北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

北崎地区のまちづくり

第8次福岡市基本計画より、北崎地区をご紹介します。

北崎地区の今
①美しい海と緑の丘
糸島半島の突端の地域で海は美しく、柑子岳や灘山などの丘は緑豊かです。
糸島西岸の海岸は、サーファーなどが訪れるレクリエーションの基地となっています。
②福岡市有数の農業と漁業
 1999年2月現在、農家戸数は235戸、耕地面積は約457haであり、耕地面積は西区の中で2番目となっています。野菜や果物が作られ、花が特産物として特に有名です。
 2000年の西浦漁港の漁業生産量は1,306トンと福岡市の中で最も多く、唐泊漁協の漁業生産量は713トンです。
③古くからの営みの残る集落
 漁港周辺には、古くからの漁港集落があり、木造の住宅が密集しています。小田や草場では田園風景の中に落ち着いた農村集落があります。
④引き継ぐ伝統行事と地域活動
 市指定無形文化財の「草場の盆綱引き」や「西浦のかずら引き」など、地域の伝統行事が継承されています。都市部に比べて地域のつながりが強く、婦人会などによる自主防災や清掃活動も盛んに行われています。
⑤減少する人口と、高い高齢化率
 2000年現在、人口は1,778人です。1995年~2000年間に161人減少し、減少傾向が続いています。高齢化率も27.3%と高く、高齢化が進んでいます。
⑥「花鯛郷、帆音陽流宣言」による郷おこし
 まちおこし団体「北崎を考える会」は、2002年「花鯛郷(はなたいこく)、帆音陽流(ポートヒル)宣言」を行ない、郷づくり事業に着手しています。北崎特産の花をアピールする「花のあるまちづくり事業」や、朝市を定期的に開き、新鮮な魚介類や野菜、花などの直売を行っています。
[PR]
by hanataikoku | 2005-05-18 19:23 | 北崎を考える会を応援します!