北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

渋柿

c0033992_15312937.jpg

裏庭に柿の木が二本あります。
こちらに越してきて、収穫できたのはなぜか1回くらい?
気が付くとほとんどなくなっていることが度々
鳥がつついているのを何度か見かけましたが、もうそろそろという頃には
木の上には見当たらない(笑

今年は早々に畑の境界線にイノシシ除けの簡単な柵をこしらえてみましたら、
柿の実は無事に木の上に・・・
イノシシは木には上らないと思うのですけどね!?

ということで、甘い白菜漬けのために柿の皮を天日干しにしました。
残った柿の実は《干し柿》になります。
干した柿の皮を入れると、白菜のお漬物に優しい甘みが増すのです。
お天道様の力は素晴らしい(涙


c0033992_15314346.jpg


残りの渋柿は、お酒で酔わせることにしました。
並べた柿の実のへたのところに、チョチョンと焼酎を落とします。
そして密閉容器の蓋をして冷暗所に・・・
さぁ、何日くらいで甘くなってくれるのでしょう。
へたの青みが消えるころには、渋は取れてるそうです。

残りの渋柿には、とっておきのブランデーを使ってみることにします!
家で《柿のグラニテ》を作るときにも、ブランデーは欠かせませんから。

市場に出回っている柿の大部分が、“渋抜き”をした柿なんだそうですね。
ドライアイスや、お湯を使うと早く抜けるようです。

人は成長すると「渋みを増す」といいますが、柿の“渋”=“アク”
渋柿みたいに人間も、アルコールでアクが抜けるといいですよね~


渋抜きをした柿がどのように変身したかは、また後日ご報告しま~す♪



c0033992_16103547.jpg

ある日の夕食、《蓮根ときのこ、山菜の納豆パスタ》
これはかなり好評でした~
[PR]
by hanataikoku | 2010-11-04 15:54 | ふるさとの味

秋は何処に・・・

c0033992_17442031.jpg
c0033992_17443548.jpg


栗と和三盆の茶巾絞り
蓮根鰻もどきの天むす風(おみやげ用)
蓮根饅頭
温泉湯豆腐
柿の白和え


栗きんとんに、栗ごはん
「あぁ~、秋が来たんだなぁ」と思うのもつかの間

c0033992_17401566.jpg
c0033992_1740308.jpg
c0033992_1740418.jpg
c0033992_17405847.jpg
c0033992_17432478.jpg


最近食卓に上ったものを並べてみましたが、もう冬の料理
食卓だけでなく、今年の秋は一体どこに行ってしまったのででしょうか?

昨今、気候変動についていろいろ言われていますが、自分自身が肌で感じる
異常気象の方はもっとも信頼できるものだと思うのです。

ものすごいスピードで、この地球上のあらゆるものは狂い始めています。
数年前に考えていた以上の猛スピードです。




*二か月ぶりの更新です。このブログの意味をいろいろと考えていました。
2006年のスタート以来、地元の話題をいろいろと発信していきたかったのですが、
なぜかしら見えない力があるようで、思うように写真や情報をのせるのが困難な
状況が重なりました。

どうしてなんでしょうね・・・
北崎の話題を載せてるからといって、一部の誰かから制限されるのは
いかがなものかと思うのでした。

その反面、「この頃更新しとらんね?」「楽しみにしとうとよ!」の声もたくさん

そこで、これからは私の感じるところをそのままに書き連ねることにしようと
思いました。

れっきとした北崎住民なので、《北崎通信局》というブログタイトルもこのままです。
これまで同様に、よろしくお願いしま~す♪
[PR]
by hanataikoku | 2010-11-03 17:50 | 〈食〉について考えてみる