
 *質問は北崎公民館まで    tel092-809-1733 fax092-809-1319


*****************************************************
                  “がばいばあちゃん”の
              島田洋七氏講演会のお知らせ 

 ■演題      「人生楽しく笑顔で生きんしゃい」
 ■講演日時   9月25日(月) 午後6時開場 午後7時開演
 ■場所      元岡小学校体育館
  *当日先着500名様



****************************************************

 佐賀が舞台の待望の映画化、九州先行上映から全国上映で大ヒット!そして
全国夏休み再上映中の 〈佐賀のがばいばあちゃん〉の原作者で、
〈もみじ饅頭〉でおなじみB&Bの島田洋七さんの講演会です。
 現在、福岡でもアンコール上映中です。
 地味な映画にもかかわらず、劇場には老若男女の姿が・・・
 特に、若い女の子が多いのに驚きます。
 昔の映画館のように、スクリーンと客席が一体となったかのような、たくさんの
 〈感嘆符〉が 館内に響き渡ります。
 c0033992_23135066.jpg 
 タイトルが出る前の、大きな磁石を腰に紐でくくって引きずり歩くばあちゃんの
 絵だけで、「エッ!?」と 言う声が前の席から聞こえてきました(笑
 おさのばあちゃん語録はすごいよ~
 名優・緒方拳さんの豆腐屋さんに泣かされます・・・
 そのあともひっきりなしに、笑い声や驚きの声!
 映画の内容もですが、館内の雰囲気も料金の内だったかとさえ(笑

 ばあちゃんと洋七少年の壮絶ながらほのぼのと、そして心温まる作品です。
 映画を観て講演を聴くか、講演を聴いて映画を観るか(笑
 本を読むだけでもお勧めですよ!

 東京の映画館では立ち見も出たのだとか・・・

 ぜひこの機会に、私達が忘れかけた大切なものを見つけませんか?by北通
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-31 17:14 | 北崎を考える会を応援します!

元気の出る食事

c0033992_13183515.jpg
胡瓜の苗のひとつが“スーヨー胡瓜”だったようで、長~い胡瓜ができて
大喜びしている北通です(笑
というのも、他の胡瓜苗3本は、お盆前頃からなぜか短くなっちゃったん
ですよ!(食べきりサイズというのがぴったり)
太さは十分なんですが、長さが14~4cm以上延びない・・・

最近気づいたのは、きれいだけど未熟な胡瓜よりも、不恰好でも太めの
胡瓜のほうがう~んとおいしい!ということ(笑

私達はおいしさが今一のものを食べていたと言うことです!
熟れた胡瓜のほうがおいしいに決まってますよね~

c0033992_13195086.jpg
角が無い丸いオクラも、あっというまに長く伸びてしまって・・・
花が咲いたら目を離せません(笑
A先生に「オクラの花の写真撮ってのせますね」ってお約束してたのですが、
収穫するか、蚊に食われるかと必死なのでなかなか撮れません(笑
畑で苗から育てている青紫蘇が、消毒も何もしないのでレースのように
きれいにカットされています。

「人間が食べるのが先か、虫が食うのが先か」と戦いの日々です(笑


北通が青紫蘇を巡って競い合っているのは、写真に写ってる小さなバッタ君
だと言いうことが判明!
写真撮っている間も、カリカリと胡瓜とオクラを食べられました(笑



↓現実の戦いの現場での〈食事情〉がわかるので転載しました。
洗剤で三度も洗わなくてもそのまま齧られる野菜に感謝します!


官邸メールから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 元気の出る食事(第10次イラク復興支援群 准陸尉 伊野一司)
 
 私は第10次イラク復興支援群の給食班長として、サマーワ宿営地で隊員
たちの食事を担当しました。給食班は、隊員約600名の食事の献立の作成、
食材の補給、調理を行うのが主な仕事です。「元気」と「感謝」を合言葉に、
1日約1800食を提供しました。

 現地の活動は休みがなく、曜日が忘れがちになるため、月曜日を「カレー
曜日」に設定したり、夏バテ防止には牛丼など肉中心のスタミナ料理やゴー
ヤチャンプル、また冷やし麺などの季節料理やのっぺい汁などの郷土料理も
提供し、メニューに工夫を凝らしました。

 調理は、大型の天幕内に11個の野戦釜を設置して行います。釜に火が入
ると天幕内の温度は70度を超えサウナ状態、外に一歩出ると、外気温50
度も涼しく感じられました。

 最も注意した点は衛生面です。特に野菜類には砂埃、雑菌等が多く付着し
ている可能性もあり、食品専用の洗剤で3回以上洗浄しました。また、調理
にあたっては専用包丁・まな板の使用、冷蔵庫内の清掃、各調理器具の除菌
を徹底しました。

 サマーワから撤収する最終段階は、調理具も撤収するためレトルト食品主
体の寂しい食事になってしまいます。レトルト食移行前の班ミーティングで、
「残りものではあるが食材の種類は多い」「食事で元気になってもらいたい」
という意見が出て、レトルト食へ移行する最後のメニューはバイキングに決
定。その日は30種類以上の料理によりディナーを楽しんでもらいました。

給食業務は復興支援の表舞台ではありませんが、食事は過酷な条件の下で
勤務している隊員の活動を支える源であることを肝に銘じ、創意と工夫を凝
らして任務にあたりました。

おいしそうに食事を食べている隊員達の姿を見ることが、我々給食班の何
よりも喜びです。「いただきます」「ごちそうさまでした」の言葉を聞くと
疲れも吹き飛びました。

 最後に、国民の方々からの暖かい励ましをたくさんいただいたことに感謝
したいと思います。そのお陰で現地にいた我々は「元気」をたくさん頂きま
した。本当にありがとうございました。

※ 執筆者の紹介
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-31 13:30 | 〈食〉について考えてみる

今日は野菜の日

8月31日は「野菜の日」ですね!

天候に左右される農作物が、利便性のために工業製品のように生産されることに
最近は何も抵抗が無い人が多いような気がしてならないのです。
こんなことばかり言っていると「いまさら何が・・・」と軽く一笑に付されるのでしょうが、
どうも収まりがつきません。

研究開発の成果として品種改良や効率的な栽培方法によって、市場に並ぶ農水産物も
以前と比べ様変わりしてきました。

最近頓に食育、食育とにぎやかになってきたことはいいことだとは思っています。
だけど、形ばかりに走り始めそうな気がして・・・
一度〈利害〉抜きに抜本的に考える必要性があると感じます。

天候不順の原因、環境破壊、それらについてもね

多額の経費をかけて、今の環境に対応できる栽培方法、品種改良。
乱暴な言い方をすると、〈臭いものにフタ〉ではないのでしょうか。

それと、何度もテレビで流れる〈一日に必要な野菜の量が350g〉
それがたった1本で摂取できるジュースがナショナルブランドからも出ていますね。
食品大手メーカーのみならず、農協さんからも(笑
栄養素の数字だけ追うとそれで帳尻が合うのでしょうが、根本が違います!

せめて地産地消、食育に力を入れているJAだからこそ、正しい食についてきちんと
引っ張っていって欲しいですね。




c0033992_123425.jpg
幸いここ北崎では、地元産の野菜を学校給食で使っています。
太陽の光を一杯に浴びた“北崎産かぼちゃ”も使われていました!

裏庭の南瓜、確かに3個は大きくなっていたのですが消えています。
どうしたんだろう? 苦瓜も小さな実を付けていたのにそれも・・・
まさか、今話題のあなぐま出没?!はたまたイノシシか!
こんなちっぽけな畑に出てきてもね~(爆




c0033992_1236297.jpg
雨で買い物ができなくても、保存の利く野菜だけの食事もいいものです。
〈車麩のから揚げ〉はご馳走にみえるので助かります(笑

揚げたてのから揚げにカイワレのせて、ポン酢をかけて~
見た目は“鶏のからあげ”そっくりですよね!









c0033992_1248865.jpg
子どもが家にいた頃には、夏の食卓に上っていた〈ピーマンの肉詰め〉
う~んと久しぶりに作ってみました!だけどお肉ではなく、大豆たん白で(笑
言われてみないと、食べただけでは解らないかもしれないくらいの上出来!
野菜だけでも豪華な食卓になりました~
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-31 12:51 | 〈食〉について考えてみる

沖迎え

c0033992_12144495.jpg
放送が聞こえなかったのですが、エンジンの音が聞こえてきたので港に向かいます。
たくさんの船が戻ってきていました!
鯛二艘の帰船時間の放送があるのですが、今日は白木神社のところのスピーカーからは
聞こえてなかったような?
c0033992_12145689.jpg
みなさん、てきぱきと働いていらっしゃいました。
c0033992_121510100.jpg
大きな鯛が揚がっています!りっぱですね~
c0033992_12161273.jpg

c0033992_12162170.jpg
「私、撮りに来たと~(笑」  「ハハハ、そうそう(笑」
「漁はどうですか?」 「今日は少なかったけん、早かった!」
「何か目新しい魚が揚がってないかなぁと思って写真撮りに来たとよ」
c0033992_12151796.jpg
ありました!ありました~!これは初めて見ます!
「これは何ですか?みかけはシャコみたいだけど・・・」
「これは“沖シャコ”って言うとよ。沖で獲れるのはこげんかふう」
普段見るシャコは茶色っぽいですが、沖にいるシャコはこんなピンク色。
もう茹でてるみたいですね~、それに大きいですよ、このシャコ!
「これ、おいしいとよ!」と教えていただきました!
ぜひ今度は食べてみたいで~す!(笑
c0033992_12152555.jpg
タコもいます!これも漁師さんのお宅のおかず!
タコしゃぶいいねぇ~、梅肉たれで(笑 ニンニク効かしてイタリアンもいいかも!
c0033992_12163157.jpg
大きな鯵がいました!
c0033992_12164081.jpg
「これは煮付けがおいしいのでしょう」「そうそう、小さかけんねぇ。大きかイカはあっち、刺身するとはあれ」
c0033992_12164954.jpg
これもおかず用の魚です。地元では毎日こんなお魚食べてるんですよね~
c0033992_12165827.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2006-08-29 12:32 | 西浦

2006年お魚まつり開催決定!

c0033992_13182046.jpg

北崎ファンの皆様、お待たせいたしました!
'05秋のおさかな祭りから早1年、今年も漁師さんたちがやっちゃいます!

開催日は10月8日(日)、会場は前年と同じく西浦浜です!
獲れとれのお魚が、いっぱい並びま~す!

FSUN資源循環プロジェクトは何がだせるだろう?
組長は職場の担当だし、保育園は行事で忙しいと思うし・・・

北崎を考える会と企画調整など、内容はこれから煮詰まって来ると思いますので
詳細が決まり次第、ご報告いたします!

とりあえず、開催日のお知らせまで~

既に2ヶ月きってるんだけど、告知は大丈夫なのかなぁ?農産物は・・・心配です(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-28 13:18 | おしらせ

お魚捌きましたよ~

c0033992_12574698.jpgさっそくいただいた鰤を、仮設住宅の台所をお借りして捌きます!
「私らそんな大きな魚は自分で捌いたことはなかもん」
「そうなんだ・・・」

浜では大きな魚を捌くのは男の人の仕事のようです。

内臓や骨は、堆肥にして土に戻すので新聞紙に包んで持って帰ります!
ですから、捨てるところは全くありません!



c0033992_12555996.jpg
頂き物の“薄皮饅頭”が入っていた蒸篭を再利用!
〈富山の鱒の寿司〉ならぬ、〈北崎の鰤の寿司〉を作ってみました!
お正月には妹のリクエストでよく作りますが、夏は初めて・・・
夏仕様でさっぱりと食べられるように、寿司飯には茗荷を漬けておいた甘酢を混ぜ、
茗荷もみじん切りにして混ぜ込んでいます。



c0033992_12371190.jpg
茗荷の葉っぱに包んだものも涼しげです!
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-28 12:47 | 〈食〉について考えてみる

防災訓練in小呂島

c0033992_12192266.jpg
仮設住宅で楽しくお茶していると、船が戻ってきた音がしました!
今日は福岡市の消防局が、小呂島に渡って訓練を行う日で、西浦からも水上消防団の
役員さん方10名近くが協力、4艘の船が出たようです。


c0033992_12193734.jpg

c0033992_12202913.jpg

c0033992_12205094.jpg

c0033992_12212415.jpg

c0033992_12213577.jpg
c0033992_1221486.jpg
訓練で使った荷物を降ろし終わった後、魚が積んであるのを見つけました!
「わぁ、どうしたんですか?」
「釣りながら帰って来たったい(笑」
「あはは、ウソ、ウソ。小呂島からのお土産たい(笑 巾着網で揚がったと」
c0033992_12222245.jpg
小呂島では昨日、トロ箱で2000箱も獲れたのだそうです!
c0033992_12223264.jpg
「喰うね?」「うん!!」「一匹分けちゃって良かかいなぁ」
c0033992_12224296.jpg
「これが一番脂がのっとるよ!」「捌ききるとね?」「はい、大丈夫です!」
c0033992_12225199.jpg
北通も一尾分けていただき、みなさんもそれぞれお家に持って帰られました!
ありがとうございました~

消防署の方には西浦の鯛のお土産!
西浦はほんとうに気前がいい(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-28 12:31 | きたざきの人たち

暑いですね!涼を求めて~

c0033992_1138556.jpg週末も相変わらず暑かったですね~
だけど昨日の雨で幾分ヒンヤリとした朝でした。
土曜のお昼、涼みがてら海のほうに行ってみました!
仮設住宅をのぞくと戸口は空いているけどお留守?
「は~い、こっちこっち!こっちにおるよ~」
恵比須さんの側の建物の影におばちゃんたちが3人!
みんなで涼んでいたのだそうです(笑

海からの風がとても心地よく、一日そこで過ごしたいほど。
しばらくおしゃべりしていると、お昼休みに日陰を求めて移動してきた車が・・・

その人たちに特等席を譲ってあげることに!(笑
「ちょっとお茶でもあがっていかんね」
「北通さんが来るなら私も寄るよ!」
ということで、急遽各自持ち寄りのホームパーティです(笑

c0033992_11435879.jpg
山形から届いたお餅とあんこ、おくらの胡麻よごしを絹ごし豆腐にのっけたもの。
ごうやの梅干と氷砂糖漬けがおいしくて好評です!
あんこ餅を食べてしまった後に気づいて慌てて写真を撮りました(笑
青い葡萄はマスカットではなく、高橋さんの青い巨峰です。



c0033992_1284558.jpg
「こりゃ、良かねぇ~ うちもこれば作ってみよう!」
これを教えてくれた、新宮町のみかん農家さんありがとうございました(笑



c0033992_1146228.jpg
お料理上手のみよこさんは、イカと南瓜を炊いて持ってきてくれました!
毎度のことですが、新鮮なイカはほんとうにおいしい(笑
街中のお店で買って食べられません!





だから、一度ここを出て子供さんと暮らした人達のほとんどが戻ってきよるもんね!
と、おばちゃんたちが言ってました。
「百姓さんから新鮮な野菜を貰うし、魚もある!ここで生まれたもんは他では暮らせんと」

参加者がもう一人増えて、またお菓子やなにやら、ずっと食べ続けておもう腹が一杯(笑

そうそう、それから話題は“お月見”に~

仮設住宅暮らしの記念に、持ち寄りでぱっとやりましょうかということで盛り上がります。
「すすき飾って、お団子備えてじっとお月様を眺めて・・・にぎやかなイベントもいいけど、
しっとり情緒を楽しむのもいいよね~」

「私がお団子作ってこう!三方も持ってくるけん」
「その頃はちょうど棟上かもしれんけど・・・」
「私は裏の畑の里芋を持ってくるつもり」
「猪が多かけん、食べられんごとしとかな!」

「場所はどこがいいかいなぁ」
「外にシートば敷いたらよかろうもん」
「老人憩いの家もよかね」
「あそこのお縁に飾ると雰囲気が出るね~」
「でもお月さんが見えるやろうか?」
「市場がよかかもしれん」
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-28 11:59 | きたざきの人たち

お地蔵様のクライマックス!

c0033992_11102677.jpg
お参りは10時まで続きました。昔からの慣わしで、提灯を海辺の砂浜に運び燃やします。
今年初盆だった各家々の提灯です。
お盆の間と、先日のお阿弥陀様と道元地蔵と3度使った提灯です。






c0033992_11105978.jpg
「さぁ、これからがクライマックスやけんね~」
昔は青年団が担当だったそうで、OBのかずお君が24年ぶりに参加(笑
育成会の皆さんの手際の良さに感心していました。

「懐かしかやねぇ~、これで夏もしまえた・・・」

「お正月はどんど焼きっていうけど、お盆のこれは何て言うと?」
「えっ!?・・・そりゃぁ、〈提灯焼き〉って言うったい(爆」
ふるさとに昔から続く大切な行事です・・・
c0033992_11463979.jpg










c0033992_11131234.jpg
段取りのよさを褒められた育成会の役員さん。
「今年は2回目やけんね~(笑」


「これって、大人の火遊びみたいでワクワクするね!(笑」 by北通





c0033992_1111153.jpg
記念撮影の皆さんの背景に青い光が見えますか?
写真では撮れなかったのですが、燃え盛る提灯の炎の中にところどころとても神秘的な
青い光が立ち上っていました。

「昔のほうがもっと青いのが出よった!それを楽しみにしよったっちゃん。今は少なかごたぁ」
「この青いのって、提灯の素材の影響かなぁ・・・」
「そうかも知れんが、俺たちゃ『仏さんが喜んどんしゃる』って言いよるったい!」

北通、あまりの美しさに感動しました!
この後何枚か撮ってみたのですが、二度と青い光は写りませんでした。
いろいろ詮索せずに、仏様が喜んでくれた!と思うことにしましょう(笑


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0033992_1135944.jpg
青い光が映った2枚目です。素敵な色でしょう~
実際はもっと青く、まるで優しく包み込むようでしばし、うっとりしてしまいました・・・












c0033992_11112494.jpg
みんなの顔が映るように近づきます。
みなさん、熱さをこらえてもらってありがとう!(笑







*木を燃やして発生するCo2の量と、山の木が自然に朽ち果て、土に戻るときに
排出する量はまったく同じだそうです。
ふるさとの風土に根付いた伝統行事ですから、目くじら立てずに大切に残して行き
たいものです。
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-25 11:44 | ふるさとのアルバム

お参りする人々

c0033992_1059542.jpg
c0033992_1045294.jpg
夜8時がお参りのピークだと伺っていましたのでさっそくこの時間に(笑
盆提灯がたくさん下がっていて、普段は静かな畑の横の細い道がとても
華やかで厳かで・・・
c0033992_10453940.jpg

「お地蔵様の顔が磨り減ってしまってますね~」
「そうそう、私がまだこげん小さな頃からお参り続いとるけんね~
お腹の痛いところやら、足の痛いところをこうやってさするったい!
昔はコンクリやなくて石ころがあったけんで、拾ってこうしようったと」

みなさん、手に線香を持って四所に祀ってあるお地蔵様をまわるのです。
c0033992_1045481.jpg
いきなりストロボで驚かせてすみません(笑
いつも北崎通信局をプリントしてくださっている娘さんとカネダイの奥さん!
c0033992_10455712.jpg
お参りを済ませたら、お茶とお菓子をいただきます。
c0033992_10461451.jpg
あっ!新婚さん~(笑
「あれ~、もう子どもができちゃったの?早いね」
「違う違う、まだまだ(笑」
おじいちゃんとお孫さん夫婦とひ孫さんの4世代?!2代目のたまよさんとせんじさんがいない(笑
c0033992_10462278.jpg
線香の煙がかぶさったのでもう一枚(笑 さっきのほうがお爺ちゃんの笑顔がいいなぁ!
c0033992_10463189.jpg
「浜の人たちがどどっといっぺんにくるけんね!
船に乗る人たちは命に深く関るけん、お祭りにはこうやってきちんと参られるったい」
お参りに見えた方が教えてくださいました・・・
c0033992_10464093.jpg
家族揃ってお参り!夏休みのいい思い出になりますね~
大きくなってもきっと心に焼き付いているのでしょうね(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-08-25 11:03 | ふるさとのアルバム