北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 01月 ( 59 )   > この月の画像一覧

西浦線

c0033992_21383088.jpg
宮浦からバスに乗り込んだのは
10人弱(笑
「いつもこんなに多いといいですね」
じゃんけん大会の余韻も残っていて
バスの中が華やいでいます!
c0033992_21385781.jpg
「木下さん(病院)から5人も乗ったら、
今日は多かねぇって言いよったい」
c0033992_2139828.jpg
さぁ、終点の西浦につきました。
バス停3つで180円也~(笑
c0033992_21402171.jpg
北通はお花を買いに大門屋さんに寄ります。
皆さん揃ってカネダイさんへ~
追いつきました。
夕ご飯のおかずのお買い物ですね!
c0033992_21404186.jpg
「今夜のおかずは何ですか~?」
「煮付けにしょうかと思って・・・」
「魚屋があるけん助かるったい」

c0033992_221586.jpg
「お刺身1000円分ばかし作って~」
「あいよ!」

皆さんそれぞれお魚を下げて家路につかれました!
今日は半日、お疲れさまでした~(笑

c0033992_21591563.jpgc0033992_21592597.jpg
大門屋さんでは子供たちが駄菓子を買っていました(笑
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-31 21:54 | 西浦

北崎成春倶楽部リポート!

29日午後1時半から第8回北崎成春倶楽部が盛大に開催されました!
当初申し込みの人数を大幅に超える盛況ぶりに驚きの北通です(笑

テーマは昨年に引き続き、「北崎よかとこ再発見パートⅡ」
サブテーマは「子供たちへ伝えたい北崎の歴史」
講師の高橋文二さんは〈北崎を考える会〉元会長です。
62年前まだ北崎村だった頃、代用教員として小呂島に赴任していた
頃のお話から始まりました。
終戦を目前にした8月5日、人口200人の島は空襲で18世帯が全焼。
軍事施設があったので狙われたのですね。
さぁ、これから島をどうしよう・・・
燃え残った家から蚊帳や七輪を持ち出し、山の上に蚊帳を吊って寝起
きしたという体験をお持ちです。
それからまもなく終戦、島から船を仕立てて120人が北崎に疎開。
今の海釣り公園の隣辺りだそうです。
その後、9月18日の大台風で島の学校などすべて壊れてしまいます。
残った兵隊の宿舎に公共施設をすべて移したのでした。

「あたきゃぁ、そん時ゃぁまだ嫁入りしとらんやったやぁ~って思うとろ?」
博多でも使う人が少なくなった古い言葉で面白おかしく話してくれます(笑
北崎に伝わる年中行事についてお話がありました。
北崎にはほんとうにたくさんの行事があるのですね~

c0033992_1357073.jpgc0033992_1357369.jpg
c0033992_1358386.jpgc0033992_13584831.jpg
c0033992_1359228.jpgc0033992_1359375.jpg
c0033992_1403055.jpgc0033992_1404217.jpg
c0033992_1514246.jpgc0033992_15144644.jpg

文二さんは最後にこう締めくくりました。

「町内の行事というのは神様を中心にして人間の和を作るものでした。
行事を通じてみんな仲良しになる!長生きして平和に暮らしましょう!
ということでっしょ?
決して宗教では無い。北崎に神社仏閣が多いということはそういうこと。
こげんか集まりばして仲良う暮らしよるとばい!
弱か人も助けおうて行こうと、みんなの家庭で話しばしてください。
今、世間では辛いニュースばかり・・・
私たちは孫たちにいかに人の命が大切かと言うことを伝えて行こう
ではないですか!」



  
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-31 16:21 | きたざきの人たち

恒例のくじ引きです!

講演の後はおいしいお汁粉!
そして皆さんお待ちかね高齢恒例の〈くじ引き〉で~す(笑

c0033992_15152540.jpgc0033992_15153582.jpg
c0033992_1516536.jpgc0033992_1516181.jpgc0033992_1515506.jpg
c0033992_15171764.jpgc0033992_15172715.jpgc0033992_15174777.jpg
c0033992_1518578.jpgc0033992_1521211.jpgc0033992_1522181.jpg
c0033992_15222521.jpgc0033992_15223848.jpgc0033992_15225860.jpg
c0033992_15235317.jpgc0033992_1524689.jpgc0033992_15242012.jpg

c0033992_15331722.jpgc0033992_1534692.jpgc0033992_15353578.jpg
c0033992_15355861.jpgc0033992_15361195.jpg
c0033992_15371349.jpgc0033992_15373437.jpgc0033992_15374581.jpg
c0033992_1538851.jpgc0033992_15381913.jpgc0033992_15384185.jpg
c0033992_1539057.jpgc0033992_15402879.jpg
昨年もバックがあたりましたね!
今年も大当たり~
高額商品ゲットで~す(笑

さぁ、ここからはじゃんけん大会です!
みなさん気合が入っていますね(笑

c0033992_16584815.jpgこんなに元気に動き回っている
きはちろうさんは初めて見ます(笑c0033992_16591376.jpg
c0033992_16592976.jpg
JA賞は寿司海香の奥さんでした~
「なんやぁ、お前が当てたとか?」
「・・・・・」
ハハハ、ご夫婦仲がよろしいことで(笑

c0033992_16595848.jpgc0033992_1703233.jpg
c0033992_1704883.jpg
もうひとつのJA賞はうめかさんでした~
「うれしか~、抹茶豆乳好いとっちゃん」
c0033992_1711015.jpgc0033992_171261.jpg
最後は会長賞です!みなさんのボルテージも最高潮(笑c0033992_1732035.jpgc0033992_1733198.jpg
c0033992_1734712.jpg
会長賞、見事ゲット!
おめでとうございま~す(笑


「あ~、ほんとに楽しかったね~」
みなさん本当に心から楽しそうに帰って行かれました(笑

c0033992_17195754.jpg
ちなみに北通は6倍拡大のルーペでした(笑

*地元以外の方には画像が多くて失礼いたしました~
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-31 16:20 | きたざきの人たち

葉っぱのついた人参

c0033992_1495921.jpg

最近気づきましたが、葉っぱの付いた根菜をいただくとなぜか無条件に
喜んでいる自分がいること(笑
なぜなんでしょうね~
それはやっぱり飛びっきり新鮮だということと、滋養がたっぷりだから
体が喜んでいるのかなぁ・・・

ということで、この日もこれまた新鮮な人参をいただきました!
桜井にタバコの播種に行った組長が、同姓のはらださんから頂いた物。
ありがたい、ありがたい!
しばし、すばらしく新鮮な人参に見とれていました(笑

c0033992_157304.jpg
こういうこともあろうかと、大事に取っておいた先日の〈蛸のやわらか煮〉
煮汁と、蛸の足1本で〈蛸飯〉を作りました~。
〈蛸のやわらか煮〉はお土産にしちゃいましたので、取っておいたのです。
頂いたばかりの人参をガリガリと鬼おろしで下ろして一緒に炊き込みます!
炊き上がりに、細かく刻んだ人参の葉っぱを混ぜて出来上がり。

c0033992_1555417.jpg
酢だこを切って、人参、りんごにきゅうりを、
これも鬼おろしで下ろした大根で和えました。
あっという間に一品出来ちゃいました(笑


精進出汁で人参とお揚げさんだけの“人参飯”もおいしく出来ましたよ!
濃い目のお醤油味がいいようです。

*竹で出来た〈鬼おろし〉、とても重宝します!
  樹脂製なら100円ショップでも売っていますのでお奨めします。

蛸飯のレシピは明朝にでも・・・
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-31 00:34 | kitazaki的養生料理

地蔵揚げと辛味大根

c0033992_0195666.jpg
よしとさんご自慢の“辛味大根”と、天ヶ瀬の〈地蔵揚げ〉
シンプルに醤油をかけていただきました~
普通の油揚げの厚みの3倍はあろうかというこの油揚げ!
煮ても焼いてもおいしいんですよ~

北崎公民館の料理の後、主事さんにも一本おすそ分けしました。
「主事さん、辛味大根いりませんか?」
「北崎でも“辛味大根”作りよんしゃぁ人がおったんですかぁ」
「は~い、ちゃ~んと作りよんしゃぁとですよ」
「うれしいなぁ!ありがとうございました」

通好みの“辛味大根”、知る人ぞ知る、の北崎の自慢の一品です。
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-30 23:58 | kitazaki的養生料理

この子達も宝物・・・

c0033992_228664.jpgc0033992_2291268.jpg
c0033992_2294879.jpgc0033992_221052.jpg
c0033992_22102645.jpgc0033992_22104098.jpg
c0033992_22105377.jpgc0033992_2211185.jpg

宮浦のバス停でバスを待つ間、子供たちと二言三言(笑
同じくフェンス越しに子供を見ているおばあちゃん!
「うちの孫がおりますと・・・」
寒風の中でも子供たちは元気でした!
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-30 22:11 | こどもたち

きたざきの宝!

c0033992_18335384.jpg
先日北崎公民館で大根料理のお手伝いをしているお隣の部屋で
小さな子供さんを抱いている若いお母さんたちに会いました!
幼児検診だったようです。
ふるさと北崎の大事な宝物の子供たち!
若いお母さんに出会う機会がなかなか無いので、思い切って声を
かけました~(笑
そしたらなんと、お世話になってる高杢さんと水上さんのお宅では
ないですか!
お父さんやお母さんとはお話しする機会は多いのですが、なかなか
次世代の方とはチャンスがね~
これからはぜひもっとお話しましょうね!これからもよろしく~(笑
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-30 18:41 | こどもたち

北崎成春倶楽部

c0033992_11551845.jpg
本日午後1時半より、JA北崎支店2Fで〈成春倶楽部〉です!
講師は昨年と同じく、郷土史家の高橋文二さん。
昔から行われている北崎校区の行事についてお話いただき、
そしておじいちゃんおばあちゃんが子供たちに伝え残そうと
いう主旨です。
北崎では小中学校の取り組みで、大人よりも子供たちのほう
が郷土の歴史については詳しいのですけどね(笑

いつの間にか消えてしまうふるさとの行事。
その一つ一つに、大切な意味があるのです。
すべてのものを復活させることは難しいですが、大事に語り
継ぎ残していく事はとても大切なことです。
あまりにも歴史が古すぎて、その行事の本来の意味を語れる
世代の方がすでにいなくなっている行事もあります。
年々減少していく人口、進む高齢化。
お年寄りの大切な思い出を、北崎の歴史とともに残せれば
とても素敵だとは思いませんか?
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-29 11:58 | おしらせ

大根の皮のキンピラ

c0033992_1433550.jpg
これでもかというほど大根ネタが
続きます(笑
北崎大根の消費拡大のために、
ご協力お願い申し上げま~す!

c0033992_1435036.jpgご要望にお答えして、“大根の皮のキンピラ”の
作り方をご紹介します。
作り方はいたって簡単!
ふろふきやおでんの時に厚く剥く皮、
もったいないでしょ!
それを捨てずに使うんです。

c0033992_1441185.jpg繊維にそってザクザク切って
いきます。
大根一本分でもそんなに
たくさんではないですよ。
浜では青いところは捨てる
と聞いたことがありました。
このキンピラは、青いところ
もとてもおいしいですよ!
c0033992_1442318.jpg
ごま油かサラダ油、お好みの
油でざっと炒めます。
お好みで唐辛子を入れて・・・
調味料は醤油とお酒だけ!
大根の甘みが強いので、醤油
だけで十分おいしくなります。
お酒と大根の水分でお好みの
硬さまで火を通します。

c0033992_1422326.jpg仕上げに胡麻をふって出来上がり!
ねっ、とっても簡単でしょ!(笑
これが大根の皮?という感じに
仕上がりますよ。

[PR]
by hanataikoku | 2007-01-28 14:23 | kitazaki的養生料理

季節の花

北崎は花の町。
季節を知らせる花について「暦のこぼれ話」に書いてあったものを
転載します。俳句の季語などで良く使われる花の名前ですね。
*****************************************
■二十四番花信風 (にじゅうしばんかしんふう)
冬至の後の二十四節気(にじゅうしせっき)、「小寒」から春の
終わりの「穀雨」の季節に、それぞれの時節に咲く花を知らせ
る風のことを二十四番花信風と言います。

小寒から穀雨までの節気は 8、それぞれの節気に咲く花が
3種類ずつ配され、二十四種類の花の名が列びます。
ちょうどこの期間の七十二候(しちじゅうにこう)に一つずつ
配される格好です。

それぞれの花は俳句の季語として採り上げられるなどして、
暦と季節を結びつける役割を果たしてくれていますので採り
上げてみました。
以下に、二十四番花信風の花と、それぞれの時期を対応す
る七十二候の日付で並べてみましたのでご覧下さい。
難しい文字も多いですので読みにくいですが、そこはご勘弁
下さい。

なお、七十二候の日付は今年(2007年)のものです。
年によっては1日位ずれることがありますが、充分参考には
なると思います。

 ・小寒
    1/06 梅
    1/11 山茶(椿)
    1/16 水仙
 ・大寒
    1/20 瑞香(沈丁花・じんちょうげ)
    1/25 蘭
    1/30 山礬(灰木・はいのき))
 ・立春
    2/04 迎春(黄梅)
    2/09 桜桃(山桜桃・ゆすらうめ)
    2/14 望春(辛夷・こぶし)
 ・雨水
    2/19 菜(菜の花)
    2/24 杏
    3/01 李
 ・啓蟄
    3/06 桃
    3/11 棣堂(山吹)
    3/16 薔薇
 ・春分
    3/21 海棠
    3/26 梨
    3/31 木蓮
 ・清明
    4/05 桐
    4/10 麦
    4/15 柳
 ・穀雨
    4/20 牡丹
    4/25 荼靡(頭巾薔薇・ときんいばら)
    4/30 楝(栴檀)
[PR]
by hanataikoku | 2007-01-28 13:55 | きたざきの花