北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

バナナペーパー

c0033992_2210276.jpg

連日の暑さで、買っておいたバナナがあっという間に完熟!
熟れすぎるとなんだかポソポソしておいしくなくなるのです。
そこで、久しぶりに“バナナのフリット”を作ってみました。
なかなかおいしいではないですか!
一本しかなかったので、今回はおすそ分け分はできませんでした(笑
c0033992_22103658.jpg

ふわふわカリッの皮の中は、熱々のバナナがクリームみたい~!
しかも、すっごく甘~い
右側のソースみたいなのは“冷たい小豆煮”
これつけたら一層甘いのでパス!(笑


このバナナ、実は〈地球温暖化防止対策〉の優れものなのです!
その名もバナナプロジェクト!

*****************************************************

バナナで紙を作りましょう!
木は切りたくない。でも紙は使いたい。
そこに現れた救世主がバナナです!!


Q:「バナナの木は切っていいの~?」

A:バナナは木ではなく草なんです。数ヶ月で伸びては実を
つけ、枯れてはまた新しい芽をだす草なんです。100kg近い
実をささえるバナナの茎には紙に有効的で上質な繊維がたく
さんふくまれているので紙としての条件はバッチリ!

世界125カ国で生産されているバナナの茎で紙を作れば、
なんと世界の紙をすべてまかなえちゃう計算になるんです♪

しかも!!紙の元となるパルプを作る工程ではあれこれと
いろいろ化学薬品を使うのが一般的なのですが、埼玉に
ある『優良パルプ普及協会』さんが開発した『紙造くん』を
使うと無薬品無加熱、水だけでパルプを作れちゃう。

バナナプロジェクトでは、原料だけでなく工程にも地球に
やさしいものを使っていきたいと思っています。

******************************************************
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-31 22:28 | 地球温暖化対策

夏だ!今年もサンセットライブ

c0033992_13322455.jpg
日本中が待っていた!
北崎・西浦にあるビーチカフェ・サンセットがお届けする〈サンセットライブ〉
会場は同じ糸島半島の芥屋海水浴場。

8月31日、9月1日、9月2日の3days!

初日のアーティストをざざっと並べてみました。
(全出演者は公式サイトでご確認くださいね)

13:00 - 21:00

SOIL&“PIMP”SESSIONS

THEATRE BROOK

TOKYO MOOD PUNKS
   リリー・フランキー
   富澤タク a.k.a遅刻(グループ魂)
   笹沼位吉(SLY MONGOOSE)
   松下敦(ZAZEN BOYS)
   松田“chabe”岳二(CUBISMO GRAFICO)

Jazztronik
Leyona
Tomoyuki Tanaka(Fantastic Plastic Machine)
マボロシ
cro-magnon
ZAZEN BOYS
犬式(a.k.a.Dogggystyle)
KOHEI JAPAN
SPECIAL OTHERS
アナ
Rustic pans

ずらっと並んでいる中で、あっ!といえるのはTOKYO MOOD PUNKS
リーリー・フランキーだけ!?ううっ(-_-;)
でもね!昨年はいくつか知っていたんですよ~(笑

時代が変わりました・・・・・
だって最後に行った屋外ライブはサマーピクニックだったんだもん
まだ子どもが小学生(笑

いえいえ、もうひとつありました!
西方沖地震のあった直後に、サンセットさんが招待してくださった
北崎の西浦の海が会場でのチャリティ・ライブ。
お店も相当な被害にあっていたにもかかわらず、地元の方たちを招待
してくださり、素敵な時間をすごせました。

今回のライブ会場でも、オリジナルのエコタンブラーの売り上げから、
中越沖地震の義援金として使われます。

会場の飲食で使われる食器もリターナブル、会場中がエコ、エコ、エコ!


“あいのり”掲示板って言うのがありますが、これはホテルや旅館が満室
でキャンプする人や足がない人たちがお互いに情報交換してあいのり
しましょうっていう連絡とりあっているコーナー。

飛行機やバスのパックツアーまで販売されています。

最初の頃は北崎で行っていたサンセットライブ、こんんなに大きくなりました~
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-31 13:49 | おしらせ

お寺で素食

c0033992_18362997.jpg

風光明媚な北崎ですが、おいしいお魚料理を食べさせてくれるお店は
ありますが、街中のように簡単なお昼ご飯というのが思うようにはいき
ません。
数軒あった食堂も、お店を閉めています。
そうなると必然的にお家ご飯。
作ったおかずを小さなお重に詰めてお出かけです。

この日のメインは、東林寺の奥様の自慢の糠漬け!
胡瓜は地元で採れた“四葉胡瓜”です。
香取先生は初めてだったスーヨー胡瓜、大変好評でした。
c0033992_1848388.jpg

南瓜の煮物と、白滝の金平に、椎茸入り玉子焼き、大豆蛋白の竜田揚げ。
そして冷たい心太に庭先の茗荷。
c0033992_18365135.jpg

ご飯はいまや定番化してきた〈西浦のひじき〉で炊いたご飯。
c0033992_1837968.jpg

冷たく冷やした高野豆腐の煮物も・・・
東林寺のお二階のお部屋から博多湾を眺めながらいただきました。


常備できる乾物がメインですが、身体に優しいお昼ごはんになりました。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-29 19:07 | 唐泊

初めての水墨画

c0033992_16433740.jpg

そうなんだ!墨と水で水墨画・・・
知っているようで知らなかった~
一筆で墨の濃淡だけで表現することの楽しさを教えていただきました。
書き込むのではなくて一筆ですから仕事が速い!

顔料や染料の中でもっとも粒子が細かいのが墨だと教えていただきました。
硯と墨の扱い方から丁寧にご指導いただきます。
墨をするところからすでに〈水墨画〉が始まります。
c0033992_1644010.jpg
たった一本の丸い筆で、水と墨とでいかようにも表現することができるだなんて・・・
子どもの頃のお習字の時間は逃げていた北通です。
いまだに筆のトラウマがあるようです(笑
それを克服しようとお習字を始めてみようと思い、それならば〈写経〉だったら
一人で練習できる!
お経を写すならその意味を知らないとおかしいなと、本屋さんで般若心経の
本を買いあさりました。
そちらのほうが面白くなり、お習字は後回しに(笑
c0033992_1644115.jpg
筆の使い方できれいな濃淡を表現できることを目の当たりにして感激です。
まさしく水と墨のグラデーション
字は苦手だけれど、絵は好きなんです。
あぁ~、この子どもたちみたいに早い時期に香取先生に出合っていたならば
私の人生感は大きく変わっていたかも知れませんね~
もっと楽しく筆を操っていたかもです(笑

しかし香取先生が本格的に水墨画を始められたのが46歳の時。
その10年後に大ブレイク!
今では世界で一番大きな水墨画の組織のトップで、諸外国から招聘されるの
ですよ。
もちろん、環境や背景がまったく違いますけどね!
でもいつから始めたとしても、それはハンディではないということです。
c0033992_16445525.jpg
c0033992_1645524.jpg
大人でも難しいといわれる“竹”にチャレンジ
子どもたちの目がキラキラと輝きます!
c0033992_16453382.jpg
c0033992_16454875.jpg
この竹は、筆ではなく“ハケ”で書かれたものです。
障子張りのときに使うあのハケです。
こんなダイナミックなものが書けるのですね。


趣味としての水墨画をなさる方たちの人口が年々減ってきています。
中国から伝わった水墨画ですが、今では日本ならではの繊細さが加わり、
その評価は本家を凌ぐほどになってきたそうです。

その日本で新しい息吹を吹き込まれた水墨画(墨彩画)をもっと世界に
広めたいとおっしゃる香取先生の思いが伝わってきます。

先生のお教室は、そんな水墨画の講師を一人でも多く育てて海外で活躍
してもらいたいというものなのです。

金沢のお教室では、お料理屋さんのオーナーや、陶芸家の方たちが作品の
絵付けのために学んでいらっしゃいます。
また東京でも留学生の方たちがしっかりとお稽古を積んで、本国に戻った
時にお教室を持って指導できるようにと頑張っいるそうです。
c0033992_1804864.jpg

北崎で先生にご指導いただけるようになりますと、高い目標を持って
のぞみたいものです。
「水墨画といえば北崎と言われるように頑張ってみませんか!
文化で町興しができるのですから」とおっしゃった先生の言葉がずっと
残っています。


はるか昔に大陸から多くのものが入ってきましたが、これからはこの
小さな町〈きたざき〉から、多くの文化大使が世界中に旅立って行くの
かも知れませんね・・・

香取先生に直接ご指導いただける人間はそう多くはありません。
すばらしいチャンスをいただきましたので、その意味を深く受け止め
今後につなげていければと思います。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-29 16:51 | 畑中

金魚と蟹

c0033992_1595763.jpg
c0033992_15103083.jpg
c0033992_1510418.jpg

26日に香取先生をお迎えし、〈梅屋〉さんにお泊りいただきました。
翌24日は、白木神社や漁協をご案内し、午後からは子ども達の体験
教室です。
大人も子どもも、香取先生から直々にご指導いただけるということが、
どれ程の事かということを実感できていないのが正直なところでしょう。
子ども達も、何年か後に「香取先生に手をとって頂いて筆を運んだんだ」
とわかる日が間違いなくきます。

来年は中国・杭州、再来年はパリでの国際公募展開催の準備が進んで
います。

水墨画は中国から日本に入ってきました。
このブログでも何度もご紹介していますが、800年前ここ北崎の唐泊に
日本で一番最初に建てられた禅寺〈東林寺〉
大陸から禅とともにお茶や書画が日本に伝わりました。

c0033992_1630306.jpg

鬼が多いと書いて〈鬼多崎〉
人だけでなく文化の往来があったことも偲ばれます。

今では子どもたちの数も減りましたが、そのほとんどの子どもたちが
当然のようにお習字を習っているのが北崎です。
水墨画と書は切っても切れないものです。
c0033992_16355249.jpg
c0033992_16362342.jpg
c0033992_1637846.jpg


今回の香取先生のデモンストレーションは畑中にある徳門寺。
この日は筆一本で、幾通りもの表現ができることを学びました。
大人でも一番難しいといわれる“竹”も伸び伸びと筆を運びます。
一般的なお教室だと半年、1年かけて教わることを、僅か2時間で
大事なエキスの部分を教わったのです。
小さな頃から筆に親しんでいる北崎っ子の中から、将来の民間文化
大使が生まれることを願っています。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-29 16:40 | 畑中

国際墨画会香取琴水先生が北崎に~


26日に国際墨画会の香取先生が北崎に足を運んでくださることに
なりました。
一部の方にはお知らせしておりますが、東京、金沢教室についで
国内でのお教室をここ北崎で開いていただけないかというご相談
のために出向いてくださいました。
水墨画という文化を世界に広げるための人材育成のために、世界
中で精力的に活動なさっている香取先生です。

写真はクイーンズランド州州都ブリスベン市のボーイズ・ガールズ
グラマースクールでの水墨画教室の様子から。
オーストラリア支部は、国際墨画会の海外支部でも活動が活発な
支部として知られています。

日本でもなじみのあるクイーンズランド州にお住まいの小島夫妻
(章竹・豊舟)が講師となり活躍されています。
このように、北崎でも水墨画を通じて国際交流を行う良い機会だと
思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月27日(金)の1時から3時までは小学校4年生以上。
3時から5時までは大人の体験教室を徳門寺で行います。

道具は、20人分用意していただいています(体験者用)。
こどもさんも大人の方も問わず、関心のある方はご参加ください。

当日は、香取先生の実演のあと、皆さんには簡単で夏らしい蟹と
金魚を描いていただきます。
(お子さんの夏休みの宿題に使えるかも知れません)

「北崎の皆さんとの交流を楽しみにしています。」とのメッセージを
いただきました。

現在参加予定人数

こども 5~6名
大人 約10名

◆参加費は無料です。
◆ご用意いただくものは、筆を洗うタッパーなどの容器
古いタオル。あれば文鎮です。

専用の紙は用意しておりますので適宜ご購入ください。


マレーシアを代表する作家葉逢儀(Yap Hong Ngee)先生と香取先生(右)
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-25 16:54 | おしらせ

お見舞い

c0033992_16194320.jpg

「この頃ひとっつも姿が見えんごたぁけど、大丈夫ね」と、お見舞いを
持ってきてくださいました!
最近の天候は普段健康な人でも体調が悪くなりそうでしたものね。

一番大変だったのが、暑いけど寒い!?
やっと外気温に体が慣れたと思ったら湿気と移動の車の冷房。
バスも電車もなんであそこまで冷すのかと思いますね。
電車だと弱冷車がありますが、それでも冷蔵庫みたい(笑
乗用車のエアコンも辛いです。

ジャケットとコットンのマフラーが必携で荷物が増える(笑

自律神経がうまく機能していないので体温や発汗のコント
ロールがうまくできないようです。
しかし、この数ヶ月痛み止めを飲むのを止める事ができました~
快挙です!(笑
痛み止めを飲み続けるとどういうことになるのか、身を持って知り
ましたので止められたのだと思います。

冷えるとどうなるのかというと、まず歩けなくなります。
体が固まってしまうのです。
そのときの身体は死人のように冷た~くなってる(笑
そんなに寒いとは感じていなくてもです。

〈この春さえ乗り切れば〉、から〈この夏を乗り切れば・・・〉に
期待をしているのですが、果たして?
以前に比べてほんとうに動けるようにはなっています。

昨日高木さんという方から聞いた言葉が今でも耳に残ります。

「人は自分のためだけだったら動けないが、人のためだったら
動くことができるんだ」

これまで1万回以上の講演会をただの一度も休むことなく
こなして来られた方の言葉でした。
アキレス腱や靭帯を切ったときも手術することなく自力で
治したのだそうです。
手術すれば半年間安静にしておかなければならないからと。

世界中にいる飢餓で苦しむ子ども達や、環境破壊を止める
為の活動を28年間続けてこられました。

「こんな身体でも役に立つことが嬉しい」と続けてきたボラン
ティア。
これから先も、人の役に立つことができなくならないように
身体を治していきたいと誓いました。


新鮮なお刺身、本当にありがとうございました!
西浦ならではのお見舞いを頂戴しました。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-23 16:48 | 脳脊髄液減少症

柏崎に運び込まれたカセットコンロ



『柏崎へコンロとボンベと粉ミルクを送ろう!プロジェクト』
長岡に拠点を置いた仲間の21日までの活動報告からトラックバック

地球温暖化防止のための号外を配った仲間からの報告です。
新潟の県リーダーやその仲間達です。

第1弾として、271個のコンロと2600個のボンベが全国の仲間
から届きました。
3週間の期限でカセットコンロ・ボンベ、粉ミルク、義援金に限り
支援を募りました。

新聞やテレビには出ない現場の状況をぜひ知ってください。
再び福岡でも同じことが起きる可能性もあるかもしれません。
あの時の経験を生かしてもういちど防災について見直しましょう。
そして北崎からご支援できることを考えたいと思っていますが・・・
本格的な支援体制が整うまでまだ現地は混乱しています。
長期化する復興支援のお手伝いが出来ればと思います。

福岡県西方沖地震 2005.3.24西浦の様子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆上記の活動報告から一部抜粋しました。

大きな避難所には、自衛隊が毎日炊き出しを行っていて、避難所で
生活している人だけでなく、近くの人たちがたくさん取りに来ます。
だから、「コンロなんていらないよ」という意見もあったので不安もあり
ましたが、こんなに感謝されたことで、確信できました。

自衛隊の炊き出しには毎食すごい列ができます。昨日は雨の中、
たくさんの人が車でやってきて、長い列をつくって食べ物をまっていま
した。おいしそうな餃子を焼いていました。

今は水が出ないので、野菜をあらったり、洗い物をすることもできま
せんが、水道は毎日地域別に順番に復活していっています。
そうすると、よりコンロのニーズが高まると、避難所の方が言ってい
ました。

柏崎はガスは市の直営の事業で、災害対策本部に復旧までにどれ
くらい時間がかかるか聞いてみました。

答えは「1週間では済まない」ということでした。水道と違いガスは
あけたときに危険がないようにしなければならないので、2週間かか
るか3週間かかるか検討もつかないという答えでした。

昨日の夜、避難所に食べ物をとりにきていた50代の男性にコンロを
差し上げました。
そして、少し話を聞いたら、泣き出しました。
家族が6人いて、家に住んでいて、これで煮炊きができる、そして、
みなさんの気持ちに涙が出てくると、あまりの泣き方に、僕たちは
はじめ呆然としてしまいました。

今後の動きはこちらのブログから

右下にリンクしています。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-22 00:49 | ボランティアの仲間たち

夏の土用の入り

c0033992_1917076.jpg

土用といえば“うなぎ”ですが、子どもが小さかった頃、「川でうなぎを釣った
から」と、大きな天然うなぎを貰ったことがありました。
大分の山の中のことです。
そのときに一緒にいただいた天然鮎、これもまた“鯖”くらいの大きさ(笑
包丁を入れると脂がついてきて、包丁を拭き拭き調理をしたことが!

この時期のスタミナ食といえば“酢のもの”でしょうか~
ご近所からいただく“胡瓜”がほんとうにおいしいこと!
“胡瓜なます”も大好きですし、お寿司も大好き(笑

昨年の8月に作って以来の“こんにゃく寿司”でも作りましょうか?
お腹のお掃除と、食欲不審の解消です。
お稲荷さんの油揚げがこんにゃくに替わり、寿司飯に梅肉と板ずりして
酢洗いした輪切りの胡瓜、そして切り胡麻を混ぜています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こよみのページ

 本日は夏の土用の入りです。
 土用は四季それぞれの間に挿入された期間で、年 4回有ります。
 今回の土用は、夏と秋の間の土用。夏の終わりの土用なので、夏の土用と言
 います。今回の土用は、7/20~8/7 の19日間。また夏土用と言えば土用の
 丑の日を思い出しますが、この間の「丑の日」は7/30の一回。
 今年は二の丑の日はありません。

 ちなみに現在の土用入りの定義は、太陽中心の視黄経(しこうけい)で決ま
 っており、以下のようになっています。

  春:27° , 夏:117° , 秋:207° , 冬:297°

 今日は夏土用の入りなので、今日のいつの時間にか太陽の視黄経がこの
 角度になる瞬間が来るはずです。ちなみにその時間は午前10時35分頃
 です。


◇土旺用事(どおうようじ)
 土用はもともと、土旺用事(どおうようじ)と言ったものが省略されたもの
 です。「旺」は「さかん」という意味があります。土用の「土」はもちろん
 五行説(ごぎょうせつ)の土気を表しますから、土用は「土気の旺盛な時期」
 と言うことです。

 この土気の旺盛な時期には、土公神(どくじん)という神様がさかんに働く
 時期だと言うことで、この土用の間に土をいじりまわすと、この土公神を傷
 つけることになり、怒りを買ってしまいますので、土を掘り返すような行為
 を慎まなければならない時期とされています。
 土用の期間、どんなことをしてはいけないと考えられているかと言えば、

  井戸を掘ること、建物の基礎工事、壁塗り、農耕などなど

 「井戸掘り」は現代は少なくなっているでしょうが、現代なら替わって下水
 道工事などがこれにあたるでしょう。江戸の昔には絶対になかったでしょう
 が、きっと「地下鉄工事」なんていうのもダメなんでしょうね。

 まあもちろん迷信では有るのですが、でも迷信てその業界関係者の間には
 一種の業界内慣習として根強く残っていることが有るようで、こよみのページ
 にも時折、水道工事などを行う会社の方から土用の期間や、土用の間日(ま
 び)などの問い合わせがあります。

  ※土公神・・・陰陽道の神で土を司るとされている。


◇土用の間日
 土用の間日と書きましたが、これは何にかというと、

  迷信にも抜け穴がある

 ようなものです。だいたい土用の期間というのは1回に19日程度ありますか
 ら、この期間中土を掘り返しちゃいけないといったら、畑の農作物だって枯
 れてしまうかもしれませんし、壁の塗り途中で放置されては、新築の家だっ
 て、完成した時点で傷んでいそうですよね。
 こうしたことを今より気にした昔の人たちだって、こんなに長い期間では困
 るので、時々土用にも「休み」の日を作っています。それがこの間日です。

 この土用の休みの日は、例の土公神様が文殊菩薩に招待されて天上に昇
 って いる日とされます。
 鬼の居ぬ間に洗濯ではありませんが、土公神様が地上にいない間なら土を
 動 かしてもいいというわけです。

 それにしても、陰陽道の神である土公神を文殊菩薩が招待するって、なんだ
 か不思議な関係。「こじつけ」って言われても仕方なさそうですね。
 ちなみに、今年の夏土用の間日は、

  7/20,21,25, 8/01,02,06

 の6日間です。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-20 14:58 | 〈食〉について考えてみる

無関心でいることに疲れました。

今朝は、稚拙なせみの鳴き声で目が覚めました。
生まれたてのような泣き声だったんですよ、へたっぴぃで(笑
鶯が段々上手になっていくのも北崎で知りました。
せみの声を聞いたのは今年初めてのような気がします。
もうじき夏休みなんですね・・・

またもや大型の地震が日本列島を襲いました。
テレビから流れてくる映像を見ながら、2年前のことが思い出されます。

前回の能登半島の時は、私はあえて無関心で通しました。
このブログでも反応していなかったはずですよね。
【関心を持たない】無関心でいるということはとても辛かった。
だけど、【無関心】でいることとはどういうことなんだろうと、あえて試み
たわけですが・・・

しかし世の中には地震に限らず、無関心でいられる人が本当に多い。

6月に地球温暖化を防止を喚起するための号外を配りました。
ひとりひとりができるところから始めよう!ということを書いています。

この号外も、配りたいという人が現れた地区にしか届けていません。
資源も無駄になるからです。
全国では学校での配布がまだまだ増えています。
福岡でも学校配布にむけてまだ活動は続いています。

今年2月に、【国民の皆様へ、科学者からの緊急メッセージ】という
これまでには考えられなかった発表がありました。
地球温暖化が予想以上に進んでいるということです。
このブログでもお伝えしましたね。覚えていらっしゃいますか?
5月に徳門寺でのミニシンポジウムでも発表しました。

地震発生直後から、原発事故のことが頭からはなれず、このブログ
以外で書いていました。予想していた通りのことが起きました。

今回の大きな地震も急速に進んでいる地球の危機です。
手元に届いたメルマガを転載します。
ぜひ読んでください。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
  てんつくマン メールマガジン
~今こそTEAMGOGO!の底力~
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
台風4号の次には、地震。
IPCCの予想通りに、
台風は巨大化し、地震が起こった。
とにかく、日本は地震が多発すると予想されている。

いよいよ、何かを大きく変える時やと思う。

今回も分かったと思うけど、
環境なくして経済はなりたたないということ。

そして、柏崎原発が教えてくれたこと。
原発に絶対安全はない!ということ。
「想定外でした」
原発関係者からそんな言葉が出るっていうのは、
あってはいけないことであって、
脱原発に向かう必要があるだろう。

日本政府の法律内で今の原発は作られている。
しかし、今回で日本政府の地震の予想が甘かったということが分かった。
予想以上の大きな地震が来ることが分かった。
日本の法律内で作っている原発は安全ではない。
ということですべての原発を今、すぐに止めないとやばい。

今回の地震で分かったことのもう一つは、
大きな地震がきたら、もうその地域は
数十年大きな地震はこないというのは嘘だということ。
今回の地震は前回の地震に誘発されている可能制があるって
専門化が言っていた。

ここは安倍ちゃんが、号令をかけて、
原発を一回、全部止めないと危なすぎるぞ。

今回ね、マスコミ規制がかかってるぞって思ったのが、
原発が火事になった映像はあるのに、
消化作業をしている映像が一切ないこと。

なんでやねん?って思わん?

そして、こんな原発というめちゃくちゃ危険な場所が火事になったときに、
消防車がかけつけたのが、火事の1時間後って。

おかしすぎる。

どれだけ遠いところに消防署があるねん。
っていう話になってしまう。
しかし、その問題にマスコミが深く追求しない。

おそらく、火事が起こった時、
放射能もれの可能性があるから、
完全防護服を着た人達が消化作業をしていたんやと思う。

これを映像で流すと、危ないというメッセージになるから
マスコミ規制をかけたんやと思う。

そして、消防車はすぐにかけつけたけど、
放射能が漏れていたら、消防士も、消防車もすべて、
放射能によって、被爆する可能性があるので、
消化作業に関われなかったんやと思う。
チェルノブイリの事故の時がそうだった。
消火作業に参加した消防車もヘリコプターも全部、
穴に埋めた。

それぐらい、放射能っていうのは、怖い。

放射能が漏れているところに消防車が一回、消化作業に入ったら
その消防車はもう、二度と使えない。

今回、地震によって海にも放射能が流れた。
空からも放出となった。

今回によって、日本で本当に原発のことを議論する必要がある。
そして、本当に命というものを大切にするなら、
今、原発を一度、全部止めて、もう一度、計算をしなおして、
それに耐えれる原発しか稼動してはいけない法律をつくることが必要になる。

原発を止めたら、電気の供給が出来ないという意見も出てくると思うが、
それは、ない。
実際に足りなくなるのは夏のピークの数時間だけ。
今、できることとして、今、以上にみんなで電気を節約すること。

日本政府か、電力会社が無料で省エネ電球を配って、
白熱球を全部、省エネ電球に変えて下さいってやってもいいと思う。
それだけでめちゃくちゃ電気が必要なくなる。
原発を止めても、電気が足りないっていうことを防げる。

これからね、いろんな改革をしたら
少しは不便になるかもしれない。
でもね、今回の台風と地震がいっぺんに来たことをね、
しっかりみんなで受け止めよう。

気づいている人だけでもいいやん。
本当にこの電気は必要なのかな?
そう考えて、少しでも消していこう。

自分がやれることをやりながら、
法整備をしてくれるように、動けることをしよう。

今回、TEAMGOGO!新潟が動き出すようなので、
全国のみんなでTEAMGOGO!新潟の活動をサポートしましょう。

困った時はお互いさまで笑プロジェクト。
今回の号外で出来た借金への募金は少しおいといて、
新潟地震への募金を集めたいと思います。
そのお金はTEAMGOGO!新潟に託したいと思っています。

それではおいらは今から北海道札幌個展。
個展会場で募金をつのりたいと思います。

■会場:アリオ札幌[1Fゼビオスピーツ前特設会場]
■日程:平成19年7月18日(水)~22日(日)・・・5日間
 ※交通のご案内:http://www.ario-sapporo.jp/access/
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-18 13:54 | 地球温暖化対策