北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 48 )   > この月の画像一覧

今年も無事に過ごすことができました

c0033992_2344854.jpg
西の海岸線に沈む太陽を
見ながら一喜一憂した1年
でした。
これまで水平線に沈む太陽
見るなんて事、1年のうちに
一度あるかないかでしたから。
だけど最近は海岸線に落ちる
前に、厚い層のあやしい大気
に隠れてしまうお日様ばかり。
感動的な真っ赤な夕焼けも、
熱帯地方のような色の雲。
とても胸が痛みます・・・
2006年過ぎ行く年の〈心の
ふるさと北崎〉の日没です。
当たり前のようにこれからも
ずっとこの景色を眺めたい・・・

おかげさまで今年も無事に過ごすことができました。
心から天に感謝いたします。


あともう少しで〈除夜の鐘〉です。
日刊こよみのぺージによりますと、除夜の鐘は 108回撞かれる。
眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに苦楽・不苦・不楽が
あって18類、この18類それぞれに浄・染があって36類、
この36類を前世・今世・来世の三世に配当して 108となり、
これは人間の煩悩の数を表すとされている。
また、月の数12、二十四節気の数24、七十二候の数72を
足した数が108となり、1年間を表しているとの説もある。


c0033992_23152012.jpgc0033992_23154296.jpg
c0033992_23145937.jpg
鐘といえば蘇州の〈寒山寺〉が有名ですね。
栄西が開山した〈東林寺〉と〈徳門寺〉も同じ
臨済宗のお寺です。
鐘を鳴らすことは中国の宋の時代に起こった
ものでその打ち方は『勅修清規』に
「慢(よわく)十八声、緊(はやく)十八声、
三緊三慢共一百八声」と記されています。
c0033992_2330461.jpg

お寺さんに行けない方のために、こちらで除夜の鐘を聞いて
みてはいかがでしょう!(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-31 23:24 | ふるさとのアルバム

あともう少しで・・・

c0033992_22461960.jpg
浜の水防もすっかりお正月支度が終わっていますね。
今年もあと1時間で日没という頃、西浦浜から小田の
八尋なつこさんのお宅に伺いました。
いつもお世話になっている組長が、新築のお祝いに
〈越の寒梅〉をお届けに~

c0033992_22513470.jpgc0033992_22515563.jpg
出迎えてくれたのは鶏さんとご主人でした(笑c0033992_22524058.jpgc0033992_2253614.jpg
ちょうどそこに戻ってこられたなつこさん!
ご挨拶ができてよかったです(笑
「もう何も残っとらんけど、これ持って行きませんか!」
「出掛けに庭のかつお菜を摘んだら1回分しかないのでどうしようかと
思っていたところでした」

と、まぁこんな具合に北崎的物々交換で今年も無事に終わるようです(笑
みなさん、ほんとうにたくさんの産物を頂戴いたしましてありがとうございました。
来年も楽しく〈北崎的物々交換〉をエンジョイさせてくださいね~
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-31 23:06 | ふるさとのアルバム

花もたくさんいただきました!

あちこちからたくさんのお花をいただき、北通オフィスはまるで花屋さん!(笑
さすが花の町です。
早々に〈千両〉をいただいていて、今年はとても華やかです。
さらに三抱えほどいただいたので、せっせと宅配してきました。
色とりどりの菊にバラ、百合・・・
お店で買えば優に1万円以上はしますね~
ほんとうにありがたいことです。
昼過ぎにうめかさんが、大きな竹を抱えて持ってきてくださいました!
ほんとうにりっぱな花材です。
玄関の大きな花生けにちょうどいいだろうと!
今年は14本こしらえて、全部無くなったとのこと。
大振りの松と梅の枝をいただいていたので、これで松竹梅が揃いました。
まるでお商売のお家みたいに見事な正月の花が揃いました~

しかし、部屋の片づけが終わっていない(笑
一日でティッシュボックスが空っぽになりました。
あぁ~、これで何回言い訳したんだろう~(爆

c0033992_1583626.jpg
うめかさんがお花を生けてこられた
梅屋さんにお邪魔してきました。
立派な門松が玄関の両脇に飾って
ありました。
奥さんが玄関の拭き掃除をなさって
ました!
「お花の写真を撮らせてくださ~い!」

c0033992_15131366.jpg

c0033992_15144631.jpgc0033992_15154310.jpg
玄関とロビーと大広間に生けてありました。↑これと同じくらいの大きな竹です!
c0033992_15174163.jpg
「たった今、畑から獲って来たばかりの
無農薬の白菜持っていきませんか?
いただきものやけど・・・」
「ありがとうございま~す!遠慮なく・・・」
「防災訓練の時、うちのが出とったとを
見ましたよ!」

こんな風で、おせちもまだ作っていません(笑
師走の西浦はお正月準備でとても華やいで
います。
こんな年の暮れ、素敵です。

こんなにウキウキしたのはずいぶんと久しぶりのことです。
でも、北崎で一番散らかしているお家は北通なんでしょうね~
三が日でぼちぼちお片づけしましょうか!?(笑



[PR]
by hanataikoku | 2006-12-31 15:25 | ふるさとのアルバム

東林寺の唐梅

c0033992_12123769.jpg
昨日ご挨拶に伺った東林寺さんで、
大振りの“唐梅(蝋梅)”の枝を頂いて
帰りました。
帰りしなに写真を撮っていると・・・

奥様が手にのこを持って追いかけて来て下さいました。
「良かったら、蝋梅を持ってお帰りになりませんか?」
「とっても嬉しいです!」
原産地は中国のこの蝋梅、とても良い香りがします。
花びらは触るとまるで解けてしまいそうに透き通っています。
花言葉は〈ゆかしさ、慈しみ〉です


c0033992_1213457.jpg
その小枝をお正月の箸置きにするために、チョキンチョキンと
長さを揃えました。
大振りの枝は松や千両と一緒に生けます。
きっといい年になりそうな・・・(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-31 12:29 | きたざきの花

いよいよ大晦日です!

c0033992_11262161.jpg
風邪がだんだんひどくなってきました~
お正月はこのまま寝込むのでしょうか?(笑
ファンヒーターの影響だと思いますが、咳と
鼻が止まりません。
声もかれてきた~。熱が低いのが救いです
前置きが長くなりましたが、北崎の歳の瀬
リポートもいよいよ佳境に入ってまいりました!

北崎の人の魚の買い方に注目です(笑
場所はいつもおなじみ、西浦のカネダイさん。
お嬢さんたちもお手伝いです!
写ってるお嬢さんは二人で、奥の方に見える
のはカレンダーですから悪しからず(笑

c0033992_11322977.jpg
今日だけで活け絞めの〈かんぱち〉50本が
残すところあと僅かです!
普通の土地の魚屋さんだったら当たり前
かもしれませんが、ここは漁師町!
おまけに昨日は久しぶりに漁がありました。
そして、“お雑煮用のアラ”は別注文。
思い出しますね~、子供の頃。
我が家はブリでしたが、軒下に一尾ぶら
下げてありました。
ある日気づくとそれが無い!
猫に盗られていたんです~(泣
それから私は大の猫嫌いに・・・(爆


c0033992_1138687.jpgc0033992_11382027.jpg
注文した人の名前がそれぞれ書いてあります。

c0033992_233522.jpg
c0033992_123273.jpg

それから“西浦の雑煮”に欠かせないのはサザエ~
とってもいい上品なお出汁が出ますからね!
北通も6個ほど購入~(笑
昨日はイカや“絶品しめ鯖”も並んでいました。
お昼で店じまいです!

[PR]
by hanataikoku | 2006-12-31 12:18 | ふるさとのアルバム

歳の瀬の北崎では・・・ ③

c0033992_22253586.jpg

c0033992_22263571.jpg

大晦日の11時45分から畑中の徳門寺さんで
〈除夜の鐘〉をつかせていただけます。
その後、三所神社にって流れでしょうか?

c0033992_22281046.jpg
c0033992_22254938.jpg

ご挨拶が終わって帰る頃、数組の檀家さんと
すれ違いました。
みなさん手に風呂敷を・・・
中には一重ねのお餅と橙が入っています。
仏様にお供えをなさるようです。
北崎のお歳取の様子、明日も楽しみです。
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-30 22:37 | ふるさとのアルバム

歳の瀬の北崎では・・・ ②

お正月の用意が終わった唐泊漁港c0033992_20525739.jpg
東林寺さんc0033992_20451459.jpgc0033992_20452670.jpg
願海寺さんc0033992_20454376.jpg
三所神社c0033992_20455221.jpgc0033992_20463641.jpg
c0033992_20465244.jpg
c0033992_2047385.jpg

除夜の鐘が鳴り終る元旦零時より
〈元旦祭〉があります。
みなさんお出かけくださいね!
c0033992_20472384.jpg
c0033992_20473761.jpg


三所神社にウルトラマン現る!?
小呂島の学校の先生が書かれた
特大の絵馬でした~(笑
7月の山笠で使われたものだそうです!
c0033992_2047495.jpg


零時から二時まで神社境内で
行われます。

[PR]
by hanataikoku | 2006-12-30 21:06 | ふるさとのアルバム

歳の瀬の北崎では

c0033992_19222016.jpg
小田の横山あさよしさんの
お宅におじゃましました!
そうです、〈お餅搗き〉を
やってるという情報いた
だきました~
今日は北崎のあちこちで
ぺったんぺったん、お餅
搗きが行われています!(笑

c0033992_19295763.jpg

お昼ごろ、浜で久しぶりに会ったさっちゃんに、日向ぼっこしながらの
おしゃべりの中で教えてもらいました。
「お飾りは朝早くか潮が満ちる時にせないかんとよ」
「ふ~ん、そうなんだ・・。そしたら今日は何時になる?」
「11日の月やけん、3時ころやねぇ~」
31日の一夜飾りは縁起が悪いということだけは知ってましたが、潮の
満ち引きとお供えのことは初めて知りました!

c0033992_1931497.jpg
「こんにちは~」「いらっしゃ~い!」
思っていた以上にたくさんの人がいました。
「写真撮っていいですか?は~い、こっち向いて!」
「わぁ~、今日はすっぴんやけんね!」
「餅とり粉があるんで急いで塗りますか?(笑」

c0033992_19325847.jpgc0033992_19331925.jpg
c0033992_19341319.jpgc0033992_19344880.jpg
横山家では、ずいぶんと昔から大所帯でお餅つきをして
いらっしゃるそうです!
今年は80キロに減らしたけど、昨年までは100キロ搗いたのだとか!
「まるでお餅屋さんみたいですね!」
「そうたい、うちは餅屋やもん(笑」
この日も朝9時過ぎから夕方まで延々とお餅つきパーティが続きました。

c0033992_19451820.jpgc0033992_1947149.jpg
c0033992_194735100.jpg
c0033992_20224983.jpg

小学1年生のまさきくんもちゃんと
お手伝いしています(笑

c0033992_1947448.jpg

c0033992_19521751.jpg
「僕も搗きたい!」
大きな杵を振りかざして~
c0033992_19523175.jpg
自分の身長と変わらない杵で
上手に搗いています!
c0033992_19525024.jpg
唐泊漁協から届いていた牡蠣!
熱々をいただきました~
搗きたてのお餅に、冷たいキムチが
この焼き牡蠣があうんですね~(笑
c0033992_19585671.jpg
毎年恒例の〈まぐろの兜焼き〉、来年はしっかり取材させていただく
お約束をしてきました~

c0033992_2033517.jpg
紫芋のあんこ餅、たいへん
おいしゅうございました!
お土産までいただきまして
ありがとうございます。
皆様ど~ぞ良いお年を!
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-30 20:04 | ふるさとのアルバム

これで最後です!恵比寿かき

c0033992_2150108.jpg
900gの恵比寿かきのボイル剥き身を全量使い切ってしまいました!
“花椒”と“唐辛子”がピリッときいた中華風の〈牡蠣の佃煮〉です。
お粥と一緒に食べるといい雰囲気です~(笑
これは是非おすすめですね~
日本の山椒の実を使うと和風になると思います。

c0033992_21502033.jpg
こちらは、西浦や唐泊で作られる“鯛めし”のように作った〈牡蠣めし〉
牛蒡の笹がきと牡蠣を酒とお醤油で炊いたものを、炊き立てのご飯に
混ぜます。
牡蠣の茹で汁もたっぷり使いました。
いわゆる“混ぜご飯”ですが、これもありかなぁ?(笑
トッピングに焼き海苔を乗せましたが、針生姜が合いそうな感じ・・・
もっと作れそうですが、来年のお楽しみということにしましょう!
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-29 22:01 | 唐泊

玄海の数の子

c0033992_1713071.jpg
それから忘れちゃいけない“のうさば”です!
軒先にぶら下げておいてカッチンコッチンに乾燥しました~
お湯をかけて、いわゆる“さめ肌”のザラザラをこそげ落とします。
これも根気の要る作業です。
(またお部屋の片づけができなくなりました)

コラーゲンの固まりのさめの干物です。
ザラザラをきれいに落としたらクッキングはさみでチョキチョキ。
みりん、酒、醤油、唐辛子と、メカブ茶と一緒に漬け込みました!

c0033992_17192351.jpg
調味料を吸って、しっとりねっとりのおいしい酒の肴になるのです。
レレッ?カネダイさんにいただいたのと味が違うぞ・・・
初めての“のうさば”にチャレンジでした!
[PR]
by hanataikoku | 2006-12-29 17:28 | kitazaki的養生料理