北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ボランティア ( 87 ) タグの人気記事

柏崎に運び込まれたカセットコンロ



『柏崎へコンロとボンベと粉ミルクを送ろう!プロジェクト』
長岡に拠点を置いた仲間の21日までの活動報告からトラックバック

地球温暖化防止のための号外を配った仲間からの報告です。
新潟の県リーダーやその仲間達です。

第1弾として、271個のコンロと2600個のボンベが全国の仲間
から届きました。
3週間の期限でカセットコンロ・ボンベ、粉ミルク、義援金に限り
支援を募りました。

新聞やテレビには出ない現場の状況をぜひ知ってください。
再び福岡でも同じことが起きる可能性もあるかもしれません。
あの時の経験を生かしてもういちど防災について見直しましょう。
そして北崎からご支援できることを考えたいと思っていますが・・・
本格的な支援体制が整うまでまだ現地は混乱しています。
長期化する復興支援のお手伝いが出来ればと思います。

福岡県西方沖地震 2005.3.24西浦の様子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆上記の活動報告から一部抜粋しました。

大きな避難所には、自衛隊が毎日炊き出しを行っていて、避難所で
生活している人だけでなく、近くの人たちがたくさん取りに来ます。
だから、「コンロなんていらないよ」という意見もあったので不安もあり
ましたが、こんなに感謝されたことで、確信できました。

自衛隊の炊き出しには毎食すごい列ができます。昨日は雨の中、
たくさんの人が車でやってきて、長い列をつくって食べ物をまっていま
した。おいしそうな餃子を焼いていました。

今は水が出ないので、野菜をあらったり、洗い物をすることもできま
せんが、水道は毎日地域別に順番に復活していっています。
そうすると、よりコンロのニーズが高まると、避難所の方が言ってい
ました。

柏崎はガスは市の直営の事業で、災害対策本部に復旧までにどれ
くらい時間がかかるか聞いてみました。

答えは「1週間では済まない」ということでした。水道と違いガスは
あけたときに危険がないようにしなければならないので、2週間かか
るか3週間かかるか検討もつかないという答えでした。

昨日の夜、避難所に食べ物をとりにきていた50代の男性にコンロを
差し上げました。
そして、少し話を聞いたら、泣き出しました。
家族が6人いて、家に住んでいて、これで煮炊きができる、そして、
みなさんの気持ちに涙が出てくると、あまりの泣き方に、僕たちは
はじめ呆然としてしまいました。

今後の動きはこちらのブログから

右下にリンクしています。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-22 00:49 | ボランティアの仲間たち

ジャパンツアーがもたらした最高のプレゼント!

c0033992_16203219.jpg

パソコンの前に座り、あちこちに提出する資料を作っていますが、、
NGOの若いスタッフが愛に溢れた記録を残してくださっているのを
追いかけているうちに、カンボジアの子ども達の笑顔に魂を奪われ
ていしまった北通です(笑

今はまるで、この子たちが生まれたときから見てきたかのような
錯覚に陥っているのです!?

そんな子ども達はいつどこで生まれたのか・・・
両親と死に別れた子ども
引き取られた親類に虐待されていた子ども
唯一の肉親であるおばあちゃんが、もうこれ以上育てられないと
捨て子同然にされ町をさまよっていた子ども
生きていてくれたのが不思議なくらいの子どもたちなのです。

そんな子どもたちに素敵な素敵なプレゼントがあったのです!
〈ジャパンツアー〉を実現させるためには、子どもたちを日本に
呼ばなければなりません。(当然のことですが)

旅費と同時にパスポートが必要になってきます。
そのパスポートを発行してもらうには、【生年月日】が必要。
しかし、子ども達のほとんどは自分のお誕生日を知りません・・・・・

____________________________________________________
〈カンボジアに笑顔がいっぱい〉より転載
c0033992_16324635.jpg

ネスさんのとなりにいる キムホン(紫の子)。

♪ハーッピーバースデー きみの~ いのちのおと~ ♪
♪ぼくにうまれて 君と出会えて ほんとによかった~♪
♪生まれてくれて 生きていてくれて 出逢ってくれて 
心から 心から ありがとう♪

の日本語の歌の間、キムホンは静かに静かに、涙を流して歌って
いました。

c0033992_16334458.jpg

今年から始まった、子どもたちの誕生日を一緒にお祝いする行事。

タヴィがとても楽しそうで、みんなで子どもたちの誕生日のお祝いが
出来ることが、とっても嬉しい、と何度も繰り返し話してくれます。

昨年ジャパンツアーを企画しました。
       ↓
子どもたちのパスポートをつくらなければなりません
       ↓
子どもたちの誕生日を、一人ひとり作りました。
そうなんです、孤児の大半の子どもたちは自分の誕生日を知りま
せんでした。       
       ↓
わ~い♪ 誕生日が出来た。 お祝い出来る!!

という、幸せな行事が出来ました。 
c0033992_16342021.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2007-07-17 16:37 | ボランティアの仲間たち

七夕様のお願い

     世の中に同じ心の人もがな

          草のいほりにひと夜語らむ 『良寛』



神々しいばかりの月明かりの中、思いがけず若い人たちと
楽しい時間を持ちました。
〈それでも生きる子どもたち〉を見終わったあと、誰からとも
なくSちゃんの携帯に電話が入ります。
「今ね、映画見終わってHさんとMさんと一緒!今から会おうか~」
これって決して偶然ではないですよ(笑
c0033992_14233571.jpg
c0033992_1423452.jpg
c0033992_1459992.jpgc0033992_1459199.jpg
急遽みんなでワイワイと“もんじゃ”を食べることに~(笑
この若い人たちは、号外を配った熱い仲間なのです。
想像を絶する過酷な配布作業。
ブートキャンプ並のハードさだったと言う声もあがっていたほどです。
治療中の北通は全体の把握やアドバイスしかできなかったのですが、
ずっと頑張ってきた彼らには本当に頭が下がります。

この中には二見ヶ浦にバスと徒歩で行ってきた子達も・・・
しかも西浦線じゃない路線です!?
しかも帰りはバスが無いのでヒッチハイクだったんですって~
立ち寄ったカフェの場所が北崎だということを知らなかったんです!
目と鼻の先にいたのにね~(笑

c0033992_14425847.jpgc0033992_1443858.jpgc0033992_14432590.jpg
c0033992_1427244.jpg
もんじゃのあとはみんなで記念に観覧車に乗りましょう!
そこにあったのは七夕様の短冊でした。
みんな一生懸命書いています。〈平和〉と〈地球温暖化防止〉は彼らの
中にしっかりと刻み込まれています。
そうして次のステップは何なのかを・・・

c0033992_1424443.jpgc0033992_14241372.jpg
c0033992_1447193.jpgc0033992_14473073.jpgc0033992_14482229.jpg


今日7月6日はシーボルトが日本にピアノを持ち込んだ日ということで
ピアノの日・・・
ピアニストの若いリーダーもほんとうによく頑張りました!

これからの〈エコリーダー〉たちと、博多湾の潮風に吹かれながら
語り合った夜でした・・・・


*安部内閣メールマガジンより

●質問

 サミットで地球環境問題を大きく取り上げたことはよかったと思います。
問題はこれから温暖化ガスの排出をどうやって削減していくのかということ
です。日本も現実には効果があまり上がっているようには見えません。言い
出しただけで成果を見せないと笑い者になるだけです。(男、70歳以上、
無職、静岡県)

●回答 (環境大臣政務官 北川知克)

 地球環境問題についてご意見をいただき、ありがとうございます。

 ご指摘のとおり、2005年度の温室効果ガス排出量は1990年度と比
べて7.8%も増加しており、温室効果ガスを削減するための効果的な取組
が急がれます。地球温暖化を防止するためには、これまで以上に国全体で総
力を挙げて削減に取り組むことが必要であり、国民の皆さま1人ひとりのご
理解とご協力が不可欠です。

 安倍総理は、5月に発表した地球温暖化問題に係る戦略「美しい星50」
において、毎日の生活の中で温室効果ガス排出量を1人1日あたり1kg削減
することを提案しています。これを受けて、国民の皆さまが具体的に実行す
ることを宣言する「私のチャレンジ宣言」と生活の中でできる取組について
「あなたのCO2削減アイデア大募集」を環境省ホームページにおいて行っ
ています。

 先日のハイリゲンダムサミットでは、安倍総理の新提案「美しい星50」
を踏まえ、2050年までに世界の温室効果ガスの排出量を少なくとも半減
することを真剣に検討することなどが合意されました。来年、日本が議長国
となる北海道洞爺湖サミットが開催されますが、環境問題は主要な議題にな
ると思われます。地球環境の悪化が立ち直れないところまで進んでしまわな
いように、日本がリーダーシップを発揮することが期待されています。
 
 そのためには、まず、第一歩として、国際公約である京都議定書に基づく
6%削減約束を確実に達成しなければなりません。
 
 政府としては、この二酸化炭素等の温室効果ガスの排出量を減らすために、
(1)住宅やビルの省エネルギー性能の向上や省エネルギー家電・機器の普及
(2)燃費の優れた自動車の一層の普及促進
(3)太陽光発電やバイオエタノールマスなどの再生可能エネルギーの導入
  拡大
(4)産業界における自主的な環境対策の一層の推進
(5)途上国への省エネ等環境技術の普及
 といった対策を進めておりますが、更に、温暖化対策全般について既存の
取組の強化や新たな対策の追加を行い、本年度中に京都議定書目標達成計画
を見直すことで、美しい星50実現への道筋をつけていきます。

 資源を大量に消費する現代社会は無駄な部分が多く、いわば社会全体がメ
タボリックシンドロームに罹っているとも言えます。今一度我々の生活を見
直し、効率的でスリムな社会を目指すことが温暖化対策につながるものと思
います。

国民の皆さんにおかれても、まずはクールビズ、白熱球から電球型蛍光灯
への交換、節電・節水、公共交通の利用など、身近な取組から始めていただ
きますようお願いいたします。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-06 15:35 | ボランティアの仲間たち

九州大学タウオンンキャンパス〈食農輪部会〉で夕市

第1回糸島産の新鮮野菜直売所in 伊都キャンパス』は
来週13日金曜日に延期すること決定いたしました。

本日の開催を楽しみにしていたのですが、
今日収穫した新鮮な野菜を伊都キャンパスの学生・教職員に
届けるためには、現時点で決定しなければなりませんでした。

収穫して、大雨だったとなると、せっかく作った野菜たちが報わ
れませんので。


という連絡が入りました~   2007.7.6追記


c0033992_1484974.jpg


昨日届いたメールです!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

食農環部会夕市リーダー(糸島地域交流サークル菜都)の竹内です。
皆様のご協力のおかげで、このたび大学側から夕市開催の許可を
いただくことができました。

糸島地域交流サークル菜都としては、広報活動の拡大・新聞社への
投稿・とまり新鮮ぐみとの値段と量の交渉を早急に進めている状況で
あります。

イベント当日(今週の金曜日)の天候は、残念ながら曇り時々雨、降水
確率70%と残念な状況です。
少しの雨なら断行したいと考えています。
雨天中止は当日朝10時に判断する予定です。
(皆様、てるてる坊主を作ってください)

もし、皆様お時間があれば新鮮な野菜を買いに来てください!
すいかやメロンもあります!

図々しいとは思いましたが、皆様のお近くの方々に添付しましたポスター
を配布していただけると嬉しいです…

c0033992_14424082.jpgc0033992_14452766.jpg
c0033992_14483017.jpgc0033992_14485553.jpgc0033992_1524331.jpg
c0033992_14492487.jpgc0033992_1454368.jpg
c0033992_14501875.jpgc0033992_15318.jpg


ということで、グローカルブログ北崎通信局に貼り付けました!(笑
みさとちゃんは号外も手伝ってくれましたのでお手伝いです。
対象はキャンパス内の学生や先生方です。
今後継続される〈夕市〉
北崎も協力できるといいですね

九大伊都キャンパスは、近隣の住民の方たちとのまちづくりに
取り組んでいます。
糸島半島の特長を生かしたキャンパスタウン、楽しみですね~

先生からも温かいコメントがすぐに入っています。
〈先日、別府の立命館アジア太平洋大学の学長さんが総長に、
地元の方々が留学生・学生のために野菜など売りに来てくれ
る話をしていました。町からやや離れている状況は同じ。
ぜひ多くの学生たちに知って貰って、成功させていただきたい
と思います。〉

フレ~フレ~、菜都!(笑
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-05 14:21 | ボランティアの仲間たち

福岡YAHOOドームで「豪快な号外」配布!

c0033992_16493369.jpg

c0033992_16265622.jpgc0033992_1627480.jpgc0033992_16272460.jpg
c0033992_16274718.jpgc0033992_16275970.jpgc0033992_1633776.jpg
c0033992_16332130.jpgc0033992_16333970.jpgc0033992_16335021.jpg
c0033992_1634840.jpgc0033992_16342617.jpgc0033992_16343927.jpg
c0033992_16385746.jpgc0033992_1639242.jpgc0033992_16393780.jpg
c0033992_16395987.jpgc0033992_1640129.jpgc0033992_16403061.jpg
c0033992_1642862.jpgc0033992_16422312.jpgc0033992_16435141.jpg
c0033992_16453676.jpgc0033992_1646838.jpg
c0033992_16484222.jpgc0033992_1648529.jpg
c0033992_16521564.jpgc0033992_16541230.jpg
c0033992_165543100.jpg

6月17日の対巨人戦!
3時間でGOGO!5,500部(実際は6,000部超えた様です)
僅か2日前に異例の号外配布にの許可が出て急遽県内から
駆けつけたGOGO!メンバーです!
記念撮影にはドームの運営会社の方も参加(笑
数回にわたる社内会議、本当にありがとうございました。
メンバーの三○さんの協力無しでは実現できませんでした。

自分の会社で配りたいからと、たくさん持って帰ってくださった
会社員さん。
「昨日、講演会でもらったよ!」とわざわざ教えてくださった方。
その場で真剣に読んでくださる方たち多数・・・

そして【GOGO!福岡】には、天も味方してくれました!
配布終了直後、真っ黒な雲から大粒の雨が落ちてきました・・・・

まだまだたくさんのドラマがあった3ヶ月でした。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-04 17:04 | 地球温暖化対策

これからの〈豪快な号外〉

c0033992_1513322.jpg

「豪快な号外」を見た。
地球温暖化の防止に、一人一人が自らの行動を反省し、
エネルギーの無駄遣いしない社会を目指そうと提案した
ミニ新聞だ。

途上国の有機農業者の持続的な生産を守るフェアトレー
ド(公平貿易)に取り組む福岡県水巻町の中村隆市さん
らが発案し、三千万部を発行。
共感した全国多くの人が、募金や配達ボランティアを申し
出て取り組み支えた。

「号外発行部数でギネス入りを」と楽しみながら行う方法は、
環境運動に新たな風を吹き込むように感じられた。
モンゴルの遊牧民の為に電気がいらない冷蔵庫を開発した
発明家・藤村靖之さんは、全国の家庭で、テレビ等の待機
電力だけで全消費電力の10%が消費され、それは原発
4基分に当ると指摘する。

未来の子どもたちが困らないように、この社会をどんな形で
引き継げばいいのか。

号外を読みながら考えてみたい。 (木下悟)

2007年7月2日 西日本新聞 朝刊 デスク日記
c0033992_15263252.jpg
*2007.6.20 毎日新聞九州・山口版夕刊

c0033992_1459037.jpg
号外の一斉配布はいったん終了しました。
西区リーダーのOLさんのメッセージ!
元岡在住です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
TEAMGOGO!西区のみなさん(^O^)/
西区74000世帯分以上の82000部を
皆さんのおかげで配布出来ました。
本当に、本当にありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
同じく西区には大学生チームのリーダー、
糸島半島チーム、良く頑張りました(笑



イオンや志摩の四季、スマイルプラザさんなど各方面にも協力
いただきました。
前原市は教育委員会を通じて全小中学校配布していただきま
した。 

世帯数以上の配布はできましたが、まだまだ手元に号外が届
いていないお宅もあります。
すべてボランティアスタッフが空いている時間を使い自分の足
で配ったり、保育園のご協力でお母さん達に配っていただい
たり・・・
北崎ではざうおさんやサンセットさんにもお手伝いいただきま
した。

北崎小学校の平和学習では、文二さんが「号外の中に書いて
あることを子どもたちに分かりやすく話したからね」と・・・

今回、ギネス申請の号外配布に関わったボランティアメンバー。
号外を配布することでそれぞれが多くのことを学んでいます。
その経験は間違いなく地球温暖化防止活動にとどまることなく
国際理解に通じるものです。
生きた体験をした彼らは、これから地域コミュニティの中で、
すばらしいエコリーダーになっていくことでしょう!

〈箸袋つくりプロジェクト〉や〈しあわせのおすそわけキャンドル〉
地域の方たちと繋がっていろんな事ができます。

これからもいろんな形でこの号外は広がっていくことと思います。
[PR]
by hanataikoku | 2007-07-04 15:32 | 地球温暖化対策

「学校給食」支援CM

WFPメールニュースより
c0033992_11254320.jpg



■ 7月1日よりWFPの新しい広告キャンペーン開始

WFPが途上国で行っている「学校給食」を支援する公共広告が、
AC公共広告機構の 支援キャンペーンのテーマとして選ばれ、
新聞、雑誌、ラジオ、テレビを通じて展開されることになりました。

今回の広告のテーマは、WFPが給食として配布している栄養
強化ビスケット。
このビスケットには、14種のビタミン・ミネラルが含まれています。
広告には「一枚のビスケットが、未来へのチケットになる」という
キャッチフレーズのもと、 ビスケットでできた机で学ぶ、元気な
子どもたちが登場します。

広告の企画・作成は電通が担当。また、テレビ、ラジオCMの
ナレーションは、 アカデミー賞を受賞したクリント・イーストウッド
監督の映画「硫黄島からの手紙」の演技で 世界の賞賛を受けた
「嵐」の二宮和也さんが担当してくださいました。

公共広告キャンペーンは7月1日より、テレビ、ラジオ、新聞、
雑誌、 そして交通広告を通じて展開されます。

どうぞお楽しみに。

写真は映画〈それでも生きるこどもたち〉

シネテリエ天神で上映中
~7/6 13:00/15:30/18:00~終20:17


この映画の予告編を見てくださった皆様のクリックのおかげで、
およそ18045食分(合計360,900円)の寄付が集まりました。
配給会社があなたに代わり、WFP 国連世界食糧計画を通し、
ルワンダの子供たちの給食として寄付いたします。


WFP国連世界食糧計画

飢餓と貧困の撲滅を使命として活動する、国連唯一の
食糧援助機関であり、かつ世界最大の人道援助機関。
紛争や災害発生時の緊急事態に食糧を届けることや、
食糧援助を通じて中長期的に社会の発展を手助けする
ことを目指している。
2005年は、およそ世界80ヵ国で1億人に食糧援助を
した。
WFPの活動の柱のひとつは、学校給食。学校で給食を
出すことで子供たちを学校に呼び寄せ、教育を受けさせ
ることを目的としている。



世界の飢餓情報

世界には全ての人々が食べるのに十分な食糧があります。
それにもかかわらず、およそ8億5,000万人が栄養不良や
飢えに苦しんでいます。
そのうちおよそ3億人が子どもたちです。
飢えを原因として毎日、5歳未満の子ども1万8,000人を
含む、2万5,000人が命を落としています。

飢餓とは、食糧を満足に得ることができず慢性的な栄養
不良に陥った状態をいいます。
地球全体には有り余るほどの食糧があるのに、なぜ飢餓が
起こるのでしょうか?

慢性的な貧困、紛争などの人為的災害、地震や津波、洪水、
干ばつなどの自然災害、ジェンダーの格差、そしてこれらが
複合したものなどが原因として挙げられます。

最近ではHIV/エイズが新たな脅威としてアフリカはじめ多く
の国々で飢餓問題を悪化させています。

HIV/エイズ感染者の家族は看護のために日々の農作業が
できなくなることもあります。
まして、一家の働き手が病に伏すと残された子どもたちは
食べていくのに精一杯で学校に行くゆとりなどありません。
親をエイズで失くした孤児は世界で1,400万人に上り、その
うち80%にあたる1,100万人がアフリカの子どもたちです。

[PR]
by hanataikoku | 2007-07-01 11:26

4,600人のハチドリたち


エクアドル・キチュア民族に伝わる「ハチドリの物語」。

● ● ●

アマゾンの森が燃えていました。
森に住む動物たちは、われ先にと逃げていきました。
けれども、クリキンディ(金の鳥)という名のハチドリだけは、
いったりきたり。小さな口ばしで水のしずくを一滴ずつ運ん
では、火の上に落としていきます。

それを見た大きな動物たちは、

「そんなことをしていったい何になる」

とクリキンディを笑います。

クリキンディはこう答えました。

「私は、私にできることをしているだけ」

● ● ●
環境=文化NGO ナマケモノ倶楽部

〈豪快な号外〉は福岡県では4651人のハチドリたちがしずくを落としました。
北崎通信局から繋がったハチドリは3,743人・・・
組長頑張りました!(笑

まだまだ増えています。
心から素敵なハチドリさんに感謝・・・


6/21現在、63,044箇所 の施設が参加を表明、
削減消費電力量は 2,930,361kWh(*)
ライトダウンした福岡の施設
[PR]
by hanataikoku | 2007-06-25 16:54 | 地球温暖化対策

キャンドルナイトinきたざき

c0033992_948331.jpg
怒涛の夏至の日でした。
生まれて初めて経験した、約1万数千人の人たちとの連係プレー
【豪快な号外】を各家庭に届けて、8時から10時の間、電気を消そう!
という試みです。

福岡県本部を北崎でお引き受けしたのも、〈きたざき〉という名前を
日本中の仲間に覚えてもらいたかったからです。

地図には載っていない名前ですが、こんなに素敵な町だと言うことを!

おかげさまで、福岡県の仲間達はすっごく頑張ってくださいました。
全国で一番乗りで全県配布を宣言。
そして号外が届くのが遅れそうという情報が入るや否や、わずか
数時間でトラックの手配や、人の手配。
そして翌日には210万部の号外(想像できないくらいの量です)を
各地区に運び届けたのです!
運送屋さん任せではなく、すべて自分たちの手で・・・

そんな思いのこもった号外ですが、今朝もまだ配っています。
東区は10万世帯以上。
車を出せるメンバーは一人・・・
毎朝4時、5時起きで、深夜までずっと・・・
残り1万部、他の地区もまだ少し

県リーダーとしては22日正午で配布ストップをお願いしました。
みんなの意気込みは十分理解しているのですが、連日の作業で
体力の消耗。
また仕事への支障、健康面、家庭面などなど。
号外や新聞記事を見て、「私も配らせて欲しい」という連絡が相次
ぎます。
せっかくだからその方たちにも手伝っていただこうと・・・

だけどみんなは私の耳に入らないように配り続けていた。
自分の担当地区を終えて、応援部隊として続々と駆けつけます。
わずか3,4ヶ月前にネットで繋がっただけの、ただそれだけのつながり。

しかし、思いは一つ・・・・
c0033992_1051721.jpg

そんななか、北崎では2つのキャンドルナイトを迎えることができました。
〈東林寺〉と〈ビーチカフェサンセット〉
電気を消して静かな時間が流れます。

濃霧に覆われていた博多湾でしたが、まるで〈のぞきからくり〉をみて
いるかのようなすばらしい夜景が表れました。
天気予報でも雷や濃霧注意報がでていたのに・・

覆いかぶさった雲の間から、神々しいまでの街の姿が現れます。
写真には撮れませんでしたが、心に焼き付いています。
c0033992_9591573.jpg
八時に鐘を鳴らします。
前住様がお亡くなりになって初めての鐘です。
今年中学生になったようすけ君の念願が叶いました。
c0033992_9573088.jpg
〈平和の火列島リレー〉の様子をスライドで見ていただきます。
c0033992_9582331.jpg
紫陽花の花と手作りのキャンドル・・・

お寺のキャンドルナイトは初めての試みですが、こうやってお寺に
少しずつ人が集う機会を増やして行きたいと思っています。
宗教も政治もすべてを超越したところに本当の平和がある・・・
そして〈環境問題〉はすべての人が生きていくうえで大事なこと。
問題意識を持ち、考えて考えて、そして行動に移す。

水や空気がなくなることを多くの人が考えてもいないのだけれど
いよいよその時代が近づいてきました。

志が同じであれば、人間はとんでもない力を出せるということを見せ
ていただいた2007年の〈夏至〉でした。

今回の100万人のキャンドルナイトの登録団体の数は例年とは比べ
物にならない800数十件あったそうです。

サンセットさんでも、穏やかな夏至の日だったそうですよ!

c0033992_13313532.jpg

[PR]
by hanataikoku | 2007-06-24 10:10 | 地球温暖化対策

My箸袋つくり隊

c0033992_23312823.jpg
「みなさん、いいですか~、行きますよ!ハイ、チ~ズ!」カシャッ(笑

先日、西日本新聞の取材を受けてた〈My箸袋つくり隊〉
このプロジェクトの結成の流れをご紹介します。

GOGO!福岡の拠点となった北崎は、2年前の西方沖地震で大きな
被害を受けました。
北崎通信局のある地域は、町の8割が半倒壊・・・

地震のあと、たくさんの被災ゴミが出ましたが、そんな中で「まだ着ら
れる衣類など捨てるに忍びない。難民支援などに出せないだろうか」と
いうような相談も浜のおばちゃんから受けていました。

ご承知の通り、小さな組織で衣類を送り届けることはとても大変なこと
なのです。

c0033992_23352387.jpg
そんな中、復興支援のお礼にと開催された地元のイベント。
そこで初めて温暖化防止活動の募金ツールとして登場した
のがこのきれいな〈My箸袋〉
募金の100円で25部、500円で125部の新聞が届きます!

その後、大好評で手持ち分は完売~
追加注文まで出てきました!
しかも三重県のキャンドルナイトに参加するお店の分まで
作っているんですよ!隊長は~(笑

しかも、旦那さんに、「ミシンいつかたづけるとー?」といわれ、
「外食で、隣に座った人がマイ箸出すまで縫い続けるけん!」
と答えてます・・・・^^;(隊長談)

昼間は医療機関でお仕事しているママさん、小さな子どもを
抱えて忙しい中、せっせと縫ってくれています。
PTA活動の合間、今日の取材にも車を走らせて飛んで来て
くれたメンバーももちろんママ!

限られた時間の中、そして何の組織も人脈もない中で
「自分にできることから始めたい・・・」と参加してくれた
力強いGOGO!の仲間です。

*この日駆けつけてくれた隊員は博多のごりょんさん(笑

c0033992_23583573.jpg
c0033992_23362029.jpg
c0033992_23444777.jpg

c0033992_2346217.jpg

イベント終了後、たまちゃんが北通オフィスに遊びに来てくれて
娘さんと自分用、そしてプレゼント分として4つ分を寄付してくれ
ました!
更に翌日、地元北崎の女性部の総会で紹介してくださって、今年
の女性部は「積極的に〈環境〉に取り組もう!」と言うことになった
のだそうです!
また、全市女性部の役員会議でも大評判!
GOGO!ちらしも配布してくださいました。

それで完売しちゃったというわけです!
JAの婦人部の皆さんは割り箸を止めて、My箸を持つ人が増える
のでしょうね~

c0033992_23381338.jpg
c0033992_23382636.jpg


お寺の奥様(住職は地震直後に亡くなられお一人暮らし)と
箸袋の話をしていましたら、「思い出がいっぱいで捨てられ
ない着物があるんだけど、私が死んだ後ゴミとして捨てられ
るのは悲しいわ。良かったら使って頂戴!」

このお寺も檀家さんが少なく、ほとんどが未亡人・・・
その70軒のほとんどが地震被害にあっているのです。
実際に、お寺の修復はまだ終わっていません。

そんな中でも、〈地球温暖化防止〉に役立つことができる
ならと、地域の方たちが私たちの活動に賛同してください
ました!

家にある布を下さる方、箸袋を縫ってくださる方、廃油石
鹸作りを呼びかけてくださる方、今日から電気ポットは止
めようという方・・・・・

今日の取材で集まってきてくださった方たち全員が、
私たちGOGO!福岡の応援団になってくださいました!

いただいた着物はプロジェクトリーダーの手に渡り、素敵
な箸袋に変身します!

今日集まってくださった方たちも「私たちにもできるね!」
おかげさまでとっても素敵な時間をすごせました。
どうもありがとう!

新聞に載ることで、もっともっとその思いが伝わるでしょう
古い着物や縫ってくれる仲間、そして号外を届けてくださる
仲間を新聞で呼びかけます。
次回は、福祉施設と連携して箸袋を作る動きをとります。

そうそう、いただいた着物で作った箸袋を、大切な着物の
メモリアルとしてお届けすることにしました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回のお寺は、【福岡100万人のキャンドルナイトin東林寺】
としてイベントを登録しています!
22日夜7時、博多湾を見下ろす素敵な場所です。
ぜひお出かけください!
[PR]
by hanataikoku | 2007-06-01 23:49 | 地球温暖化対策