北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

仮設住宅で

f0098360_14435257.jpg
出来立ての“きゃら蕗”を持って、仮設の方に向かいます。
小さな子供達が自転車に乗って遊んでいます。
f0098360_1444314.jpg


f0098360_13592198.jpg
「久しぶりに上がってコーヒーでも飲んでいきんしゃい!さぁ」
とめこさんが声をかけてくれました。
お言葉に甘えてお邪魔します(笑
f0098360_13593279.jpg
入り口脇の台所にお野菜が・・・
「これ今夜のおかず?カレーかなぁ」 北通
「いいや、私はいつも味噌汁やけん。これ味噌汁に入れると」 とめこさん
「野菜たっぷりやねぇ」 北通

これで一人分です。
何度も温め直しながらいつも一人でご飯を・・・
f0098360_13591155.jpg
今は仮設住宅ですが、元の住居のあった組には一人暮らしのお年寄りが6人も
いらっしゃいます。
O157以来、独居老人の方に届けられていたお弁当はなくなりました。
「うちの組は一人暮らしの人が多いっちゃんね」とたかよしさんも言ってました。

住まいの事も心配なうえ、一人寂しくご飯を食べるのはもっと寂しいと思います。
まして、小さいけど地震は続いてるし・・・
テレビではジャワ島の死者の数がどんどん増えていると。
この日も、大分の震度3の新聞の隅っこの小さな記事を見せてくれました。
f0098360_13594367.jpg
f0098360_13595227.jpg

f0098360_140094.jpg
テレビの横に小さなお仏壇。
中にはとても古い像が祀ってありました。
数十年というよりも、100年以上も前のものではないでしょうか。
小さな仮設住宅では、殆ど運び込めなかった荷物ですが、この小さな仏像は
ご先祖様のお位牌と同じように大切にしていらっしゃいました。

浜に生まれ、浜で暮らしてきたとめこさんにとって、先祖から大事に受け継いだ
大事な歴史そのものなのですから。
あと数年で80歳、これからもずっと浜で暮らし続けたい・・・


先日から、北崎を考える会のメンバーと話しをしています。
お年寄りが一人で食事をしないでいいように、そして手仕事が出来るような環境。
それぞれが独立しているけれど、1日1回は一緒に食事をとって、そしてそれぞれ
得意分野の簡単な作業で食費ぐらいを捻出できて・・・
そこには、たまに遊びに来る家族が泊まれるスペースがあって・・・

老人ホームではない、そんな北崎モデルの共同住宅が作れないものかと考えます。
玄界島は自治体が土地を買い上げて、住宅の整備はちゃくちゃくと進んでいます。
[PR]
by hanataikoku | 2006-05-30 15:14 | きたざきの人たち