北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

産地廃棄の問題

c0033992_1175749.jpgテレビのニュースなどで何度も流れた、
野菜の産地廃棄。
天候の影響で野菜の需給バランスが
壊れたために、調整の手段として行わ
れました。

街頭インタビューなどで大半の生活者は「もったいない!」と言っています。
キャベツの時は、お好み焼き屋さんの声も上がっていましたね。
この「もったいない」の反発に応え、産地廃棄に代わる新たな方式を見出す
ために農水省が着手。15日には有識者による検討委員会が立ち上がります。

c0033992_1193815.jpg
消費者の産地廃棄への抵抗感は強く、昨年11.12月の産地廃棄
時には、200件以上の意見が農水省に寄せられたそうです。
日本農業新聞に主な意見と問題点を整理してありました。

             野菜の産地廃棄をめぐる主な意見と問題点

消費者の主な意見(廃棄以外の方法          農水省が挙げる問題点
○無料で国民に配布              ・需給改善効果がなくなる
                           ・収穫や輸送などの費用を誰が負担するか
○国が価格補填し生産者の経営を支え   ・箱代や輸送費も必要で、財政負担が増大
 国民には野菜を安く提供する。        ・価格による需給調整機能が失われる恐れ
○学校給食や福祉施設、動物園などへ   ・需給改善効果が不十分
 の支援に使う                  ・収穫や輸送などの費用を誰が負担するか
○漬物など貯蔵できる加工品へまわす    ・メーカーは計画に従って製造しており調整に
                            時間がかかる一方、野菜は日持ちしない
                            ・追加的に製造した分が売れない可能性
○食料不足に苦しんでいる国に援助する   ・いつ廃棄が必要になるか分からず、計画的
                             な援助ができない。
                            ・鮮度を保って輸送するのは困難。仮に可能
                             でも多額の費用を誰が負担するか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0033992_12141477.jpgこれをみてどう思われますか?(笑
農業新聞ではこう述べています。

(いいアイディアがあれば取り入れたいと農水省は
検討委員会の狙いを強調する)
だが現時点では、有効な具体策が浮かばない「白紙
の状態」(同省)で、実際に見直すだけのアイディアが
出てくるかどうかは不透明だ。これまでに寄せられた
主な意見に対しても、同省は問題点を指摘し、実現の
可能性に疑問符を付けている。

こうした見直しの難しさから、仮に具体案が見つからなくても同省は検討を通して
需給調整が野菜の安定生産につながり、消費者のためでもあるということの理解
を深めたい考えだ。(農政経済部・高橋英昭)


行政と物事を進めていく時のよくあるパターンで、〈やらなければならない!〉という
前に、〈出来ない理由(言い訳?〉が大前提です。
余計な仕事を増やしたくない担当者レベルの問題ではないのですけど・・・
問題の優先順位のつけ方が重要なのですが、農業問題は根底のところが置き去り
のままということが多々あるようです。

いろんな方面のことを配慮したり、利害が絡むのでややこしくなるのだから、いっそ
シンプルにこういうのはどうでしょう?

間接的な税負担が増えるよりも、生活者がたとえ大根1本でも白菜1玉でも
余計に買う!

税金が投入されると、これまでみたいに途中でどこかに行っちゃうかもしれないから(笑

*カット野菜の60%が外食産業などの業務用に使われているという報告が
 ありました。カットしてない野菜の消費はもっと少ないのかなぁ・・
〈野菜を買ってお家で食べよう~!〉
昔、林真理子さんの“ルンルン買って・・・”ってコピーがありましたね(古ッ!
皆さんはなにかいいアイディアをお持ちですか?
消費者の主な意見(200件?)とありますが、昨日見たテレビで店頭に並ぶ
50円の大根やキャベツを見て「わぁ~安くて助かるわ~」って声が聞こえて
ました。
c0033992_12585533.jpgヨン様グッズを買う分、あと200円分で
いいから野菜を買ってくれたらいいん
じゃない?(笑
そしてその分、家族が健康で幸せな
ひと時を過ごせるはずですから!
えっ、それってわずか200円分の幸せ?(爆 
 
だけど、日本国民の将来の幸せにつながるのですから・・・・・・・  
  
[PR]
by hanataikoku | 2007-02-10 12:38 | 〈食〉について考えてみる