北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

〈かなとう〉をいただきます!

c0033992_951683.jpg
さぁ、やっと念願の〈かなとう〉をいただきます! 
一般的にはサバフグといいますが、福岡では〈かなとふぐ〉、そして北崎では
〈かなとう〉と呼んでいます。
下関の唐戸市場に昔よくあったふぐなので、からとふぐと呼ばれ、からとふぐ
から〈かなとふぐ〉になったそうです。

博多の家庭では、〈かなとふぐの味噌汁〉はポピュラーですが、町の魚屋さん
の店先では剥き身で売ってるので、肝は食べたことがありませんでした。
そういえばお刺身も並んでいますね。

この肝と皮が入ってないと旨くない!と、ちょっと胸を張って北崎の人は言います!(笑
一般的に〈虎河豚〉と比べて〈かなとふぐ〉は、少々ランクが下がるように言われますが、
そこは庶民派!たくさんの人たちに愛されていますよ。

〈片刺〉でお願いして、受け取りに行ってびっくり~ 想像以上に量が多いのです! 
そして素晴らしいコストパフォーマンスに、2度びっくり~
「おいくらですか?」 「2杯やけん、1000円!」「えっ!・・・・・」

c0033992_13225028.jpg

いつも売り切れるはずです。しかも食べてみるともっと驚き~
ついさっきまで生きてたものと、スーパーなどでパックで並んでいるお刺身では
月とすっぽんです!
西浦の〈活きかなとう〉は、想像していた以上のお味でした。
30センチくらいの大皿いっぱいに、肉厚のふぐの切り身!3人前は十分にあると
思いますよ。
トレイにきれいに並んでいたのをお皿に移したので揃ってなくてすみません(笑

c0033992_13273641.jpg
かなとうの肝をつぶして混ぜたポン酢に柚子こしょうでいただきます!
ぷりぷり、ねっちりとして、しかも甘みと旨味があるではありませんか~
お刺身で堪能したあとはフツフツと煮える〈ふぐちり〉のお鍋で1枚ずつひらひらと
しゃぶしゃぶにしました。肉厚なのでこれも旨い!





〈かなとう汁〉の予定を、急遽変更して〈ふぐちり〉でいただくことにしました。
刺身を食べた後の肝の旨味が溶け込んだポン酢でいただきます。
皆さんが口を揃えて「旨い!」と言う、肝が最高!海のフォアグラですね。
骨の周りについたま皮のゼラチンがジュルッと、これまたウ・マ・イ!

母と二人できれいに平らげて、残ったのはしゃぶりつくした骨だけ(笑
ふぐのエキスと肝の甘みが溶け込んだお出汁で〈ふぐ雑炊〉を、と思いまし
たが、もうこれ以上は入りません(笑
あぁ、〈かなとう〉また食べたいです!来月になるともっとおいしくなるって!?

c0033992_1410343.jpg
ぜひ〈北崎通信局〉をごらんになってくださる近郊の方にも〈かなとう〉を食べて
いただけないかと、カネダイさんにご相談したのですが、浜でふぐを釣っている
のは名人おひとりだけなので、量が無いのだそうです。
「地元の方の分だけでも足りないくらいなので、大変申し訳ないけど・・・」と
おっしゃってました。
以前はふぐを釣る船はたくさんあったようですが・・・

〈活きかなと〉は時間との勝負だそうで、ほんの短時間で処理したものでないと
透明感が消えて、白っぽくなってしまうのだとか・・・

魚の知識がだんだん増えてきてとっても嬉しい北通のお魚リポートでした!

c0033992_13541718.jpg
これも人気の、カネダイ特製カマスの干し物。
ほとんど予約で売り切れますが、これだと電話で注文を受けていただけないか
ご主人に相談してきま~す(笑
[PR]
by hanataikoku | 2006-09-16 13:47 | kitazaki的養生料理