北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

大晦日の風景

c0033992_141423.jpg
c0033992_138548.jpg




         おかげさまで、今年も無事に終わることが出来ました。
           12月でこの北崎通信局も4年目に入りました。

c0033992_144948.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2007-12-31 23:34 | ふるさとのアルバム

ボランティアの仲間!

c0033992_18301541.jpg

千葉の仲間が、美浜小学校で地球温暖化についてお話をしてきました。
とっても素敵な授業だったようです!
ぜひご紹介させてくださいね。
介護マンというのはハンドルネームで、普段は介護タクシーに乗っていて、
東京モーターショーやF1なんかのイベントの設営をやる会社の役員さん(笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こないだ介護マン・スクールを受けてくれた、美浜北小学校4年1組のみんなと、
担任の先生と、見学してくださった父兄の皆さんからの感想文が自宅に届きま
した…♪


ワクワクしながら封筒を開けると、中にはどっさりの手紙が…(T▽T)♪


一枚一枚、じっくり読ませてもらったけど、みんな本当にしっかりとした感想文を
書いてくれてて、センセー超嬉しいっす…(T▽T)♪


ほんとうに子供から学ぶことのほうが多い今日この頃、みんなで一緒に環境の
ことを考えたけど、授業やってみて、むしろオレのほうが勉強になったよ(T▽T)♪


みんな本当にありがとう…(T▽T)♪



*****
公俊くん

かいごマンの話を聞いて考えたこと

・地球の温暖化を止めるには自分の近くをちょっとした工夫をすればいいから、
ぜひエコバックやマイ箸など、いろいろなことを実行したい。

・いままで地球が温暖化してしまった分、ぼくたちが地球を冷やしていきたいなぁ
と思った。

・ゴミ拾い活動に参加して自分の町をきれいにしたい。
・なぜ温暖化しているということを知っているのに、なぜ温暖化の原因になるよう
な事をするのかを知りたい。

・木をどんどん切って砂漠だらけの地球にならないように、紙やトイレットペーパー
など、木から出来る物を節約して、木を減らすのではなく、木をどんどんふやして、
二酸化炭素をすって、酸素を出してもらう。

・1人1人が一日に使う量をへらしていけば、地球温暖化を止めてほしいと思った。

*****
c0033992_18415427.jpg

渚ちゃん

かいごマンがおしえてくれたこと

私はかいごマンがくるまえは、なんでもかんでもすれば地球おんだんかはとめら
れると思っていて、長つづきしなかった。
だけど、かいごマンがきておしえてくれたことはつづけられそうになった。
コンセントをぬくというのはかんたん。身近にできる。長つづきしそうだ。
しかも、地球おんだんかをとめなければ、地球にいる生きものの全部がいなくなっ
てしまう。
しかも、100年ごには、6度も上がってしまい、生きものが生きていけなくなってし
まうというのはびっくりした。

前は地球おんだんかのことをなんとなくかんがえていたけど、今かえなければい
けないことがわかり、地球ってあぶないんだなと思った。
そのあぶなくなっている地球には、私たちががんばれば、みんながんばって、
地球のおんだんかをくいとめられることがわかった。

まずは私たちが地球おんだんかストップにトライすればいいことがわかった。
1人1人が1日に何ポトリすればいいかかんがえてやっていけば、おんだんかを
ストップできると私は思う。

*****

亮介くん

かいごマンがきてこれからはゴミをリサイクルやでんきのつけっぱなしをやめよう
と思いました。
3時間目のじゅぎょうで、もりがかじになってもことりが水を1ってきずつはこんで
火をけそうといしているところがびっくりした。
「自分でできることがあればやる」ていうきもち
がすごいなあと思いました。
あと、ビンを持っていくとお金とビンがこうかんできるなんておもしろいし、おかねに
かえてくれるのがすごいな、びっくりだな思った。
4時間目のくるまを5分とめるだけで1ってきだいじょうぶだからびっくりした。
さいごにかいごまんとドッチボールやおにごっこをしてたのしかったです。

*****

c0033992_18422051.jpg


春菜ちゃん

かいごマンのお話を聞いて

今日、かいごマンのお話を聞いて、地球温暖化のこわさを知りました。
なぜなら、気づかないうちにどんどん地熱の温度があがって、いつかは生物が
地球に住めるかわからないじょうたいになってしまうからです。
だから、私もかいごマンの話してくれたハチドリのクリキンディみたいに自分の
できることを少しずつ行ってみたいと思いました。

そして、いろんな人に伝えていきたいと思います。
1人1人ががんばれば、地球が救えるかもしれないから、生物が失われなくて
すむから、それを思いながらCO2をへらしていきたいと思います。
私の家では、トイレの電気のつけっぱなし、電子ピアノのつけっぱなしが多い
から、そのへんを意しきしてやっていきたいと思います。

*****

りほちゃん

地球温だん化のことをかいごマンにきいて

地球温だん化はとてもおそろしいものだなと思いました。
わから地球温だん化を止めることに私もさんせいです。
地球が今こまっているけど、結局人類たちがこまってしまうからです。
今、私に出来ることはたくさんあると知って、実行しようと思いました。
私はいつもストーブや電気をつけっぱなしにしたことがよくあります。
でもつけっぱなしにしなければ何ポトリかになるでしょう。
私はときどき100円ショップで売っているわりばしを買います。
でもそれもやめます。
私は地球のためにできることは少しだと思っていました。
でもかいごマンが言ってくれたように、
・エコ電球を使う
・ゴミ拾いをする
・リサイクルをする
・かんビールをやめてリターナブルビンにする
などを教えてくれました。
私は自動販売機で売っているかんジュースをふつうに買っています。
私は地球を守り続けたいと強く願います。
みんなのための地球。
みんなで協力して地球のことを考えれば、きっと宇宙の中で一番美しい地球
になれると思います。
私は地球温だん化を平気で耳にしていました。
でもそんなに簡単なものじゃないと思いました。
私は本当に地球にやさしくしたいと思います。
そうすれば地球が人類たちにやさしいことをしてくれるはずです。
みんなで地球を守りたいと思います。
クリキンディみたいに自分ができることをやって、1人1人が気をつければ
きっと地球のかぜはなおるはずです。

努力をつみ重ね、つみ重ねて、これからも地球を守ろうと思います。
かいごマン、いろいろ教えてくださって本当にありがとうございました。
地球を救える人をこれからもふやしていこうと思います。
そしてみんなで力を合わせて地球温だん化を止めていこうと思います。

地球を救おう!
「知る→動く→伝える」

*****
美幸ちゃん

私は、かいごまんの話をきいて、いつもエヤコンをつけっぱなしにして
いるから、こまめに電げんをきろうと思いました。
コンビニに行く時にエコバックをもっていこうと思っています。
そういうことをこれからいっぱいやっていきたいと思いました。
かいごまんのようにいろんなところでエコをやりたいです。
それともっといろんなエコをしりたいです。
いろんなエコをおしえてくれてありがとうございました。

*****

里咲ちゃん

わたしはテレビで地きゅう温だんかについて少し聞いたことはありますが、
説明がむずかしくてよくわからなかったけれど、かいごマンがわかりやすく
説明してくれたので、私にできることは、できるだけやるとゆう目標をもつ
ことができました。
まずのんだあとのこったペットボトルをリサイクルすることにちょうせんした
いと思います。
そのつぎにはもっとむずかしいことにチャレンジしてみたいです!

*****

つづく...
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-28 18:44 | 地球温暖化対策

今シーズン、まだ食べてないもの・・・

c0033992_1541953.jpg


〈北崎大根〉に〈唐泊恵比寿かき〉・・・
大根は、必ず年内に畑に行くぞ~(笑

*写真は昨年の今頃に作った牡蠣味噌のふろふき大根



c0033992_15315671.jpg

ということで、今シーズン初めて食べた烏賊です。
岩塩をパラパラっと振りかけて食べると、甘いのなんのって~
これ、一押しです!
なんと、最高級のするめをかみ締めた時のあの甘みです!

お醤油味ばっかりになりやすいお正月にはぜひどうぞ。


ほんとにふるさとはいいものです!

魚の行商のおばちゃんたちも忙しそうな年の暮れの西浦です。
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-26 15:28 | ふるさとの味

セヴァン・スズキ福岡講演報告書

c0033992_11481456.jpg


今年はいろんな人と出会いました。
その中でも、セヴァンに会えたことは特筆すべき事柄です。
屈託のない彼女の笑顔に多くの人が魅了されました。

立ち見でいぱいとなった講演会の報告書ができましたので
PDFでアップしています。

 「今日を生きる私たちは、好むと好まざると革命児です。
 自分を変えない――すなわち、気候を改革する。
 それか自分の習慣を変える、ライフスタイルを変える、
 社会を改革する、そして温暖化問題に対処する。
 どちらの革命に参加するか、その決定は私たちに委ね
 られているのです。」


「私たちには強い武器があります。それは世代間の愛です」

子どもたちにより多くの問題を残さないように、世代間愛のために気候変動を
意識して行動しなければならない。
そのために省エネ・ごみ減量など、小さな習慣から取り組んでいくことができ
ます――というセヴァン氏の語りに参加者は励まされていました。

こちらの*講演会報告書(PDF)をご覧ください。

c0033992_1224091.jpgc0033992_1234982.jpgc0033992_1255745.jpg
c0033992_12151399.jpgc0033992_12105358.jpg

c0033992_12111996.jpg
c0033992_12123774.jpgc0033992_1213348.jpg


自分たちにできること――
森を守るということ――

講演会で出た余剰金は実行委員会で協議し
1.日本熊森協会への寄付および活動参加資金
2.和白青松園への寄付
とすることにしました。

日本熊森協会は、絶滅しかかっているクマをシンボルに、森を守る
自然保護団体です。
クマの保護をはじめ、日本の山の多くを占める人工林を自然林に
戻す活動をしています。

今回、セヴァン氏の話の中には「森を守る」という大事なテーマが
あり、全国講演ツアーの中では植樹も行われています。

熊森協会の活動と共通し、その理念と使命にメンバーが賛同した
ことから、利益の使い道として寄付と参加資金としての使用が決
まりました。
日本熊森協会は全国各地に支部がありますが、07 年10 月に
九州初となる福岡支部が発足しています(事務局は北九州八幡区)。
そこで、今回の実行委員の希望者に熊森協会の年会費6,000 円
を支給し、熊森協会の会員になることで引き続き森を守る活動へ
参画していくことに決定しました。
寄付だけでなく、会員となることで自ら行動をしていくことに重きを
置いています。
会費残りの利益は熊森協会へ寄付されます。


和白青松園につきましては、*報告書をご覧ください。
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-26 12:27 | セヴァン・スズキ

1990年比8.7%削減したスウェーデン


(スウェーデン環境保護庁より)

スウェーデンは12月18日、2005-06年に同国の排出量は1.7%減少して
1990年比で8.7%削減となり、京都議定書目標値を12.7%下回ったと
発表した。

この数値は、スウェーデン環境保護庁が政府に提出した1990年から
2006年までの同国温室効果ガス排出量データによるもの。

一方、スウェーデン統計局によれば、その同じ期間に同国の経済は固定
価格で44%成長しているという。

「スウェーデンの発展は、経済成長と排出量削減は両立可能だということを
他国に示す機会である。
我われは、まだ十分な取組みをしていない先進国を勇気づけ、また途上国に
対して持続可能な開発は可能だということを説得力を持って示すことができる。」
とアンドレアス・カールグレーン環境大臣は語っている。

*英語原文

*Emissions 1990-2006
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-25 01:10 | 地球温暖化対策

今年つながった大学生の仲間たち

c0033992_23184164.jpgc0033992_23192272.jpg
c0033992_2332303.jpgc0033992_23374029.jpg
c0033992_2594675.jpg

今年はたくさんの若い仲間が増えました~
またまたお餅つきで協力してくれた九大の鹿野君のグループです!
セヴァンの講演会のときも手伝ってくれました。
来年もよろしく~


c0033992_23492337.jpgc0033992_23541565.jpg

c0033992_255496.jpgc0033992_2561075.jpg
c0033992_302143.jpg
元岡アグリフェスタで、餃子など腕を振るってくれたのは中国の留学生。

糸島に伊都キャンパスができて、地元と九大とのつながりが密接になってきました。
ぜひ北崎でも将来を担う、熱い彼らと大いに交流をしましょう!
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-25 00:06 | ボランティアの仲間たち

地球温暖化を止める30の方法

c0033992_234242.jpg

麻生ビジネス福岡校に4000部
冬至向けの〈豪快な号外〉を届けてきました。
県リーダーとして組長の最後の仕事です。

福岡県内には夏至までに約210万部、それからさらに10万部以上
号外が配布されました。
すべてインターネットでつながったボランティアです。
またこの数字は、全国でも群を抜くものでした。
まだまだ配布してくれている仲間は大勢います。
もちろん私たちもまだ配り続けます・・・

2007年春にスタートしたTEAM GOGO!!2007、この冬至をもって
一旦活動は終了します。

この10ヶ月間〈北崎通信局〉として福岡県リーダーをお引き受けし
多くの仲間たちと活動してまいりました。
福岡県下では、約7000名近くの方が号外配布のお手伝いをして
くださいました。

GOGO!福岡としての活動はこれで終わりますが、素敵な仲間と
引き続き環境活動は続けます。
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-22 23:19 | 地球温暖化対策

博多の味、明太子

c0033992_1542433.jpg

炊き立てのご飯に、ぴりっと辛い明太子
外におかずがいらないですよね~
博多といえば明太子と、県外の方は異口同音に・・・

日本初のスローフード大賞を受賞した十三穀物米ご飯の上に
どでんとのっているのは〈しば大の辛子明太子〉092-882-1200
極上の明太子です~(笑


吉兆の明太子もほんとにおいしかったのに、あんなことですからね・・・
やっぱり、地元の作り手の顔がはっきりわかるものが一番ということ
でしょうね~


夕方のローカルの情報番組の中で流れている博多の明太子のCM
美のカリスマ、流行語でも有名になったIKKOさんが出るんですけど、
(著作の中に取り上げられたメーカーだとか)


「ただいま~」って、里帰りの図!
そして炊き立てご飯にお約束の辛子明太子~

でもね、変なんですよ!

「お帰り~」ってニコニコ笑顔で出迎えるのは、大分県安心院の中山さん
私の仲良しさんです(笑

「あれ~、中山さんだ~」

私が渋柿の渋を抜いた物で、冷たいデザートのグラニテを教えてあげた
人達です~

今や日本を代表する安心院のグリーンツーリズムの顔になったご夫婦
「舟板昔ばなしの家」と呼ばれています。

母屋の前にある古い家を、お客様用にログハウスに建替えようかと思う
というお母さんに、
「もったいない!、この味わいをそのまま生かさないでどうするの~」と
アドバイスさせていただきました。
キッチンもあまり便利にしないでねとも(笑
そこでは囲炉裏を囲んで、ふるさとの味を堪能します。

あの頃安心院では自分でログハウス建てるブームでしたからね。
田舎に泊まるって、日本の古い建物だからこそ価値があるんですもんね!
ドイツとフランスの農家民泊を学んできてつくづくそう思いましたし・・・


中山さんの所で出迎えてくれるのは、お母さんのお漬物に鶏飯に団子汁。
翌日はお結びにして、網で焼いて食べる・・・
私はお母さんの漬ける〈高菜漬〉のリピーターでした!(笑
古漬けでも全然臭わない秘密があるんですよ~

安心院は海のものも山のものにも恵まれているところ!
手作り豆腐や、地粉の手打ちうどん
小さな製粉所は川の流れでタービンを回してました。


それなのに、それなのに~

間違っても明太子なんて出さないよ!

地鶏にすっぽん、椎茸、ワイン、
いくらでも地元のおいしいものがあるんだよなぁ


大分の空港でもお土産の一番人気は〈辛子明太子〉だから仕方
ないのかなぁ・・・

広告代理店さん、博多という名を冠したメーカーさんなんだから
しっかりと作ってくださいな~
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-22 16:26 | ふるさとの味

食育推進ネットワーク福岡からのお知らせ!

お仲間のイベントのお知らせです!

ホームページから引用させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私達のからだは60兆もの細胞の集合体だったこと知ってました?
そして、私達の「生体を構成している分子は、すべて高速で分解され、
食物として摂取した分子と置き換えられ、数ヶ月後には全然違う自分
になっている」って知ってました?

当ネットワークは、身体にいい食物に熟知した人々が数人集まって、
ネットワークの核が生まれました。
2005年7月18日、二百数十名が集うことによって、ゆるやかな輪が
できました。

ネットワークの核を構成している人には、長年にわたって、いのちの
たべものと呼ぶにふさわしい野菜を供給してきた人々、長期にわたっ
て日本人の生理にかなった食を啓蒙し続けた人、歯科医院が無くなる
事が私の理想という、おもしろい歯科医師、重い腎臓の病を食事で
克服した料理研究家、ホスピスでいのちと向き合う人を支えている人、
アトピーで苦しむ人々の支えになっている人、からだにも心にも良い
食事を提供している人々などです。


天笠啓祐さん講演会&シンポジウム
どう守る 食といのち
遺伝子組み換え食品って大丈夫?


13:00~会場
13:30~開会挨拶
13:40~
基調講演「遺伝子組み換え作物、その現状と問題点」
講師 天笠啓祐さん(市民バイオテクノロジー情報室代表)
プロフィール
1947年東京都生まれ。70年早稲田大学理工学部卒業。
現在、ジャーナリストとして原子力発電、遺伝子操作食品、電磁波など
科学技術のもたらす問題点、科学技術と社会の関係について積極的に
発言している。

主著「原発はなぜこわいか」(高分研)「遺伝子組み換え食品」(緑風出版)
「危険な暮らし」(晩聲社)「電磁波汚染」(日本実業出版)など

14:40~休憩
14:50~シンポジウム「どう守る 食といのち」
(コーディネーター)天笠啓祐さん
(パネラー)
生産者代表 佐々木督文さん(みのう農民組合書記長)

流通者代表 中村 肇さん (九州産直倶楽部代表)

消費者代表 立川 智子さん (子育てサロンほのぼの村)


日 時
2007年12月22日(土) 13:30~16:30
場 所
春日市 クローバーホール 春日市原町3-1-7
※講演会、シンポジウムの会場が508研修室に変更になりました。
参加費・定員
参加費
(一般) 前売り800円 当日1000円
(食育推進ネットワーク会員) 前売り700円 当日900円
託児
800円/1人 (申込み必要)12/19締め切り

お問い合わせ
食育推進ネットワーク福岡事務局
福岡市中央区高砂1-12-11(NPO環境未来センター希望内)
TEL092-522-8332 FAX092-522-8308
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-21 15:59 | 〈食〉について考えてみる

味わい

c0033992_1533545.jpg

私の誕生日にと、黒猫さんが届けてくれました。
柿や林檎を送ってくれた山形からはるばる・・・

今年は素敵な仲間がたくさん増えました。
インターネットってなかなかのもんですね!


北崎が大好きっていう人たちがいっぱい増えたんですよ~
ええっ、あのひとがっていう人もコメントくれてたりして!


グローカルブログ〈北崎通信局〉、28日で4年目を迎えます。
記事の数も1600件以上に・・・

みなさん、ほんとうにありがとうございました!
[PR]
by hanataikoku | 2007-12-21 15:39 | ボランティアの仲間たち