人気ブログランキング |

北崎通信局

kitazaki.exblog.jp
ブログトップ

2006年 01月 30日 ( 3 )

西浦のいりこ第2弾です!

c0033992_1344068.jpg
菜の花を植え終わって、浜に来ました。
先ほど、菜の花畑であったテレビ局の方から、漁があったことを聞いて
いましたので目指すは西浦浜の“いりこ”の加工場!
車を降りると、中からひでこさんが駆け寄ってくれました。
もうもうと湯気の立つ加工場の中には、見たことのあるお顔がたくさん!
地元の方が総出でいりこを作っていたのです。

「どうもお久しぶりです!」
「もうあの時はいろいろと・・・・」

10ヶ月前、この場所で会った人たちが嬉々として働いていらっしゃいます。
地震から10ヶ月もたって、やっと獲れたいわしです。
隅っこに腰掛けて、もうもうと湯気の立つ加工場の中をじっと眺めていると、
思わず涙が溢れ出します。
拭いても拭いても涙が止まりません。
ここの冷たい床にたくさんの人たちが寝ていたのが嘘のようです。

「来月には新しい家に引っ越しますよ!」と、仮設住宅にいるはっちゃん。
この前訪ねて来たときに、新しく建っているお家を教えてもらっていました。
「これから先、借りたお金を返すの大変だけど、いつまでも大変大変って
言っててもしょうがないから、前向きに考えるようにしようとですよ」

f0003994_1225826.jpg
船から加工場に入っていく太いパイプの中には、たくさんの“かたくちいわし”。
そして建物の中では、きれいに洗浄したいわしが広げてあります。
生まれて初めて“いりこ作り”を見学しました。
f0003994_123922.jpg
いりこ漁があると、外に行ってる人も全員招集されて、みんなで作業をするのだそうです。
f0003994_1233639.jpg
塩茹でされたいわしを、冷風と温風で乾燥させて“いりこ”になるのです。
f0003994_123477.jpg
今日は「旧正月」です。
山形からいただいたお餅を事務所のほうに持って行きました。
事務所には、よしみさんと、瀬戸会長、べんいちろうさんがいらっしゃいました。
そしてそこには釜揚げのかたくちいわしと寒さわらが待っていました(笑)
お神酒と一緒に、ありがたく頂戴しました!

一緒に行った組長に、よしみさんが当時の状況を話してくれました。
「俺たちみんなこの事務所に泊り込みやったけん、大変やったったい。
俺はこの机の上に寝よったけんで、あのマットレスば貰ってどれだけ
助かったか・・・。あん時はほんと寒かったけん、風邪ば引かんで良かっ
たったい。みんな(男性軍)この部屋で、長靴履いたまんま寝よったとよ」

「後からくさ、段ボールば機械に通そうと思ったら通らんったい。何でか
考えてみたら、ここで寝るとに冷たかゆうて段ボール敷いても良かか
聞きにきたけん、敷きない言うて300枚敷いたとよ。せやけんで箱が丸く
なっとったったい」

それから話しは“大根”に。
「あんときゃ、大根だけ煮たとやら誰が食うもんかと思っとたとばってん、
みんなうまか、うまかて言おうが。もう無かとねって言うもんやけん、
俺がまた煮たったい、こげな大きな鍋でなぁ」と、よしみさん。
「弁当ばっかりやったけん、もうきつうなって何か他んとが食べたかねぇ
って思いよったとこやったけん。豚汁よりも大根煮たとが旨かったなぁ!」

さっそくストーブの上で玄米餅を焼いて試食してもらいました。
「こりゃぁ、うまかなぁ!」「よう伸びるたい」「さっそく明日、みんなに食べ
さそう!」
「山形に大根だけやなくていりこば送っちゃらんで良かとね、どんくらい
送れば良かね」

西浦弁が心地よく、いりこ加工所の事務所内に響き渡ります。

北崎では旧正月には餅をついて、お雑煮を食べるのだそうです。

いりこ漁は今月いっぱいです。
by hanataikoku | 2006-01-30 02:15 | 西浦

さっそく作ってみました!

加工場でひでこさんが、「生のいわし、煮るね?」と言ってくれましたので
遠慮なくいただいて帰りました。
途中で立ち寄った高橋さんにお裾分け
します。
昔から「いわしは海の米」という言葉があるのも、米のようにたくさんとれて、
米に劣らぬ栄養価があり、生活に密接な関係があったからなんだそうです。
f0003994_12116.jpg
さっそく生のかたくちいわしを煮てみます。
量が多かったのであまりカラッと仕上がらなかったようです。
大豆の醤油ではなく、アジの魚醤で煮ましたので色が薄めに仕上がりましたが
見かけと違い、とてもいい味に仕上がりました。
味見をしてもらえないのが残念!(笑)
f0003994_1211175.jpg
衣に四万十の青海苔を混ぜて、てんぷらに・・・
f0003994_1212299.jpg
いわしと一緒に透き通ったこれまたとびきり新鮮な小イカをいただきました。
「さっとボイルして酢味噌で食べようかな~」とつぶやくと、
「塩辛がうまかったい!」と漁師さん。
「生醤油で沖漬?」と聞くと「いや、塩辛たい」
隣にいたおばちゃんに塩加減を聞いてみると、「10~15%くらい」とのこと。
さっそくイカを塩辛にしてみます。発酵して熟成するのが楽しみです。
毎日ちゃんと忘れないで混ぜなくちゃ~

もうすぐ“かなぎ”の漁が始まります。
なんだかわくわくしてくるのはなぜでしょう?
by hanataikoku | 2006-01-30 01:36 | ふるさとの味

花の郷づくり

f0003994_23474910.jpg
今日は北崎の町のメインストリート、畑中の道路沿いに7000ポットの
菜の花の苗を植えました。
あと13,000残っています(ふぅ・・・)
f0003994_234843.jpg
寒さで菜の花の苗の生育が遅かったのだと、波佐間まさゆきさん。
f0003994_23481767.jpg
3月の末頃には菜の花が見事に咲いてくれそうです。
みなさん、北崎の菜の花を見に来てくださいね!
f0003994_23483150.jpg
西浦岡でバラを作っているかずおさんです。
f0003994_23484137.jpg
草場の楢崎たみこさん。
f0003994_2348518.jpg
北崎を考える会・花の郷づくり部会の波佐間ひろみさんです!
f0003994_2349485.jpg
畑中の町内会長小山田さんです。本人曰く、お酒が入っていないと写真写りが悪いそうです(笑)
f0003994_23492396.jpg
「この間、あそこの畑に残しといた芋をいのししが全部食べてしまったったい。」と小山田さん。
f0003994_23503772.jpg
みごとに何も残っていません。お気の毒でした・・・
f0003994_23504926.jpg
いのししにやられた畑のすぐ側に、組長の畑があります。
いのししにも食べられなかった芋のあとに植えたのは、“そら豆”と
“グリーンピース”です。
苗を見ると、間違いなく唐豆の殻がついています!
豆のパワーを実感します。移植のお手伝いをしましたので遠慮せず
にごちそうになりま~す!
さやのまま炭火で焼いて食べるとうまいんだなぁ、これが・・・

当たり前のことですが、豆粒からしっかりとした苗に育っていることに
感動し、「わぁ、やっぱり豆だ、豆だ!豆の力はすごいよ!」と私が
大声をあげていると、向こうのほうから「は~い!」という声がしました。
西浦でいりこ漁の船に乗って撮影した帰りに立ち寄ってくれたRKBの
豆田記者でした(笑)
f0003994_2351345.jpg
一応、組長の畑ですが、師匠の寺田みのるさんが作ってくださっています(笑)
重ねて言いますが、今日私はしっかりお手伝いしました!
f0003994_23514385.jpg
道路の反対側にもたくさん植えました。皆さんお疲れ様です!
今度は子供たちと一緒に植えたいですね!
f0003994_23515499.jpg
ひろみさんのお孫さん。一生懸命お手伝い!のつもりです(笑)
by hanataikoku | 2006-01-30 00:10 | きたざきの花