人気ブログランキング |

北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

唐泊どんたく

f0003994_21505355.jpg
f0003994_0355764.jpg
1月15日の朝、三所神社で神事の後、平成18年戌年の“唐泊どんたく”が行われました。
f0003994_21532192.jpg
どんたくといえば博多三大祭のひとつで、国内でも最大のお祭りです。しかし、ここ〈唐泊のどんたく〉は博多とは趣の異なるお祭りでした。
f0003994_21533376.jpg
今年の年男、年女の人たちが町内を練り歩きます。
ずいぶんと古くからあるお祭りのようです。
しっかりと唐泊独自の文化が根付いているようです。
f0003994_21511096.jpg
もともと、地元の漁師さん達で構成される救難組合で、この唐泊どんたくは取り仕切られていたそうです。現在は漁業協同組合が受け持っています。
f0003994_21512323.jpg
24歳の若者達です。
f0003994_0583655.jpg
こちらはもう一回り上の世代?
f0003994_21513718.jpg
f0003994_21514817.jpg
大漁を願って奉納されるこのお祭りですから、皆さんの願いや漁船の名前が短冊に書いて吊るしてありました。
今は唐泊の名物になった“恵比寿かき”の箱が吊るしてありますが、以前は“いりこ”の大袋を下げたそうです。
f0003994_2152060.jpg
これから春先に向けて旬の“甲いか”がたくさん獲れるようにと書いてありました。
さぁこれから“かなぎ”の漁が始まるぞ!というときの大きな地震でした。
今年はたくさんの“かなぎ”が揚ることを祈る気持ちです。
f0003994_21523870.jpg
皆さんの前で披露する〈博多踊り〉の仕上げでしょうか。これまでの宴席の雰囲気とはがらっと変わりました。
f0003994_2325713.jpg
踊りの締めは〈手締め〉です。祝いめでたも独自のもののようです。
f0003994_21525088.jpg
刺身と寿司が並びます。祭りならではの料理を尋ねましたが、男性でしたのでわからないとの事でした(笑)
今度、地元のお母さんに聞いてみることにします。
f0003994_23252055.jpg
f0003994_21531076.jpg
唐泊の漁師さんたちの前で、〈第1回北崎遺産〉の認定の経緯をご説明し、組合長さんにお渡ししてきました。


救難組合というのは、「自分の命を投げ出す究極のボランティアなんだ」と隣の席の漁師さんがおっしゃいます。
「あんた達は、人の為に命を投げ出すことはできるんか」と・・・
ボランティアという言葉が独り歩きしている昨今、本当に人様のお役に立つということの意味を考えなければなりません。
この漁師さんと、短時間でしたが共生するということやこれから生き方など深いお話しができました。
by hanataikoku | 2006-01-15 23:18 | ふるさとのアルバム